「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

とるなら~写真道楽道中記~

FUJIFILM関連の情報 X-A7 Xシリーズ 一眼 カメラ デジタルカメラ総合 機材の噂情報・速報 機材レビュー 海外の評価

富士フイルムX-A7は従来のXAシリーズと比べてレスポンスやAFが好印象【海外の評価】

DPReviewが正式発表されたばかりの富士フイルム製ミラーレスカメラ「X-A7」プリプロダクションモデルのハンズオンを公開しています。

  • X-Aシリーズらしくべイヤーフィルターを使用したAPS-Cセンサーカメラだ。
  • X-A5と同じく2400万画素APS-Cセンサーだが、富士フイルム曰く、”業界をリードする銅配線”は読み出し速度に寄与し、4K 30pの全画素読出しを可能としている。(X-A5は4K 15pだ)さらに従来から8.5倍の像面位相差AF素子を組み込み、合計425点のフォーカスポイントを利用可能だ。
  • 連写速度はそれほど印象的では無く、バッファがとても小さい上に6fpsだ。
  • 背面モニタは16:9アスペクト比の3.5型276万ドット液晶だ。ファインダーを持たないX-A7にとって重要なポイントと言える。
  • 新規にAFジョイスティックを導入、メニューやAFエリアの操作が可能だ。
  • 背面モニタは従来のチルト式からバリアングル式に変化している。静止画は3:2のアスペクト比で撮影するため、16:9のモニタではフル活用できない。動画撮影時に恩恵が大きいと言えるだろう。
  • 2.5mmのレリーズ用端子は付属の3.5mmアダプターでマイク端子として利用可能だ。
  • USB-C端子は充電に利用できる他、スマートデバイスに接続して転送に利用することが出来る。ただし、USB3.0では無く、2.0であるのは残念だ。
  • カメラのトッププレートも再設計されている。シャッター同軸のコマンドダイヤルが新設され、リアダイヤルの中央にはカスタマイズ可能なボタンが配置されている。
  • モードダイヤルはお馴染み「SR+」「P/A/S/M」「シーンモード」「フィルター」「パノラマモード」を利用可能だ。
  • バッテリーは他のXシリーズと同じNP-W126Sだ。撮影枚数は「エコノミー」設定で440枚と立派な数字である。
  • 応答性とAFの点で従来のX-Aモデルと比べて好印象だ。正直なところこのカラーリングは予想外だったが…。

DPReview:Hands-on with the Fujifilm X-A7

とのこと。

従来のXAシリーズと比べると大きくスペックアップしたカメラに仕上がっているようですね。銅配線CMOSセンサーや3.5型バリアングルモニタ、そして425点像面位相差AFやスマートフォンとの有線通信など気になるパワーアップが盛り込まれています。ただし、連写性能やバッファに変化が無いのは残念なところ。

ファーストインプレッションではレスポンスやAFが好印象らしいので個人的に少し気になるカメラボディ。価格はX-A5と比べてやや高くなってしまったものの、大型モニターや有線接続の利便性を考慮すると妥協できる価格上昇と言えるかもしれませんね。

FUJIFILM X-A7の最新情報を集めるページはコチラ

X-A7 レンズキット シルバー 
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
X-A7 レンズキット キャメル
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo

サイト案内情報

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャンペーン 特典 対象期間 応募締切
EOS M6 Mark II 最大2万円 -2020/1/14 2020/1/31
フルサイズα 最大4万円 -2019/9/30 2019/10/15
APS-C α 最大1.5万円 -2019/9/30 2019/10/15
ソニーRX 最大1万円 -2019/9/30 2019/10/15
Nikon全般 最大4万円 -2019/10/7 2019/10/31
EOS R/RP/RF 最大3.5万円 -2019/9/30 2019/10/15
GFX50R&GF 最大15万円 -2019/9/30 2019/10/11
E-M1 II+PRO 最大7万円 -2019/9/30 2019/10/15
フジX・XF 最大3万円 -2019/9/30 2019/10/11
EOS Kiss M 最大5千円 -20119/9/30 2019/10/15

-FUJIFILM関連の情報, X-A7, Xシリーズ 一眼, カメラ, デジタルカメラ総合, 機材の噂情報・速報, 機材レビュー, 海外の評価

Copyright© とるなら~写真道楽道中記~ , 2019 All Rights Reserved.