Canon関連の情報 機材の噂情報・速報 特許情報

キヤノンの電源オフ時にボディ内手ぶれ補正(ロールぶれ)を固定する特許出願

【広告】ワイドトレード Leofoto製品などのスーパーセール開催中

スポンサーリンク

2020年3月5日付けでキヤノンの気になる特許出願が公開されています。

  • 【公開番号】特開2020-34811(P2020-34811A)
  • 【公開日】令和2年3月5日(2020.3.5)
  • 【発明の名称】防振装置および防振装置を備えた撮像装置
  • 【出願日】平成30年8月31日(2018.8.31)
  • 【出願人】
    【識別番号】000001007
    【氏名又は名称】キヤノン株式会社
  • 【課題】光軸周りの回転を補正する防振装置を薄型で実現し、電力なしでセンタリング保持を実現すること。

電源オフ時にボディ内手ぶれ補正がガタガタ動かないようにするための技術みたいですね。同じ日に「ロールぶれ」に対応するボディ内手ぶれ補正の特許出願が公開されており、今回の特許出願はこの補正機構を固定する技術となっています。

カメラの断面図は一眼レフとEF24-105mm F4Lのようにも見えますが、一眼レフかミラーレスであるかは特に関係ないのでしょう。

この技術がEOS R5に実装されるかどうか不明ですが、電源オフ時にセンサーが揺れるカメラは他社でも少なくなっているので実装して欲しいところ。

キヤノン EOS R5 噂・最新情報まとめページはコチラ

サイト案内情報

特許関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

-Canon関連の情報, 機材の噂情報・速報, 特許情報

Copyright© とるなら~写真道楽道中記~ , 2020 All Rights Reserved.