とるなら~写真道楽道中記~

「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

キヤノン新時代のポートレートレンズ EF85mm F1.4L IS USM【評価・作例】

      2017/12/11

  • 2017.12.11:Lensrentalsをレビューに追加しました。
  • 2017.12.2:レビューにフジヤカメラブログを追加。カメラ屋ながら短所をズバッと切っていますね。
  • 2017.12.1:レビュー・作例にカカクコム系のリンクを追加しました。
  • 2017.11.24:PhotographyBlogを作例に追加しました。
  • 2017.11.15:Focus NumeriqueがSIGMA 85mm Artとの比較レビュー記事を公開しています。

データベース

購入早見表

楽天市場 Amazon カメラのキタムラ Yahoo
EF85mm F1.4L IS USM 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
レンズポーチ LP1219 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
レンズフード ET-83E 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
レンズキャップ E-77II 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
レンズダストキャップ E 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
フィルター購入早見表
プロテクトフィルター C-PLフィルター(偏光) NDフィルター

レンズデータ

レンズ仕様

画角(水平・垂直・対角線) 24°・16°・28°30′
レンズ構成 10群14枚
絞り羽根枚数 9枚(円形絞り)
最小絞り 22
最短撮影距離 0.85m
最大撮影倍率 0.12倍
フィルター径 77mm
最大径×長さ φ88.6mm×105.4mm
質量 950g

購入のポイント

  • 最新の光学設計・特殊レンズ・コーティングの使用により高解像と美ボケの両立
  • 防塵防滴仕様
  • 前玉と後玉がフッ素コーティング加工でありメンテナンス性に優れている
  • フォーカスエレメントが小さく、オートフォーカスが超高速
  • 競合レンズと比べて比較的小型・軽量
  • 4段分の補正効果を持つIS搭載

競合レンズ

海外の評価

Lensrentals

  • 本レンズと「EF85mm F1.2L II USM」「85mm F1.4 DG HSM」の比較を実施した。
  • この3本の中ではF1.2 LIIのボケが最高だ。
  • 他のF1.4は似ているが、ピクセル単位で確認するとF1.4Lよりもシグマが僅かにシャープで3本の中では最も優れている。
  • シャープさは古い設計のF1.2L IIが最もソフトである。
  • F1.8まで絞るとほぼ同等だ。どれもボケ質は変わらずシャープさも抜群である。ここで再びシグマのシャープさが優れているように見える。しかし、大きく拡大しない限り同等だ。
  • F2.8でも3本のレンズは同じような性能を発揮するが、絶対的なシャープネスではF1.2L IIがソフトである。
  • F1.2L IIはオートフォーカスがとても遅く、騒々しい。さらにフォーカシングによってレンズ全長が僅かながら変化する。幸いにもF1.4Lはこの問題をかなり高次元に解決している。高速AFのみならず手ぶれ補正まで搭載しているため、低照度におけるフォーカシングはとても簡単なものとなる。シグマは遅くは無いが超高速でもない。しかしとても正確で確かによく動作するため何の不満もない。
  • 重量はF1.4Lが最も軽く、シグマはなんと1.2㎏と重く手持ち撮影に影響する。F1.4Lは少しフロントヘビーで実際よりも少し重い感じがする。この点でF1.2 L IIは良いバランスだ。そうは言うものの、F1.4Lの利点はバランスの悪さを上回っている。
  • 今回の比較があなたのレンズ選びの最終結論に役立つものでは無いだろう。これらのレンズには長所と短所がある。F1.2L IIは夢のようなボケ質だがAFが遅くて最も高価だ。F1.4LはAFがとても高速で手ぶれ補正を搭載しているが、まだとても高価である。シグマは経済的な上にシャープだが非常に重い。
  • 結婚式で使うなら私は間違いなく手ぶれ補正を搭載するF1.4Lを選択するだろう。しかし、F1.2L IIを打ち負かすものかと言うとそうでも無い。夢のような描写を目指すのであればF1.2L II以上の選択肢はない。

PhotographyBlog

  • このレンズは「EF85mm F1.2L II USM」よりも長いが、細くて軽い。一方で「EF85mm F1.8 USM」よりも重くて大きいが、より高スペックだ。
  • サイズは6D Mark IIで許容範囲のバランスとなるがAPS-Cではアンバランスである。EOS 5D Mark IVにバッテリーグリップを装着すると快適だ。
  • 耐候性に優れ、前玉にはフッ素コーティングが施されている。
  • オートフォーカスは高速かつ静音、多くの場合にとても正確だ。暗所では少し遅くなるが、ミスショットは稀である。
  • フォーカスリングは滑らかだ。
  • 周辺減光は絞り開放で目立つがこのカテゴリでは珍しい事ではない。F1.8~F2.0で目立ちづらくな、F2.8でほぼ解消する。
  • 歪曲収差はまず目立たない。
  • ボケはとても滑らかで魅力的な浅い被写界深度を得ることが可能である。
  • 中央のシャープネスは絞り開放でも非常に良好だ。F1.8~F2の間で改善して行き、F2.8~F8の間で最もシャープとなる。F11から部分的にソフトとなってゆき、F16~F22でさらにソフトとなってゆくがまだ許容できるシャープさだ。
  • 隅はF5.6~F16の間で最もシャープネスが高まる。

このレンズは新しい85mmを探しているエンスーやプロフェッショナルの素晴らしい選択肢となるものだ。遥かに安価なF1.8 USMより優れ、より高価なF1.2と比べて手ぶれ補正といくつかの機能を備えている。

F1.2が絶対的に必要な場面はほとんど無いはずだ。結婚式や報道で手持ち撮影が多い場合には手ぶれ補正搭載タイプが理にかなっている。

従来は安価なF1.8と高価なF1.2Lの2択を迫られていたので、このレンズの登場は驚くべき事ではない。高価だが様々なシーンで活躍するだろう。

デザイン…4.5・機能…5.0・操作性…4.5・画質…4.5・VFM…4.0

Focus Numerique:vs SIGMA 85mm F1.4 Art

  • シグマは画質面で妥協を望まないため手ぶれ補正は非搭載とのことだ。一方でキヤノンは手ぶれ補正を搭載したとしても画質に影響は無いと述べている。
  • 2つのモデルはどちらも完璧なビルドクオリティとハンドリングを備えている。しかし、シグマは美しい金属鏡筒でエレガントなデザインだ。キヤノンはプラスチック鏡筒でテクニカルなデザイン(温度変化に強い素材)である。
  • 重量はキヤノンが軽量で長さも短い。
  • フォーカスリングはどちらも非常に良好なデザインである。
  • 解像性能はフレーム全域で均一な傾向を持つシグマが良いだろう。シャープネスはF1.4から特に高い性能を維持している。キヤノンは中央と周辺の画質が不均一でよりソフトだ。絞るとシグマよりも僅かにシャープとなる。
  • 周辺減光はキヤノンが有利だ。一方でシグマはF2.8まで減光が目立つ。
  • 歪曲はどちらも無視できるレベルだ。
  • キヤノンの手ぶれ補正効果は実写で3段分である。

この比較に勝利するのはキヤノンだ。後発であるキヤノンが有利なのは間違いなく、手ぶれ補正は大きなメリットである。歪曲や周辺減光が無いものの、絞り開放時の解像性能は唯一の欠点だ。

The Digital Picture

  • 手ぶれ補正の効果を実際に試してみたとこころ4段分の補正効果を確認できた。効き目は滑らかで手持ちの動画撮影でも効果的に使う事が出来るだろう。
  • 解像力はF1.4から優れている。シャープネス、特にコントラストはF2、そしてF2.8でさらに向上する。
  • まだハッキリとしたことは言えないが、F1.4における四隅の画質は崩れていない。
  • 周辺減光はこのカテゴリのレンズとしては大きいものでは無い。およそ1.3段の露出調整で中央と同じ明るさとなった。
  • このレンズは倍率色収差の問題が無い。500枚の撮影したサンプルを見ても倍率色収差を見つけることは出来なかった。
  • 歪曲は糸巻き型で極僅かだ。
  • F1.2L IIとオートフォーカス速度を比べた場合、劇的な違いに気が付くだろう。まさにウサギとカメである。24-70mm F2.8L IIほど爆速では無いが、十分に満足できるものだ。動く被写体追従も期待できるだろう。
  • フォーカスリングはとても滑らかに動作し、理想的な減衰感を持っている。
  • 85mm F1.2L IIともう一つの違いは防塵防滴仕様であることだ。スタジオのポートレート撮影が多い場合には気にすることは無いが、屋外でのセッションでは役に立つはずだ。
  • 77mmフィルターはサイズこそ大きいが一般的なフィルター径であり多くのレンズと共有可能である。
  • 競合レンズのシグマ85mm F1.4 Artは見事なレンズだあ大きく重く、そして手振れ補正が搭載されていない。ただし、価格は本レンズよりも安価である。
  • 競合レンズのタムロンSP85mm F1.8 VC USDは少し暗いが手ぶれ補正を搭載し小さく軽量である。そして価格は本レンズのおよそ半値だ。

更新履歴

  • 2017.11.9:The Digital Pictureを参考サイトに追加しました。
  • 2017.11.1:DPREVIEWを作例に追加しました。絞り開放から軸上色収差がとても良好に補正されているので使いやすいポートレートレンズとなりそうですね。
  • 2017.8.29:公式発表されましたので、購入早見表をJANコードに対応させました。
  • 2017.8.28:間もなく発売とのことです。。
  • 2017.8.13:Canon Rumorsの続報によると「4段分の手ぶれ補正・フッ素コーティング・9枚絞り羽根」を採用しているとのこと。ニコンの85Gは17万円前後ですので、最新EF85Lの初値は20万円を超えるかもしれないですね。
  • 2017.8.8:登場する噂が濃厚となってきたのでひとまずページを作成しました。85ISに関しての情報はまだありませんので先に競合レンズを記事に追加しています

関連記事

サイト案内情報

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

関連ページ

Canon EFマウント 広角域 標準域 中~望遠域
Canon EF-Mマウント EF-Mシステム一覧
Canon FDマウント レンズ一覧
Nikon Fマウント 広角域 標準域 中~望遠域 
1 NIKKOR(CX) 一覧
PENTAX Kマウント 広角域 標準域 中~望遠域
Kマウント オールドレンズ一覧表
PENTAX 645マウント レンズ一覧表
SONY Eマウント 広角域 標準域 中~望遠域
SONY Aマウント 広角域 標準域 中~望遠域
FUJIFILM Xマウント 広角域 標準域 中~望遠域
マイクロフォーサーズ マウント 広角域 標準域 中~望遠域
フォーサーズ マウント 広角域 標準域 中~望遠域
新興レンズメーカー一覧 中一光学 Laowa Samyang

 - Canonレンズ, Canon中・望遠レンズ, カメラ, レンズ