とるなら~写真道楽道中記~

「撮るなら…ここだ!こうだ!これだ!」を探し求めてカメラ片手に写真・機材道楽の備忘録

【新製品】ニコンにステッピングモーター搭載の『AF-P』シリーズが登場!

   

Nikon-AF-P-DX-NIKKOR-18-55mm-f3.5-5.6G-VR-lensNikon-AF-P-DX-NIKKOR-18-55mm-f3.5-5.6G-lens

Nikon Rumorsにてこんな記事が投稿されている。
記事中では「announced」とあるが、どこ探しても発表されているページが見つからず。
追記:あったった ニコンアジア公式
発表されたのは以下の2つ

  • AF-P DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR
  • AF-P DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G

手ぶれ補正の有無で2製品。

元記事を読み間違えたかなあ…。現在発売されている「AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR II」は超音波モーター搭載なのだが、敢えてステッピングモーターとな?海外限定の廉価版だったりして。

追記:公式の特徴を読む限りだとステッピングモーターは動画やコントラストAFで有利。以前に処理エンジンに使われている『Milbeaut』の第8世代の量産記事を書いた。其の中には4K動画への対応も含まれているので、ひょっとすると次期モデルに動画を強化したモデルが出るのかもしれない。例えばD400とか?

現行レンズとの比較

Nikon-AF-P-DX-NIKKOR-18-55mm-f3.5-5.6G-VR-lens2715185306

product_01_g_A_01

似たような仕様であれば、沈胴機構・VR及びフォーカス切替スイッチがありそうな感じだが、写真を見る限りではフォーカス切替スイッチが見当たらない。とすると、やはり現行レンズの廉価版か?

追記:非球面レンズが1枚増えて、計2枚使用している。また、フィルターサイズも52mmから55mmに変更。最短撮影距離も28cmから25cmと寄れる。重量はチョイ重い207g(現行は195g)

フォーカスリングが使いやすい位置に配置してある。(現行レンズは沈胴レンズを伸ばすことでフォーカスリングが現れる)その分、胴長になったような気もするが。使用時にレンズを展開する際に、フォーカスリングが連動してなさそうに見えるのだけども、そうなるとフォーカス駆動はバイワイヤ方式なのだろうか。

追記:どうやら3mmほどレンズが長くなっている。現行66*59.5mm、AF-P64.5*62.5

ニコン関連ページ

 - Nikon, カメラ, カメラ ボディ