とるなら~写真道楽道中記~

「撮るなら…ここだ!こうだ!これだ!」を探し求めてカメラ片手に写真・機材道楽の備忘録

【評価・作例】シグマのリーズナブルな望遠ズーム『APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO』

      2016/04/13

APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO

純正のフルサイズ対応の望遠ズームと言ったら、安くても4、5万円はするだろう。正直望遠レンズはそこまで使わない、でもシステムとして揃えておきたいという時に選択肢として挙がるのがこのレンズだ。

新品でも実売2万円以下で購入する事が出来るこのレンズはまさに庶民の味方。定番の70-300mmという光学4.3倍ズーム全域で最短撮影距離1.5mまで近寄ることが出来る。さらに200~300mmの間ではマクロ撮影モードに設定する事で最短撮影距離を95cmまで縮めることが可能。この際の最大撮影倍率は0.5倍とハーフマクロでの撮影まで可能となっている。

安い上にアポクロマート仕様(下記TIPSを参照)で、さらにハーフマクロに対応してるコストパフォーマンス抜群のレンズに仕上がっている。もちろん、それぞれの分野において特化したレンズと比べると一回り描写性能は劣ってしまう。しかし、レンズ交換出来ない状況や複数のレンズを持ち運べない場合等はこのレンズの魅力が活きてくる事だろう。

このレンズと競合するものとしてタムロンの「AF 70-300mm F/4-5.6 Di LD Macro 1:2 (Model A17)」がある。このレンズはシグマの「APO無し」同様で異常低分散レンズが1枚のみレンズ構成に採用されている。「APO」仕様のこのレンズはA17と比べると価格は若干高いが、1枚上手の描写性能となっている。

TIPS

APOとは

このレンズには「APO」と「APO無し」の2種類が存在する。「APO=アポクロマート仕様」という意味で、SLDやFLDなどの特殊レンズを用いて色収差を高度に補正していると言う事を示すものだ。このレンズにおいて収差の補正に使っているSLDガラスの枚数は「APO」が3枚で、「APO無し」が1枚使用している。

二つのレンズを用いて撮影した写真を見比べても、大きな違いは見分けられないと思う。しかし、細部を確認すると収差の補正による解像感はAPOの方が上手だ。特に最短撮影距離でのマクロ撮影をした際の収差に影響が大きく、近接・マクロ撮影が多いのであればAPOを選んでおこう。歪曲の補正はされていないので、どちらのレンズを使っても差は出ないと思われる。

評判・関連

作例

  • 公式
  • フォトヨドバシ 作例
    Canon/Nikon/SONY
  • PHOTOHITO 作例
    (Canon/Nikon/PENTAX/SONY)
  • KASYAPA 作例
  • 八百富写真機 作例
  • ビックカメラ 作例
  • 東京カメラ部 作例
  • Flickr 作例
  • DPreview 作例
  • Camera labs 作例

参考サイト

購入早見表

楽天市場 Amazon カメラのキタムラ
APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO キヤノン 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO ニコン 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO ペンタックス 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO ソニー 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
レンズフード LH635-01 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
FRONT CAP LCF III 58mm 新品・中古情報
新品・中古情報
58mm プロテクトフィルター 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
58mm PLフィルター 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
58mm NDフィルター 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報

レンズ仕様

レンズ構成 10群14枚
画角 34.3 – 8.2°
絞り羽根枚数 9枚
最小絞り F22
最短撮影距離 150cm(マクロ時95cm)
最大倍率 1:4.1(マクロ時1:2)
フィルターサイズ Ø58mm
最大径 × 全長 Ø76.6mm×122mm
質量 550g

MTFチャート

APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO-mtf

レンズ構成図

APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO-lens

 - SIGMAレンズ, カメラ, レンズ