「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

とるなら~写真道楽道中記~

FUJIFILM X-A7 Xシリーズ 一眼 カメラ

富士フイルム X-A7 最新情報まとめページ

このページでは富士フイルムのミラーレスカメラ「X-A7」の情報を収集しています。

最新情報

速報

データベース

購入早見表

X-A7 レンズキット シルバー 
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
X-A7 レンズキット キャメル
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo

X-A7関連記事

X-A5との外観比較

海外の評価

DPReview ファーストインプレッション

従来よりも魅力的カメラ

  • 2018年上旬に富士フイルムがX-A5を発表した時は、本当に魅力的なエントリーミラーレスが登場したかのように見えた。少なくともスペック上では、実績のある2400万画素APS-Cセンサーに像面位相差AF、チルト式タッチパネルモニタ、4K動画、マイク端子、優れたバッテリーライフのカメラだ。
  • しかし残念ながら、X-A5は画質以外とてもお粗末なカメラであることが分かった。レスポンスがとても遅く、オートフォーカスは信頼するに値しないパフォーマンスだ。4K動画は撮影可能だが、15fpsであり、実質的に静止画切り出し用に過ぎない。富士フイルムはX-T3のような優れたカメラを作ることができるメーカーだけに非常に残念だった。
  • 新しいX-A7は遥かにスピーディで、よりしっかりとしたAFシステム、バリアングルモニタ、AFジョイスティック、USB-C端子、全画素読出しの4K動画を備えている。さらにレンズ付きで700ドル未満だ。おまけにミントグリーンのカラーバリエーションもある。(訳注:日本では存在しないカラバリです)
  • 最初に注目したのは276万ドットの3.5インチディスプレイだ。低価格帯のカメラの中では最高の仕様だ。アスペクト比は16:9なので、3:2の静止画ではモニタを最大限活かすことが出来ない。しかし、動画撮影ならば、マイク端子や全画素読出しの4Kと合わせて魅力的なカメラとなるだろう。
  • 大型液晶モニタを搭載するにあたり、背面レイアウトは一新された。4方向ボタンは8方向AFジョイスティックに置き換えられている。これは小さいながらも機能的な操作が可能だ。
  • Q.menuへアクセスするためにはディスプレイを2回タップする必要がある。不思議な事に、カスタムボタンにQ.menuを割り当てることが出来ない。
  • 従来のような上方向のサブコマンドダイヤルは無くなった。その代わりにトッププレートに新しくダイヤルが配置されている。
  • 電源スイッチは誤操作の多かったレバー式から独立してボタン式となった。
  • X-A7のレスポンスはX-A5と比べて優位性があるのは明らかだ。
  • 連写性能は依然として6コマ秒、4~5枚までである。
  • フィルムシュミレーションモードには現在のモードと他のモードを比較して確認できる機能がある。特に期待していた機能では無かったが、これが他のカメラにも実装されると良さそうだ。
  • カメラを1日触っただけなので、AFや画質に言及するのは時期尚早である。プロダクションモデルを入手し次第テストする予定だ。

残念なXAシリーズが続いたものの、富士フイルムは顧客の意見に耳を傾け期待を上回るカメラをリリースした。特にオートフォーカスはX-A5よりも優れている。キヤノンやオリンパス、ソニーの競合カメラとどのように戦っていくのか分からないが、ファーストインプレッションとしては間違いなく感銘を受けたカメラである。

DPReview:The X-A7 is Fujifilm's first good entry-level mirrorless ILC

DPReview Hands on

ポイント

  • X-Aシリーズらしくべイヤーフィルターを使用したAPS-Cセンサーカメラだ。
  • X-A5と同じく2400万画素APS-Cセンサーだが、富士フイルム曰く、”業界をリードする銅配線”は読み出し速度に寄与し、4K 30pの全画素読出しを可能としている。(X-A5は4K 15pだ)さらに従来から8.5倍の像面位相差AF素子を組み込み、合計425点のフォーカスポイントを利用可能だ。
  • 連写速度はそれほど印象的では無く、バッファがとても小さい上に6fpsだ。
  • 背面モニタは16:9アスペクト比の3.5型276万ドット液晶だ。ファインダーを持たないX-A7にとって重要なポイントと言える。
  • 新規にAFジョイスティックを導入、メニューやAFエリアの操作が可能だ。
  • 背面モニタは従来のチルト式からバリアングル式に変化している。静止画は3:2のアスペクト比で撮影するため、16:9のモニタではフル活用できない。動画撮影時に恩恵が大きいと言えるだろう。
  • 2.5mmのレリーズ用端子は付属の3.5mmアダプターでマイク端子として利用可能だ。
  • USB-C端子は充電に利用できる他、スマートデバイスに接続して転送に利用することが出来る。ただし、USB3.0では無く、2.0であるのは残念だ。
  • カメラのトッププレートも再設計されている。シャッター同軸のコマンドダイヤルが新設され、リアダイヤルの中央にはカスタマイズ可能なボタンが配置されている。
  • モードダイヤルはお馴染み「SR+」「P/A/S/M」「シーンモード」「フィルター」「パノラマモード」を利用可能だ。
  • バッテリーは他のXシリーズと同じNP-W126Sだ。撮影枚数は「エコノミー」設定で440枚と立派な数字である。
  • 応答性とAFの点で従来のX-Aモデルと比べて好印象だ。正直なところこのカラーリングは予想外だったが…。

サイト案内情報

富士フイルム関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
FUJI GFX 最大15万円 -2020/1/13 2020/1/27
FUJI X 最大23万円 -2020/1/13 2020/1/27
トキナーレンズ 最大1万円 -2020/1/15 2020/1/20
サムヤンレンズ 3千円 -2020/1/15 2020/1/20
E-M1X+PROレンズ 最大7万円 -2020/1/13 2020/1/27
α7系+FEレンズ 最大5万円 -2020/1/13 2020/1/29
α6100・α6400 最大1.5万円 -2020/1/13 2020/1/29
EOS Rシステム 最大3.5万円 -2020/1/14 -2020/1/31
Z 50 最大2万円 -2020/1/14 -2020/1/31
LUMIX 最大10万円 -2020/1/13 2020/1/30
α6100 最大5千円 -2020/1/13 2020/1/29
X-A7 最大2万円 -2020/1/13 2020/1/27
EOS M6 Mark II 最大2万円 -2020/1/14 2020/1/31

-FUJIFILM, X-A7, Xシリーズ 一眼, カメラ

Copyright© とるなら~写真道楽道中記~ , 2019 All Rights Reserved.