Canon関連の情報 RFレンズ 機材の噂情報・速報 特許情報

キヤノン EF-Sレンズ用RFマウントアダプター(拡大レンズ付き)の特許出願

スポンサーリンク

2020年1月9日付けでキヤノンの気になる特許出願が公開されています。

  • 【公開番号】特開2020-3580(P2020-3580A)
  • 【公開日】令和2年1月9日(2020.1.9)
  • 【発明の名称】コンバーターレンズ、交換レンズ、及び撮像装置
  • 【出願日】平成30年6月26日(2018.6.26)
  • 【出願人】
    【識別番号】000001007
    【氏名又は名称】キヤノン株式会社
  • 【課題】マスターレンズの像側に配置して全系の焦点距離を拡大し、全系で高い光学特性を得ることが可能なコンバーターレンズを提供する。
実施例1 実施例1”
焦点距離 24.50 39.54
F値 2.88 4.65
半画角 29.14 28.68
像高 13.66 21.64
全長 64.83 89.59
BF 35.68 13.96

昨年末にアメリカで先行公開された特許出願と同じものですね。
実施例では「EF-S24mm F2.8 STM」の後ろに装着するミラーレス用コンバージョンレンズとなっています。特性を考えるとEOS RでEF-Sレンズを使用するためのマウントアダプターと言ったところでしょうか。

既に可変NDフィルターやC-PLフィルターを内蔵する特殊なマウントコンバーターをリリースしていますが、今回はEF-SレンズをEOS Rで有効活用するテレ&マウントコンバーターのようです。
レデューサーレンズならず、インクリーザーレンズと言ったところでしょうか?あまり聞いたことが無いコンバージョンレンズですが、「LAOWA Magic Format Converter(フルサイズEFレンズ →中判 GFマウント)」など似たようなコンセプトのコンバーターが存在します。

EOS 90DなどAPS-C一眼レフからフルサイズEOS Rへステップアップする場合は面白い選択肢となりそうですね。正直なところ、どこまで画質を維持できるのか気になるところですが…。それに、EFマウントのAPS-Cレンズを特殊マウントコンバーターを組み合わせてまで使いたいレンズは少ないような…。EFレンズ(フルサイズ)を使った際はパフォーマンスが高い中央領域を使うことになるので、どのような画質となるか非常に気になります。

どちらかと言えば、フルサイズ用望遠ズーム・マクロレンズのテレコンバージョンレンズとして機能すると考えたほうが良さそうです。

スポンサーリンク

サイト案内情報

特許関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
Sony FE 最大5万円 -2020/10/11 2020/1026
EOS M/Kiss 最大2万円 -2020/10/6 2020/10/19
OM-D 最大2万円 -2020/9/30 2020/10/14
Nikon Z 最大2万円 -2020/9/30 2020/10/16
Fuji 最大6万円 -2020/9/27 2020/10/12

-Canon関連の情報, RFレンズ, 機材の噂情報・速報, 特許情報

© 2020 とるなら~写真道楽道中記~