「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

とるなら~写真道楽道中記~

LUMIX フルサイズ Panasonic Panasonic関連の情報 S1R / S1 カメラ 機材の噂情報・速報

LUMIX Sシリーズは広告撮影や8K動画などMFTでカバーできない分野をターゲットとする【海外機材情報】

投稿日:

ウェブサイト「Mizuwari」がパナソニックフランスのデジタル映像事業マネージャーのインタビューを掲載しています。

スポンサーリンク

2020年までに8K対応モデルを登場させる?

長いのでひとまずL-rumorsの抜粋記事

  1. パナソニックの最初の目標は既存のマイクロフォーサーズユーザーをフルサイズシステムへステップアップ可能とすることだ。
  2. パナソニックがフルサイズで達成したい事はマイクロフォーサーズで物理的限界がいくつかある。マイクロフォーサーズに8K動画を対応させるのは技術的に不可能ではないにしろ難しい。
  3. パナソニックは約束を守り、2020年までに8Kフルサイズカメラを発表する。(L-rumorsの補足:もちろんLマウントとなるだろう)
  4. サイズと価格から、多くのユーザーの期待とニーズをフルサイズで満たすことは出来ないだろう。もちろん、我々はマイクロフォーサーズ用レンズとカメラをリリースし続ける。10-25mm F1.7を開発中であるのがいい例だ。
  5. すでに8年前にはフルサイズについて検討していた。

続いてMizuwariから気になるポイントを一部抜粋

  • 少なくともフランスではハイブリッド市場のリーダーだ(インタビューワー)
  • フルサイズ元年にフルサイズミラーレスで1位を取るつもりはない。もちろん最下位となるつもりも無いが…。
  • マイクロフォーサーズはハイブリッドと言うだけでなく、コンパクトさでも地位を確立している。フルサイズは現在のマイクロフォーサーズで不満を感じているユーザーを目標としている。
  • ツーハイブリッドシステム(インタビューワー)
  • マイクロフォーサーズではプロのフォトグラファーやビデオグラファーをターゲットとしていない。特に4:3を必要とするストリートディスプレイ、ファッション、広告のフォトグラファー。そこで我々は2019年春にフルサイズを追加する。
  • もちろん、GH5やG9はプロ向けだ。しかし、特に写真撮影ではとても高次元な要求に対して限界がある。
  • 我々はまだS1の最終スペックを知らない。
  • 後々、より特化した超専門的なパッケージを開発するのか、それともS1RとS1で既に差別化されているのかはまだ分からない。これは正式発表時に修正させていただく。
  • 今のところ我々が知っているのは防塵防滴・Dual.I.S・どちらも4K 60p対応と言うことだけである。
  • マイクロフォーサーズシステムを全て処分してフルサイズに乗り換えるユーザーへの対応は検討中。
  • ライカとは2008年にハイブリッドシステムを発表する前からパートナーシップを結んでいる。
  • シグマとライカとは価格・焦点距離で完全に差別化できると思っている。これによりフォトグラファー・ビデオグラファーは予算とニーズに合わせてシステムを構築できる。
  • シグマと提携したのは我々も驚いた。
  • プロサービスを立ち上げるにはいい機会だ。

とのこと。

従来通り、マイクロフォーサーズで取り切れていない層をターゲットとしているようですね。特に商業分野に力を入れるようなので、噂通り少し高めの価格設定となるかもしれませんね。

関連ページ

スポンサーリンク

LUMIX S1R関連記事

サイト案内情報

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

-LUMIX フルサイズ, Panasonic, Panasonic関連の情報, S1R / S1, カメラ, 機材の噂情報・速報