Canon関連の情報 カメラ 機材の噂情報・速報 特許情報

光学ファインダーに液晶情報を重畳するキヤノンの特許出願

2019年12月12日付けでキヤノンの気になる特許出願が公開されています。

  • 【公開番号】特開2019-212959(P2019-212959A)
  • 【公開日】令和1年12月12日(2019.12.12)
  • 【課題】ハイブリッドファインダで好適な被写体の視認ができる撮像装置を提供する。
  • 【出願日】平成30年5月31日(2018.5.31)
  • 【出願人】
    【識別番号】000001007
    【氏名又は名称】キヤノン株式会社

ハイブリッドファインダーの特許出願はこれまでにも数多く存在しますが、今回の技術は光学ファインダーの良さを活かしつつ効果的な液晶表示を実現するものとなっているようです。光学ファインダー上でメニュー画面を開くことが出来るのは面白そう。

重畳表示によって発生する光学ファインダーとのズレ(歪曲収差やフリッカーの影響など)を補正することも検討している模様。

液晶パネルの位置は、一眼レフで測光センサーを配置しているペンタブ上部となっています。「測光センサーどうするの?」と言う気もしますが、今回の文献では特筆していません。ハーフミラーを使う技術のようなので、ライブビュー測光となるのかもしれませんね。

スポンサーリンク

サイト案内情報

特許関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
Sony FE 最大5万円 -2020/10/11 2020/1026
EOS M/Kiss 最大2万円 -2020/10/6 2020/10/19
OM-D 最大2万円 -2020/9/30 2020/10/14
Nikon Z 最大2万円 -2020/9/30 2020/10/16
Fuji 最大6万円 -2020/9/27 2020/10/12

-Canon関連の情報, カメラ, 機材の噂情報・速報, 特許情報

© 2020 とるなら~写真道楽道中記~