「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

とるなら~写真道楽道中記~

Canonレンズ Canon中・望遠レンズ カメラ レンズ

脅威的な軽さを誇るヨンヨン EF400mm F4 DO IS II USM【評価・作例】

レビュー・作例・参考サイト

購入早見表

楽天市場 Amazon カメラのキタムラ
EF400mm F4 DO IS II USM 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
レンズケース 400D 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
レンズフード ET-120 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
レンズキャップ E-145C 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報

レンズデータ

レンズ仕様

画角(水平・垂直・対角線) 5°10’・3°30'・6°10’
レンズ構成 12群18枚
絞り羽根枚数 9枚
最小絞り 32
最短撮影距離 3.3m
最大撮影倍率 0.13倍
フィルター径 差し込み52mm
最大径×長さ φ128×232.7mm
質量 2,100g
手ブレ補正効果 4.0段分(CIPAガイドライン準拠)

MTFチャート

EF400mm F4 DO IS II USM-mtf

レンズ構成図

EF400mm F4 DO IS II USM-lens

「小型化」と「高画質」は光学設計の上では相反するもので、取捨選択をしなければどっちつかずなレンズになってしまう。

このレンズはその悩ましい問題を「DO(Diffractive Optics)=回折光学素子」レンズを用いいる事で解決した画期的な超望遠単焦点レンズ。2014年に「I型」からリニューアルされて、SWCやフッ素コーティングなど逆光耐性やメンテナンス性が向上している。三脚座に緩み止めとして使える穴が出来ている等、嬉しい小さな改善点もあったりする。

400mmをF4でカバーするレンズとしては最軽量で、その重量はおよそ2kg。旧モデルよりも僅かに重くなってしまっているが、キヤノン・ニコンの大手二社における現行レンズを探しても、その軽量さは随一となっている(他のレンズは明るさやズームと言った違いがあるものの、概ね3kg超え)

競合・悩むレンズとして、比較的安価で手に入る『EF400mm F5.6L USM』、もう少しお金を積めば手に入る『EF500mm F4L IS II USM』が有力候補だろうか。EF400mmF5.6は手ぶれ補正が搭載されておらず、使い勝手が制限される。EF500mm F4L IS II USMはさらに長い焦点距離をF4でカバーしているのでより遠くの被写体を撮るにはこちらがオススメ。

また、『EF300mm F2.8L IS II USM』にx1.4エクステンダーを装着するという方法もあったりする。価格も本レンズよりやや安く、300mmの明るいレンズとして使える上にナンチャッテ400mmF4としても使うことが出来る。

海外の評価

Lenstip:非の打ち所がない光学性能だが、逆光耐性が弱点

  • 大きなマニュアルフォーカスリングは45mm幅はリブ付きのゴム製だ。回転角は200°もある。
  • パワーフォーカス機能が付いているため動画撮影時に便利だ。
  • 手ぶれ補正の性能は4段分というキヤノンが主張するパフォーマンスと合致している。この補正効果には拍手喝采だ。
  • 中央解像力は素晴らしい。絞り開放からすでに45lpmmに達しており、F5.6まで絞るとさらに良好となる。これはEF300mm F2.8 IS II USMと同程度の性能だ。DOレンズが解像力に悪影響を与えているようには見えない。
  • APS-Cフレームにおける解像力は「格別」としか言いようがない。F4.0~F8.0の絞り値は常に40lpmmを上回り、解像力に口うるさいユーザーでさえ満足させてしまうだろう。
  • フルフレームにおける四隅の解像力も非の打ち所がない。F4~F11までの絞り値では少なくとも良像の基準値である35lpmmを上回っている。
  • ×1.4テレコンバーターを使ったとしても満足できる解像力だ。APS-Cやフルフレームの四隅ではやや解像力が低下するものの、それでも良像の基準値を維持している。
  • 解像力を要約すると高価なLレンズに相応しい性能だ。
  • 軸上色収差に関する問題は無い。絞り開放では僅かに色づきがあるものの、1段絞ると解消する。テレコンを装着したとしても恐れることは無いだろう。
  • 倍率色収差は0.04%以下と極僅かだ。テレコンを装着したとしても同じような結果となる。
  • 球面収差による大きな問題は無い。
  • 歪曲収差は極僅かだ。
  • コマ収差の補正は立派なものだ。
  • 非点収差は6.6%と中程度を示している。
  • 周辺減光はAPS-Cでは問題とならず、フルフレームでも絞り開放で中程度だ。
  • 逆光耐性は唯一の弱点だ。コントラストが低下し、回折素子の構造がはっきりと表れる。さらに目に見えるゴーストが発生してしまう。
  • EOS 5D Mark IIIでのテストは非常に高速だ。ピント距離を0.3~0.4秒のスピードで移動する。フォーカスリミッタの必要性は低いが、使用することでさらに高速化する。×1.4テレコンを装着するとフォーカシングにかかる時間は大きく増加する。
  • このレンズでフォーカスシフトの問題は発生しなかった。

長所:とても良好なレンズの造り・小型軽量・素晴らしい中央画質・非常に良好なAPS-Cフレームの画質・良好なフルフレーム四隅の画質・球面収差の問題が無い・無視できる軸上色収差・とても小さい倍率色収差・僅かな歪曲・とても小さいコマ収差・非点収差の問題が無い・小さい周辺減光・静かで正確なオートフォーカス・効果的な手振れ補正・×1.4テレコンと良好な相性

短所:フォーカシングの回転角が少し大きすぎる・逆光耐性

このレンズは使っていて楽しいものだ。スポーツ・飛行機・野鳥・天体撮影に向いている。

小型軽量で手持ち撮影が可能であるため、一脚や三脚が必要ない。優れた手振れ補正も役に立つはずだ。

もし非難すべき点を挙げるとしたら、シグマやタムロンのようにUSBでレンズのオートフォーカス範囲を狭めることができない事だ。もし可能であれば、より高速なフォーカシングが可能だっただろう。テレコンを装着する用途では尚更そう感じるはずだ。

サイト案内情報

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

関連ページ

Canon EFマウント 広角域 標準域 中~望遠域
Canon RFマウント RFレンズ一覧表
Canon EF-Mマウント EF-Mシステム一覧
Canon FDマウント レンズ一覧
Nikon Fマウント 広角域 標準域 中~望遠域 
1 NIKKOR(CX) 一覧
PENTAX Kマウント 広角域 標準域 中~望遠域
Kマウント オールドレンズ一覧表
PENTAX 645マウント レンズ一覧表
SONY Eマウント 広角域 標準域 中~望遠域
SONY Aマウント 広角域 標準域 中~望遠域
FUJIFILM Xマウント 広角域 標準域 中~望遠域
マイクロフォーサーズ マウント 広角域 標準域 中~望遠域
フォーサーズ マウント 広角域 標準域 中~望遠域
新興レンズメーカー一覧 中一光学 Laowa Samyang

スポンサーリンク

スポンサーリンク

キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 応募締切
EOS Rシステム 最大3.5万円 -2020/1/14 -2020/1/31
Z 50 最大2万円 -2020/1/14 -2020/1/31
LUMIX 最大10万円 -2020/1/13 2020/1/30
α6100 最大5千円 -2020/1/13 2020/1/29
X-A7 最大2万円 -2020/1/13 2020/1/27
EOS M6 Mark II 最大2万円 -2020/1/14 2020/1/31

-Canonレンズ, Canon中・望遠レンズ, カメラ, レンズ

Copyright© とるなら~写真道楽道中記~ , 2019 All Rights Reserved.