「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

とるなら~写真道楽道中記~

LUMIX LX100 Mark II Panasonic Panasonic関連の情報 カメラ コンパクトカメラ デジタルカメラ総合 機材の噂情報・速報 機材レビュー 海外の評価

LUMIX LX100 IIはISO3200までノイズが少なくタッチ操作が優れているカメラ【海外の評価】

更新日:

PhotographyBlogがパナソニック「LUMIX LX100 II」のレビューを掲載しています。

スポンサーリンク

ポイントはセンサーとタッチパネル

  • LX100 IIというモデル名から判るようにLX100のリニューアルモデルだ。
  • 標準ズームレンズを搭載するカメラとしてはセンサーサイズが大きく、小型軽量を維持しているため競争力のあるカメラである。
  • 主な進化ポイントはイメージセンサーとタッチパネルだ。
    ・LX100と同じようにマルチアスペクト撮影が可能な上に解像性能が500万画素ほど向上している。GX9(GX7 Mark III)と同じセンサー・プロセッサーを使用しているため、画質はミラーレス並だ。
    ・タッチパネルは大歓迎すべきポイントだ。タッチAFのみならず、タッチパッドAFが使えたり、AFフレームのサイズを簡単に変更することが出来る。メニュー画面もタッチ操作に対応しており、5カ所のタッチFnに機能を登録できる。
  • 物理的な違いは少ない。LX100を使いなれているのならLX100 IIも馴染むことだろう。
  • USB充電に対応しているため充電器を持ち歩く必要は無い。
  • 画質は優れている。ISO100~3200はノイズフリーとなり、ISO6400でノイズが発生し始める。ISO12800で目立つノイズが発生し、ディテールが損失する。ISO25600ではプリントやウェブサイズなら使えるレベルだ。
  • 色収差はとても良好に補正されている。

LX第7世代は革新的ではないがとても進化したカメラだ。既にLX100ユーザーだとしたらあまり魅力的に映らないかもしれないが、競合カメラが少ない優れたポケットカメラに違いない。

タッチパネルと高解像センサーが必要と感じるならば高価だがLX100 IIを、必要ないと感じるならばLX100をおススメしたい。

とのこと。

GX7 Mark IIIと同じセンサー・プロセッサーが搭載され、明るい標準ズームレンズが備わっていると考えるとリーズナブルな価格設定のカメラですね。LX100 II登場前にかなり値を下げたLX100を考慮するとやや高価ですが、マイクロフォーサーズのミラーレスを考えるとそこまで高いようにも感じません。

他のレビューサイトでも「ISO6400まで見事な画質」と評価されていたのでとても気になっているカメラだったり。

LUMIX LX100 IIのレビュー・作例を集めるページはコチラ

スポンサーリンク

サイト案内情報

LUMIX LX100 II関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

-LUMIX LX100 Mark II, Panasonic, Panasonic関連の情報, カメラ, コンパクトカメラ, デジタルカメラ総合, 機材の噂情報・速報, 機材レビュー, 海外の評価