Canon関連の情報 RFレンズ レンズ 機材の噂情報・速報 特許情報

キヤノン EF-S(APS-C)-RF(フルサイズ)テレコン&マウントコンバージョンの特許出願

スポンサーリンク

2019年12月26日付けでキヤノンの気になる特許出願がアメリカで公開されています。

  • 公開番号:US 2019/0391364 A1
  • 公開日:2019/12/26
  • 出願日:2019/6/17
実施例1 実施例1”
焦点距離 24.50 39.54
F値 2.88 4.65
半画角 29.14 28.68
像高 13.66 21.64
全長 64.83 89.59
BF 35.68 13.96

CanonNews:Canon Patent Application: Canon RF lens convertor

キヤノンは奇妙な設計のRFマウントコンバージョンレンズに関する特許を申請中だ。これは一般的にテレコンバージョンレンズでは無く、APS-Cレンズをフルサイズのイメージサークルまで拡大し、焦点距離を長くしている。

驚いたことに、このテレコンバージョンレンズは望遠Lレンズに限らず使えるようだ。それを実証するように、×1.6・×2.0テレコンに装着しているレンズは「EF-S24mm F2.8 STM」である。

とのこと。

既に可変NDフィルターやC-PLフィルターを内蔵する特殊なマウントコンバーターをリリースしていますが、今回はEF-SレンズをEOS Rで有効活用するテレ&マウントコンバーターのようです。
レデューサーレンズならず、インクリーザーレンズと言ったところでしょうか?あまり聞いたことが無いコンバージョンレンズですが、「LAOWA Magic Format Converter(フルサイズEFレンズ →中判 GFマウント)」など似たようなコンセプトのコンバーターが存在します。

EOS 90DなどAPS-C一眼レフからフルサイズEOS Rへステップアップする場合は面白い選択肢となりそうですね。正直なところ、どこまで画質を維持できるのか気になるところですが…。それに、EFマウントのAPS-Cレンズを特殊マウントコンバーターを組み合わせてまで使いたいレンズは少ないような…。EFレンズ(フルサイズ)を使った際はパフォーマンスが高い中央領域を使うことになるので、どのような画質となるか非常に気になります。

スポンサーリンク

サイト案内情報

特許関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
OM-D&PRO 最大5.5万円 ~2021-1-13 2021-1-27
Z 50 最大2万円 ~2021-1-11 2021-1-29
EOS R/RP  最大1.8万円 ~2021-1-12 2021-1-29
EOS M 最大2.5万円 ~2021-1-12 2021-1-29
X-T4&XF 最大3万円 ~2021-1-11 2021-1-25
Sony α 最大7万円 ~2021-1-11 2021-1-25

-Canon関連の情報, RFレンズ, レンズ, 機材の噂情報・速報, 特許情報

© 2020 とるなら~写真道楽道中記~ Powered by STINGER