Canon関連の情報 カメラ 特許情報

キヤノンはPowerShotやEOS Mシリーズにボディ内手ぶれ補正を導入しようとしている?【特許出願】

スポンサーリンク

2019年12月26日付けでキヤノンの気になる特許出願が公開されています。

  • 【公開番号】特開2019-219650(P2019-219650A)
  • 【公開日】令和1年12月26日(2019.12.26)
  • 【発明の名称】振動デバイスを有する光学機器
  • 【出願日】平成31年4月24日(2019.4.24)
  • 【出願人】
    【識別番号】000001007
    【氏名又は名称】キヤノン株式会社
  • 【課題】振動デバイスが発生した振動が振れ検出に与える影響を少なくする。

手ぶれ補正の振動を誤検出しないようにする特許のようですが、図面ではPowerShot G5 XやEOS M5などに見えるカメラを使用しています。

EOS-1D X Mark IIIにボディ内手ぶれ補正が搭載されるという噂もありましたが、個人的にはEOS Mなどのコンシューマーグレードから実装するのが理に適っているように見えます。このようなコンパクトボディに手ぶれ補正を搭載するのだとしたら、確かに手ぶれ補正ユニットの振動による影響は考慮する必要がありそうですね。

スポンサーリンク

サイト案内情報

特許関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
OM-D&PRO 最大5.5万円 ~2021-1-13 2021-1-27
Z 50 最大2万円 ~2021-1-11 2021-1-29
EOS R/RP  最大1.8万円 ~2021-1-12 2021-1-29
EOS M 最大2.5万円 ~2021-1-12 2021-1-29
X-T4&XF 最大3万円 ~2021-1-11 2021-1-25
Sony α 最大7万円 ~2021-1-11 2021-1-25

-Canon関連の情報, カメラ, 特許情報

© 2020 とるなら~写真道楽道中記~ Powered by STINGER