「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

とるなら~写真道楽道中記~

Tamronレンズ カメラ レンズ

タムロン SP 85mm F/1.8 Di VC USD 交換レンズデータベース

更新日:

このページでは一眼カメラ用交換レンズ「SP 85mm F/1.8 Di VC USD」の情報を収集しています。

更新履歴

  • 2017.5.21:レビューリンクを複数追加

データベース

レンズの特徴

中央解像力 開放 良好
ピーク 抜群
ピーク F2.8-F5.6
周辺解像力 開放 良好
ピーク 非常に良好
ピーク F4-F8
軸上色収差 とても良好 倍率色収差 とても良好
球面収差 近接で影響あり コマ収差 とても良好
非点収差 問題無し 歪曲 糸巻き 小
周辺減光 開放で2段ほど 逆光耐性 とても良好
AF 静音・高速 MF回転角 110度
最大撮影倍率
最短撮影距離
1:7.2
0.8m
手ぶれ補正 約3段分
フィルター 67mm 重量 700g (キヤノン用)
660g (ニコン用)
ボケ傾向 前後のボケ…ニュートラルで良好
玉ボケ…良好だが口径食の影響大
備考 TAP in Console対応・防汚コート・簡易防滴

購入早見表

レンズデータ

レンズ仕様

モデル名 F016
焦点距離 85mm
明るさ F/1.8
画角(対角画角) 28°33'
(35mm判フルサイズ一眼レフカメラ使用時)
18°39'
(APS-Cサイズ相当デジタル一眼レフカメラ使用時)
レンズ構成 9群13枚
最短撮影距離 0.8m
最大撮影倍率 1:7.2
フィルター径 φ67mm
最大径 φ84.8mm
長さ 91.3mm (キヤノン用)
88.8mm (ニコン用)
質量 700g (キヤノン用)
660g (ニコン用)
絞り羽根 9枚(円形絞り)
最小絞り F/16
手ブレ補正効果 3.5段 (CIPA規格準拠)
キヤノン用:EOS-5D MarkIII使用時、ニコン用:D810使用時
標準付属品 丸型フード、レンズキャップ
対応マウント キヤノン用/ニコン用/ソニー用***

レンズ構成図

tamron_85mm_optical-diagram

紹介

この焦点距離では珍しい(初めて?)の手ぶれ補正機構を搭載したフルサイズ用中望遠単焦点レンズ。

タムロンの新SPシリーズの一本であり、先に発売された「SP 35mm F/1.8 Di VC USD」「SP 45mm F/1.8 Di VC USD」と同様に純正レンズに引けをとらない特徴や描写性能を持つ。従来タムロンが得意として来た高倍率レンズから一転、攻勢をしかける強気なレンズ。

特に85mmという焦点距離はキヤノン・ニコン純正レンズでもF1.2や1.4の高級大口径からF1.8のお手頃大口径まで揃っている。そんなレンズ群の中に飛び込むこのタムロンレンズも負けず劣らず訴求力のあるレンズ。

動きながらアングルを変えて撮影するポートレートなどでは手ぶれ補正の搭載は重宝する。点光源や逆光での撮影も多い場合にeBAND・BBARコーティングがフレアやゴーストの発生を抑えてくれる。さらに簡易防滴構造防汚コートを採用しているので、コンディションへの耐久性やメンテナンス性が良い点も説得力を増す。

2016 CP+では私も展示機を使ってみた。開放から十分シャープで、遠くの被写体もしっかりと描ききる。ボケも綺麗でオートフォーカスも十分高速だ。手ぶれ補正搭載のせいか若干大きいなと感じるものの、中望遠の大口径レンズとしてはまあこんなもんじゃないだろうか。許容範囲。

競合レンズ

海外の評価

Dustin Abbott

このレンズは口径を抑えることで最高の解像力を発揮しながらも手ぶれ補正を搭載し、サイズを抑えたデザインに仕上がっている。さらに簡易防滴仕様は競合レンズと差別化できるポイントだ。

画質はこのクラスをリードするカールツアイスの「Otus 1.4/85」と競合する優れたシャープネスと美しいボケ描写のコンビネーションを持っている。

オートフォーカス精度はとても優れており、SPシリーズの35・45mmを上回る。しかし、例えば「EF135mm F2L USM」のレベルには達していない。

私はこのレンズが好きであり、個人的に使用するレンズキットの一本となるだろう。一部の写真家で思いとどまらせるかもしれないポイントは絞り値がF1.4では無くF1.8だが、これは想像以上に些細な問題だ。F1.8のレンズ口径にも関わらず、プロフェッショナルグレードであるこのレンズは高品質のポートレートレンズや中望遠レンズを求めている全ての人が真面目に検討する価値があるものだろう。次の製品にも大いに期待したい。

長所:F1.8から格別の解像力、フレーム全体でとてもシャープ、素晴らしい色再現、美しいボケと描写、全体的な再現性、良好なフレア耐性、実使用で色収差が見られない、効果的な手ぶれ補正の搭載、素晴らしデザインと造りの外観、耐候性、高速で正確なAF、北米で6年・欧州で5年の保証期間、タップインコンソール対応

短所:いくつかのシチュエーションで手ぶれ補正はオフが良い、競合レンズと比べてレンズ口径が小さい、SPシリーズとして初めて「日本製」ではない

Optical Limits

  • 魅力的なデザインでビルドクオリティは良好だ。
  • オートフォーカスは程よく高速だがキヤノンのレンズはまだまだ速い。
  • 手振れ補正は実写で3.5段分の補正効果があるように見える。
  • 歪曲は0.57%の糸巻き型と極僅かだ。
  • 周辺減光はこのジャンルのレンズとしては一般的なものだ。絞り開放では1.9EVの減光が発生し、F2まで絞ると軽減され、F2.8でほとんど解消される。
  • MTF 5000万画素
    ・絞り開放から中央はとても良好な結果となり、周辺・四隅も良好だ。F2.2まで絞ると優れた中央画質ととても良好な周辺画質となる。F4でピークとなり、ここでは中央画質が抜群のパフォーマンスを発揮する。予想通り、回折はF11以降で影響が強くなる。
    ・テストした個体の偏心品質は良好で像面湾曲は小さい。
  • 倍率色収差はとても小さい。
  • 玉ボケが円形を維持している領域は狭く、コントラストが高いと色づきも確認できる。後ボケは滑らかだ。

ビルドクオリティは良好でオートフォーカスは高速で程よく正確だ。解像性能はフレーム全域でとてもシャープで欠点となる周辺減光は他社並に抑えられている。

問題はこの明るさのレンズとしてはかなり高価であることだが強くおススメできるレンズには違いない。

サイト案内情報

タムロンレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

関連ページ

Canon EFマウント 広角域 標準域 中~望遠域
Canon EF-Mマウント EF-Mシステム一覧
Canon FDマウント レンズ一覧
Nikon Fマウント 広角域 標準域 中~望遠域 
1 NIKKOR(CX) 一覧
PENTAX Kマウント 広角域 標準域 中~望遠域
Kマウント オールドレンズ一覧表
PENTAX 645マウント レンズ一覧表
SONY Eマウント 広角域 標準域 中~望遠域
SONY Aマウント 広角域 標準域 中~望遠域
FUJIFILM Xマウント 広角域 標準域 中~望遠域
マイクロフォーサーズ マウント 広角域 標準域 中~望遠域
フォーサーズ マウント 広角域 標準域 中~望遠域
新興レンズメーカー一覧 中一光学 Laowa Samyang

更新履歴

  • 2017.1.15:DxOMark 競合比較・抄訳を追加
  • 2016.11.26:各種作例を追加・ソニー用の購入早見表を修正
  • 2016.7.22:ITmedia 交換レンズ百景 を追加

-Tamronレンズ, カメラ, レンズ
-, , , ,