Tamronの情報 カメラ 機材の噂情報・速報 特許情報

タムロンのジンバルに関する特許出願

2021年7月15日付けでタムロンの気になる特許出願が公開されています。タムロンとしては珍しく、カメラ搭載型ジンバルに関する特許であり、将来的に動画関連機材の市場へ参入を計画しているのでしょうか?

  • 【公開番号】特開2021-103214(P2021-103214A)
  • 【公開日】2021年7月15日
  • 【発明の名称】ジンバル装置、及びそれを備えたカメラシステム
  • 【出願日】2019年12月25日
  • 【出願人】
    【識別番号】000133227
    【氏名又は名称】株式会社タムロン
  • 【課題】カメラの重心移動に対し、より低出力なモータで対応することができるジンバル装置を提供する。
  • 【発明が解決しようとする課題】
    【0005】
    しかしながら、例えば、ズーム機能を備えたカメラをジンバル装置に取り付けた場合には、カメラの重心点の位置が変化してしまうという問題がある。一般に、ズーム機能を備えたカメラのレンズ鏡筒は、設定された画角に応じて光軸方向に伸縮されるので、このレンズ鏡筒の伸縮と共にカメラ全体の重心点の位置も光軸方向に移動してしまう。このため、或る画角において、各モータの回転軸の延長線の交点がカメラの重心点と一致するように調整されていたとしても、カメラの画角を変化させることにより、重心点が移動されると、延長線の交点とカメラの重心点が一致しなくなる。このような場合には、カメラが静止している状態であっても、モータは、カメラがその姿勢を維持できるように、トルクを生成し続ける必要がある。
  • 【0006】
    この結果、ジンバル装置のモータは、カメラの方向を変えるために必要なトルクに加え、カメラの姿勢を維持するために必要なトルクも発生させることが要求され、モータに対する要求トルクが大きくなる。このため、より高出力なモータが必要となり、或いは、同一出力のモータを採用してもジンバル装置の応答性が低下してしまうという問題がある。
  • 【0007】
    従って、本発明は、取り付けられたカメラの重心移動に対し、より低出力なモータで対応することができるジンバル装置、及びそれを備えたカメラを提供することを目的としている。

監視カメラ・車載カメラなども手掛けているタムロンですが、カメラ搭載型のジンバルに関する特許出願は珍しいですね。既に動画撮影に適したミラーレス用レンズを複数投入しているタムロンがジンバルなどで動画市場への参入を計画しているのかもしれませんね。もしくはOEMの計画でもあるのか?

サイト案内情報

特許関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
ZV-1 1万円 -2021/8/1 2021/8/16
α7 Series&レンズ 最大5万円 -2021/8/1 2021/8/16
E-P7&レンズ 景品&Giftカード -2021/9/30 2021/10/14
EOS R5 景品 -2021/7/26 2021/8/31
EOS R/M 最大3万円 -2021/7/26 2021/8/31
Z 5 & Zレンズ 最大2万円 -2021/6/7 2021/7/31
LUMIX S5 最大3.5万円 -2021/6/7 2021/6/18
LUMIX GH5 II 最大2万円 -2021/8/29 2021/9/12

-Tamronの情報, カメラ, 機材の噂情報・速報, 特許情報

© 2021 とるなら~写真道楽道中記~ Powered by STINGER