「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

とるなら~写真道楽道中記~

FUJIFILM FUJIFILM関連の情報 GFX Xシリーズ 一眼 カメラ デジタルカメラ総合 機材の噂情報・速報

XF16-80mm F4は2019年後半に登場する【Xサミット情報】

投稿日:

フジフイルムがドバイでXサミットを開催したようです。XシリーズやGFXシリーズに関する様々な情報が語られています。

スポンサーリンク

XF16mmは間もなく、XF16-80は年内後半

  • センサーフォーマットにはそれぞれ長所と短所があり、完璧なフォーマットは存在しない。高解像レンズを簡単に設計できる中判フォーマットと十分な解像度とスピード性を提供できるAPS-Cがあるためフルサイズ市場へ進出しない。
  • フジフイルムの課題はAPS-Cのクオリティ向上とGFXの小型化だ。
  • センサーにより多くの光を取り込むことが重要となってくる。この点でキヤノンやニコンのフルサイズミラーレスは取り込める角度がフジXマウントよりも小さい。そしてソニーはさらに小さい。
  • XF33mm F1.0は多くの光を取り込むためにXF35mm F1.4の2倍のサイズが必要だ。収差補正には7~10枚の前群要素200gが必要である(35mm F1.4は全部で7枚)。さらに後群には8~10枚のレンズを持つ。問題はオートフォーカス時に重たいレンズを正確に動かす必要があることだ。
  • 間もなくXF16mm F2.8を発表する。それにXF16-80mm F4が続き、今年の後半に発売予定だ。このレンズは本当に軽い。
  • ティルトシフトレンズはGFレンズとして登場する可能性が高い。
  • GFXの課題は小型化だが、シャッターユニットやバッテリー効率などで課題を抱えている。グローバルシャッターが実用化されればさらに小型化できるだろう。
  • 1億画素対応レンズはAPS-Cやフルサイズよりもミドルフォーマットのほうが設計が簡単である。1億画素センサーとボディ内手振れ補正を搭載するGFX 100Sは約10,000ドルとなるが、最終的な値付けはまだ決まっていない。6月よりも前に登場するだろう。
  • 新しい動画用フィルムシュミレーションが登場するだろう。
  • X-T3はファームウェアアップデートでAFの大幅な改善を計画している。より良好な顔検出・追従・瞳AFは4月を予定している。

とのこと。

以前から「XF16-80mm F4は2019年秋となる」と噂されていましたが、やはり2019年後半となりそうですね。間もなく登場するのは16mm F2.8だけの模様。

やはり33mm F1.0はかなり大きなレンズとなりそうですね。話を聞く限りでは20枚構成の単焦点レンズとなる可能性もありそうです。光透過率や逆光耐性が気になるところですねえ。。。

スポンサーリンク

サイト案内情報

フジフイルム関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

-FUJIFILM, FUJIFILM関連の情報, GFX, Xシリーズ 一眼, カメラ, デジタルカメラ総合, 機材の噂情報・速報