SONY SONY関連の情報 カメラ ソニーコンデジ 機材の噂情報・速報 海外の評価

ソニーZV-1はVloggerにとって強力なツールとなるカメラ

スポンサーリンク

DPReviewが発表されたばかりのソニー製コンパクトカメラ「ZV-1」のハンズオンを掲載してます。

  • ソニーZV-1はVloggerとコンテンツクリエイターを念頭に置いて設計された新しいコンパクトデジタルカメラだ。
  • ハードウェアの観点から見ると、本質的にはRX100V(A)のリニューアルモデルだ。しかし、エルゴノミクスと機能がどちらも変更され、自撮り方向から撮りやすくなっている。
  • モデル名が示しているように、RXシリーズでは無く、RX100シリーズの代わりとしても使えない。自分がフォトグラファーだと考えているのであれば、おそらくZV-1は適していないはずだ。このカメラはYoutubeなどのプラットフォーム用に動画を撮影するためにデザインされている。
  • RX100VAとの比較
    ・同じ24-70mm相当のF1.8-2.8レンズを搭載
    ・同じ1型 2000万画素 積層型センサーを使用
    ・AFはRX100VIIのシステムを継承
    ・レンズ周囲のコントロールリングなし
    ・ボタン配置が全く異なる
    ・そもそもサイバーショットシリーズではない
    (型番が「DSC」ではなく「DC」となっている)
    ・同じNP-BX1バッテリーを使用
  • 動画機能はRX100VIIとよく似ている。4K 30pやFHD 120pを利用可能だ。低解像でアップスケールされた最大960fpsのハイスピード動画にも対応している。
  • 他のソニー製カメラと同様、動画はすべて8bit仕様だ。ログモードやHLGモードを利用可能だが、10bitフッテージと比べると柔軟性が低い。
  • RX100VIIと同じプロセッサを使用することで、レンズ側の手ぶれ補正に加え、4K時の電子手ぶれ補正を利用可能だ。手ぶれ情報をメタデータに書き込むことで、撮影後にImaging Edgeソフトウェアでデジタル補正を適用できる。
  • ZV-1は型破りなエルゴノミクスを採用している。シャッターボタンのすぐ後ろに大きなRECボタンがあり、自撮り時に最適なボタン配置となっている。ズームスイッチは自撮り時に左手の親指で操作出来るようになっている。
  • ファインダーの代わりにバリアングルモニタを搭載している。タッチ操作に対応しているが、最近のソニー製カメラと同様、あまり機能的ではない。
  • 全ての端子類はカメラ右側に配置されている。つまりバリアングルモニタ展開方向と逆に配置されている。バリアングルモニタと干渉することは無い。マイク端子・HDMI端子・USB端子を備え、動画撮影中に電力供給も可能だ。
  • ファインダーが無くなったカメラ上部には比較的複雑な3カプセルマイクを搭載している。このマイクは前方の音を拾う指向性デザインとなっている。カメラにはウインドスクリーンが付属しており、マイクに直接空気が吹き込むリスクを低減している。このウインドスクリーンはホットシュー経由で装着可能であり、同時に外付けLEDは利用できない。
  • ウインドスクリーンを装着することで電源ボタンが隠れてしまう。電源ボタンは充電インジケーターを兼ねているので見づらい。
  • ホットシューはマルチインターフェースシュー全てのピンを備えているので、仕様上はソニー製XLRアダプターなど様々なアクセサリーを利用可能だ。
  • ソニーAFシステムの最新バージョンを搭載している。タップした被写体にピントを合わせ続けることができる。
  • Vlogger向けカメラとして便利な顔優先自動露出に対応している。カメラの測光と顔検出が連携してフレーム全域より顔の露出を優先する機能だ。素早く反応するので、光が変わっても顔は正確に露出されたままである。
  • クリエイティブスタイル「スタンダード」は肌の色合いをより魅力的に見せることが出来るように調整されている。
  • 後ボケモードは単にフィルター効果やシュミレーション効果では無い。レンズの絞りを自動的に開くモードである。ほぼ瞬時に絞り・ISO・NDフィルターを調整して後ボケ効果を得ることが出来る。初期設定では「C1」にこの機能が割り当てられている。
  • おそらく「商品レビュー設定」がこのカメラの目的を最も明確にしている。カメラ近くの物体に優先順を設け、顔検出を無効化するように設計されている。オートフォーカスを手動調整する必要が無いシステムだ。
  • このカメラに欠けているものがあるとすれば、フォトグラファー向けの電子ファインダーやコントロールリングなどの機能だ。そして動画ユーザー向けとしてはヘッドホン端子が欠けていることに気が付くはずだ。RECボタンを押す前にオーディオレベルを聞く手段が無いのは奇妙な省略だ。撮影後に確認できるが、内蔵スピーカーの音量は小さい。
  • また、出力が全て8bitと考えるとログガンマやHLGモードが中途半端に感じる。幅広いカラーグレーディングに期待はしていないが、この点には注意する必要がある。
  • RX100Vより厚く、多くの複合材料を使用することで放熱性が高まっているとソニーは述べている。にもかかわらず、初期設定だと撮影時間は5分間だ。長時間撮影のためには自動温度設定を無効にする必要がある。設定することでほぼ無制限に撮影することが出来ると言われている。

ZV-1はスチル向けのカメラでは無い。ソーシャルメディア用のコンテンツを作る(場合によってはそれを生業とする)多くの人にとって強力なツールとなるように見える。
ニッチな製品であり、キヤノンG7 X Mark IIIのように直接ライブストリーミングすることは出来ないが、最新のソニー製アプリでスマートフォンに4K動画も転送可能だ。799ドルの価格設定は高価に見えるが、RX100VAの希望小売価格と比べると200ドルも安くなっている。

DPReview:Hands-on with the Sony ZV-1

とのこと。
従来のRXシリーズと比べると比較的安く、動画撮影に特化した操作性や機能性を備えたカメラですね。家庭用としては過剰な機能でやや割高に感じますが、収益が発生する動画製作用カメラとしては手ごろな価格設定と便利な機能を備えているように見えます。特に「商品レビュー設定」やバリアングル+リアルタイムトラッキングシステムが便利と感じることでしょう。マイクの指向性や音質が気になるところですが、ウインドスクリーン(モフモフ)が付属するのは良いですねえ。

個人的には従来の24-70mm相当となるズームレンズでは無く、20-50mmあたりで超広角をカバーしていれば便利だったかも。とは言え、そのあたりは従来品を使うことで価格を抑えているのかもしれません。
(ちなみにRX100VAのレンズと比べて広角端の焦点距離が微妙に違っていたりします。新設計のレンズでは無いと思いますが…さてはて…。)

SONY ZV-1 デジタルカメラデータベース

VLOGCAM ZV-1
ソニーストア icon
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon ヤマダ PREMOA icon
VLOGCAM ZV-1G シューティンググリップキット
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon ヤマダ PREMOA icon
アクセサリーキット ACC-TRBX
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon ヤマダ PREMOA icon

サイト案内情報

ソニー関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
Z 50 最大2万円 ~2021-1-11 2021-1-29
EOS R/RP  最大1.8万円 ~2021-1-12 2021-1-29

-SONY, SONY関連の情報, カメラ, ソニーコンデジ, 機材の噂情報・速報, 海外の評価
-

© 2020 とるなら~写真道楽道中記~