「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

とるなら~写真道楽道中記~

Panasonic Panasonic関連の情報 カメラ コンパクトカメラ デジタルカメラ総合 機材の噂情報・速報 海外の評価

LUMIX FZ1000はファインダーや操作性が改善し使い勝手が向上している【海外の評価】

ePHTOzineがパナソニックのブリッジカメラ「LUMIX FZ1000 II」のレビューを掲載しています。

スポンサーリンク

使いやすくなった第2世代

  • 一見すると前モデル「FZ1000」とよく似ているが、コマンドダイヤルの追加など価値ある改善点がいくつか存在する。
  • レンズ左側面には3つのFnボタン、上部に2つのFnボタン、さらに背面には3つのFnボタンが配置されている。
  • グリップは深くなり、ゴム製カバーの質感は良好だ。残念ながら左側面にはゴム製カバーが備わっていない。
  • 本体はプラスチック製だが、しっかりとして頑丈な印象の作りだ。
  • 三脚用ネジ穴はカメラ中央付近に配置されている。
  • レンズは程よくシャープで正確な発色、良好なコントラストである。ハイコントラストな部分にはパープルフリンジが発生する。
  • ズームレンジ全域で大部分はシャープだが望遠端での少しソフトである。
  • マクロ撮影時には素敵なボケと合焦部の豊かなディテールだ。
  • 画質はISO400から低下し始める。特にISO6400-12800では画質が落ち込むので可能な限り低感度を維持したい。
  • AWBの結果はやや暖色傾向だが、蛍光灯下では少し寒色系だ。
  • 4K動画の画質はとても良好でディテールも適切に維持されている。

FZ1000から劇的な進化を遂げたわけでは無いが、ファインダーや操作性には改善が施され使いやすくなっている。競争力のある価格設定は維持されているので人気のあるブリッジカメラとなりそうだ。

とのこと。メジャーアップデートと言うにはパンチが弱いかもしれませんが、マイナーチェンジと言うには改善が多い気がします。特に操作性はLUMIXミラーレスに近くなり、ファインダー仕様はかなり実用的となっています。

FZH1のよりもズームレンジは短いですが、比較的レンズパフォーマンスが良いのでバランスの良いカメラですね。望遠側は換算400mmしかないので野鳥撮影やスポーツには厳しいかもしれませんが、カジュアルユースであればこれ1台で済んでしまいそうです。

LUMIX FZ1000 IIのレビュー・作例を集めるページはコチラ

スポンサーリンク

LUMIX FZ1000 II
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
DMW-BLC12 バッテリーパック
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo

サイト案内情報

パナソニック関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャンペーン 特典 対象期間 応募締切
Nikon全般 最大4万円 -2019/10/7 -2019/10/31
EOS R/RP/RF 最大3.5万円 -2019/9/30 -2019/10/15
GFX50R&GF 最大15万円 -2019/9/1 -2019/9/17
ツアイス ミラーレス 最大2万円 -2019/8/18 -2019/8/21
E-M1 II+PRO 最大7万円 -2019/9/30 -2019/10/15
フジX・XF 最大3万円 -2019/9/1 -2019/9/17
EOS Kiss M 最大5千円 -20119/9/30 -2019/10/15

-Panasonic, Panasonic関連の情報, カメラ, コンパクトカメラ, デジタルカメラ総合, 機材の噂情報・速報, 海外の評価

Copyright© とるなら~写真道楽道中記~ , 2019 All Rights Reserved.