LUMIX フルサイズ Panasonic Panasonic関連の情報 カメラ

LUMIX S5 IIの動画AFはソニーを除くすべての競合機種よりも良好

DPReviewが「LUMIX S5 II / S5 IIX」のファーストインプレッションを公開。初の像面位相差AFや、内蔵ファンや高度な動画機能を搭載。心臓部にはライカ共同開発の新型エンジンを搭載しているとのこと。

DPReview:Panasonic Lumix DC-S5 II / DC-S5 IIX initial review

LUMIX S5 IIXの主な追加仕様

  • RAW動画出力(S5 IIも有償アップデートで対応)
  • USB経由でSSD収録
  • ALL-I
  • ProRes内部収録
  • 有線/無線 IP ストリーミング

S5 IIとS5 IIXの違いは、すべて後者の動画機能に関係している。ポストプロダクションに適した動画機能が強化されている。RAW出力はS5 IIでも有償アップデート可能だが、他の機能には対応していない。アップデートにはS5 IIXとの差額分が必要となるので、S5 IIが早急に必要でない限りはS5 IIXを待つのが理にかなっていると思われる。

像面位相差AF

  • 最も大きなニュースは、像面位相差AFを初めて採用したことだ。
  • 特に動画モードで、オーバーシュートすることなく異なる距離にピントを合わせ直すことができる。また、レンズを動かすことなくピントが合っていることを確認できるため、非常に有効だ。
  • フォーカスを保持しなければならない状況において、自信を持ってそこに留まることができるのが位相差AFだ。
  • パナソニックは、追従性、低光量や逆光での性能、複数の被写体を扱う際の性能の向上に役立つと述べている。

被写体検出AF

  • S5 IIでは、パナソニックが新たに開発した深度認識と、人間と動物の両方を認識するように訓練された既存の被写体認識トラッキングシステムの強化版を搭載。
  • 被写体の種類を絞り込むことで、撮影の成功率を高める3つの認識モードを搭載している。
  • 「人間+動物」モードは、最も広い範囲の被写体を認識できるモードで、動物が優先的に認識されると言われている。
  • 「人間」モードでは、検出できる被写体に階層があり、目、顔、頭、体の順に優先度が高く、その中で最も重要なものを重点的に検出する。
  • 「顔/目」検出は、シーン内の目と顔のみに焦点を当てている。
  • 3つのモード全てで、AFエリアと周辺の領域から検出を始める。この仕組みにより、AFポイントを使って集団の中の特定の被写体を指定することができる(画面タップやジョイスティックで認識した顔の間を移動することで変更することも可能)
  • AFエリアが画面全体の場合、「顔/瞳」モードは、検出された最も近い人間だけでなく、カメラの方を向いている人間にもピントを合わせる。

手振れ補正

  • 手ぶれ補正も改良され、S5比で2倍の効果が期待できるという。
  • この改良されたシステムには「Active IS」というブランドが採用されているが、詳細はあまり具体的に述べられていない。
  • ただ、アルゴリズムが見直され、カメラの動きをより正確に判断できるようになったとのことだ。
  • S5 IIは、静止画も動画もスムーズに撮れるという点で、これまでのところ好印象を抱いている。
  • すべての動きをキャンセルして三脚のような動画にしようとする「ブーストIS」モードが印象的だ。
  • 8枚撮りの9600万画素ハイレゾモードは、GH6に搭載された手持ち撮影には対応していない。三脚などカメラを固定する必要があるものの、シーン内で動く被写体の不自然な合成処理を防ぐための動体補正モードは搭載している。

新型プロセッサ

  • S5 IIの心臓部には、パナソニックとライカの共同開発プロジェクト「L²」の最初の成果として、新しい処理エンジンが搭載されている。
  • 両社がノウハウとリソースを共有して開発した新型プロセッサーは、今後のライカのモデルにも搭載されることが期待されている。
  • S5 IIのセンサーも新開発とのことだが、見たところ位相差のない前モデルと同様の性能のようだ。
  • 電子シャッターモードで最大30fpsの撮影が可能になったのは、この速度に対応できるプロセッサを搭載したことが大きいのだと思われる。

空冷ファン

  • 長時間の動画撮影を可能にするため、ファンを搭載。
  • ファンはカメラ上部にあり、カメラの熱を吸い上げて排出する仕組みだ。
  • いつも通り、ファンはボディ密閉部の外側にあるので、防塵・防滴設計のウィークポイントにはならない。
  • パナソニックは40℃の温度で大部分の動画モードが無制限に録画できるとテスト済み。ライバルの多くが22~25°Cの数値しか提示していない。

動画

  • LUMIX S5の動画機能がベースとなっているが、16:9フッテージで約21msの読み出し速度を実現している。
  • 明らかな改善点は、3:2の「オープンゲート」で動画撮影ができることだ。最大30pで撮影でき、様々なアスペクト比にクロップしたり、ポスト処理でフレームをパンしたりすることが可能だ。
  • UHDスタイルの16:9アスペクト比またはDCIライクな18.9:1フォーマットの6Kオプションも用意されている。
  • 6Kから取り込んだ全幅の4Kモード(DCIとUHDの両方)もある。最大30p、最大10bit 4:2:2エンコーディングに対応している。
  • 10bit収録のライバルが増えているものの、競合他社ではそれほど一般的ではないサポートツールや豊富な機能が特徴的だ。
  • 波形モニターやベクトルスコープを搭載している点で、この分野ではまだユニークな存在である。
  • また、露出時間をシャッター角度で表現できるため、キャプチャフレームレートを切り替えても適正な露出を維持しやすくなっている。
  • 4チャンネルオーディオのオプションや、より映像にフォーカスした設定表示画面も追加されている。
  • S5 IIは、ラインレベル入力やマイク入力のデュアル入力ゲイン設定など、ライバル機種にないオプションを搭載している。
  • 「フルレンジHLG」撮影など、いくつかの機能が追加されている。これはHLG規格の輝度上限・下限を無視したもので、編集時の自由度が少し増すものだ。HLGを最終的な出力とする場合にも、Logのような中間段階として使用する場合にも便利な機能である。

アナモルフィック

  • オープンゲートと4:3のAPS-C映像をキャプチャする能力と抱き合わせで、アナモフィックレンズを使用した撮影をサポートするツールが充実している。
  • 以前のパナソニックモデルと同様に、映像を水平方向に引き伸ばすことができ、さまざまなスクイーズファクターに対応したリアルタイムの「デスクイーズ」プレビューに対応している。
  • このプレビューの上に、さまざまな出力アスペクト比のセーフゾーンマーカーを投影できるので、最終映像に使用されるフレーム内に収まっていることを確認できる。
  • また、レンズのスクイーズ比をカメラに伝えることで、縦位置と横位置で異なる有効焦点距離に合わせて手ブレ補正システムを調整し、手ブレ補正性能を向上させることができる。

LUT

  • 業界標準の.CUBE形式(パナソニック独自の.VLT形式に加え)のLUTを取り込む機能を追加した。
  • 最大10個のLUTを保存でき、撮影時にLUTを映像に適用できる。
  • LUTを適用すると、後処理の柔軟性が失われ、カメラ内で露出とホワイトバランスを正しく調整することが重要となる。しかし、カメラから直接、思い通りのルックを実現することができる。

競合機種との比較

  • S5と同様、明らかに2000~2500ドルの中級機市場をターゲットにしている。静止画も動画も得意なカメラがひしめいており、最も競争の激しいクラスだ。
  • そのため、実際のAF性能や使い勝手が、優れているかどうかの分かれ目となる。
  • 4機種(S5 II・R6 II・α7 IV・Z 6II)ともスペック的には申し分ないが、いくつかの機能で差をつけることができる。
  • キヤノンとパナソニックは共に高速連写を実現しているが、EOS R6 IIはローリングシャッターを抑え、プリ連写モードを搭載している。
  • 手ぶれ補正の評価ではキヤノンがリードしているが、これは動画で最も滑らかな手ぶれ補正に対応していることを意味していない。
  • 画質はほぼ同等で、ソニーは低ISOでディテールの描写がわずかに優れているが、低光量条件では少し遅れをとっている。
  • ソニーはバッテリー駆動時間が最も長い。しかし、動画でのローリングシャッター性能は最も弱く、4機種の中から選ぶのはこれまで以上に難しくなっている。
  • S5 IIXは、他のどの現行モデルよりも幅広い動画機能に対応している。しかし、ソニーやキヤノンの製品よりも低い導入価格で販売される予定だ。

ボディ・操作性

  • 外観は初代を踏襲しており、中型でかなりスクエアなデザインだ。一眼レフらしいフォルムが特徴的である。
  • Lマウントのラインナップの中では小型モデルだが、このクラスでは珍しくAFモード専用スイッチなど、外部コントロールが充実している。
  • 見慣れた外観とは裏腹に、多くの設計変更、手直しが行われている。
  • 最も大きな変更点は、ファンを追加したことだ。動画撮影における耐久性の核となるものだが、耐候性を損なわないように設計されている。
  • 高解像度の368万ドットOLELビューファインダーを搭載。
  • 初代は4方向ジョイスティックだったが、8方向になった。
  • フルサイズのHDMI端子を搭載している。
  • S5 IIは、セカンドカードスロットがUHS-II規格にアップグレードされ、両方のスロットで高速なSDカードが使用できる。
  • 最速のV90規格のカードを使用しても、SD UHS-IIではS5 IIXのすべての動画モードを記録するには速度が足りない。
  • S5 IIXにおける最も要求の厳しいALL-Iモードと、すべての4K/5.8K ProResモードでは、外部SSDを使用する必要がある。
  • パナソニックは、サードパーティのアクセサリーメーカーと協力し、一般的なSSDをカメラに装着する便利な方法を提供していると述べている。
  • 新しいカメラでも既存のバッテリーグリップDMW-BGS5を使用することができ、2個目のバッテリーを入れるスペースが確保されている。

バッテリー

  • 前バージョンから引き続きDMW-BLK22バッテリーを使用しているため、同じACアダプター、DCカプラー、専用バッテリーチャージャーにも完全対応している。
  • 専用の充電器は付属せず、USB-PD規格を採用し、大電流電源に接続することでカメラ内充電や操作、操作と充電ができるようになった。
  • バッテリーライフは、CIPA規格の試験方法で満充電370枚と、かなり期待はずれな数値だ。
  • 1日の撮影には十分な容量だが、集中的に撮影する場合は、USB電源を手元に置いておくと良いだろう。
  • 省電力モードでは、ファインダー撮影時に1,250枚の撮影が可能だ。

第一印象

  • ある視点から見ると、2年前のS5に位相差検出AFを追加しただけに見える。しかし、別の位置から見ると、そのスペックは、最近のキヤノン EOS R6 II(我々は、現在の愛好家向けフルサイズ機の中でベストな選択肢と考えている)に張り合えるものだ。
  • この1年で話を聞いた他のメーカーと同様、パナソニックはS5 IIをソーシャルメディアの「コンテンツクリエイター」向けとしている。
  • 動画はパナソニックの得意とするところだが、その能力を高めるための試みを、動画だけに特化したものと誤解しないようにすることが重要だ。
  • 30fpsの高速連写、ピクセルシフトハイレゾモード、ライブコンポジットなど、静止画に特化した機能を搭載することで、動画だけでなく静止画の撮影でも満足できる、真のハイブリッドカメラに仕上がっている。
  • 競合他社と比べて、ライカ・パナソニック・シグマがLマウントを中心にシステムを構築し、キヤノンやニコンのミラーレスシステムよりも多くのネイティブレンズが利用可能である。
  • S5 IIの成否は、最終的にAF性能で決まると思われる。動画機としての性能を疑う理由はほとんどないが、改良されたAFシステムの有効性によって、静止画と動画の両方で撮影しやすいかどうか重要だ。
  • 静止画のAF追従性はNikon Z6 IIより高いが、キヤノンやソニーのライバルには少し及ばない。
  • しかし、動画ではソニーを除くすべての機種よりも良好な動作だ。
  • 潜在的な落とし穴は、静止画機能の目玉である30fps RAWが、最も直接的なライバルよりも大幅にローリングシャッターが目立つことだ。
  • EOS R6 IIは40fpsで撮影でき、読み出し時間は約18msで、S5 IIの約25msより約30%速い。

多くのレンズと、多くの撮影環境で確認した上で、結論を出す予定だ。決定的なのは、動画や静止画のラン&ガンで、手ブレ補正とAFがどの程度活きてくるかが鍵となる。これまでの使用感から、S5 IIは信頼できるカメラであるように見える。

とのこと。
ぱっと見はLUMIX S5に像面位相差AFを搭載した新機種ですが、新型プロセッサの恩恵もあって、連写性能や動画機能も強化されている模様。オートフォーカスの追従性はニコンZ 6IIよりも良好で、動画AFはソニーを除く競合機種よりも優れていると言及しているのが特徴的ですね。これまで動画撮影時のコントラストAFが弱点と言われてきたLUMIXだけに、劇的な改善点と言えそうです。また、ファインダーも現在のスタンダードに合わせて高性能化している模様。

パナソニック LUMIX S5 II・S5 IIX 最新情報まとめ

LUMIX DC-S5M2 ボディ
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ 直販店
ビックカメラ icon キタムラで中古在庫を探す
LUMIX DC-S5M2 レンズキット
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ 直販店
ビックカメラ icon キタムラで中古在庫を探す
LUMIX DC-S5M2 ダブルレンズキット
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ 直販店
ビックカメラ icon キタムラで中古在庫を探す
LUMIX DC-S5M2X ボディ
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ 直販店
ビックカメラ icon キタムラで中古在庫を探す
LUMIX DC-S5M2X レンズキット
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ 直販店
ビックカメラ icon キタムラで中古在庫を探す
LUMIX DC-S5M2X ダブルレンズキット
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ 直販店
ビックカメラ icon キタムラで中古在庫を探す

関連記事

-LUMIX フルサイズ, Panasonic, Panasonic関連の情報, カメラ
-, , ,