FUJIFILMレンズ 海外の評価

XF150-600mmF5.6-8 R LM OIS WRは良好なレンズだが回折の影響を受けやすい

Optical Limitsが富士フイルム「XF150-600mmF5.6-8 R LM OIS WR」のレビューを公開。良好なビルドクオリティや光学性能を評価しつつ、解像性能は回折の影響を受けやすいと言及しています。

Optical Limits:Fujinon XF 150-600mm f/5.6-8 R LM OIS WR - Review / Test

外観・構造:

  • この価格帯であれば予想の範囲内だが、造りの良さは抜群だ。
  • -10度の耐寒性能も備えた防塵防滴仕様だ。
  • 専用の三脚座がアルカスイス互換のクランプに対応しているのは素晴らしい。
  • 円筒形のレンズフードにはフィルター操作窓がある。
  • 外装が黒く傷つきやすいのは残念だ。社外製の保護シートの販売に期待したい。

携帯性:

  • ズーム操作時にレンズの全長は変化しない。
  • ズームリングとフォーカスリングは滑らかに回転する。
  • Fnボタンを搭載している。
  • 開放F値は非常に暗いがそのぶん小型軽量なレンズに仕上がってる。

操作性:

  • フォーカスセレクターやフォーカスプリセットボタン、フォーカスコントロールボタンは新しいカメラでのみ機能する。
  • 古いカメラではズーム中にフォーカスが自動的に調整されない。
  • X-S10やX-T4、X-T3で全ての機能を利用するにはファームウェアアップデートが必要だ。

フォーカス:

  • AFは非常に高速かつ静かに動作する。
  • マニュアルフォーカスはとても正確に操作できる。

手ぶれ補正:

  • 光学手ぶれ補正は5段分に対応している。

解像性能:

  • レンズが暗いので回折の影響を受けやすい。
  • 訳注:2600万画素センサーでテストしています。)
  • 150mmにおける回折の影響は非常に穏やかだ。F5.6から全体的に非常にシャープである。絞ると急速に低下し、F11で顕著となる。
  • 焦点距離を長くすると、開放F値が大きくなり、回折の影響が顕著となる。
  • 250mm F6.4でも結果は150mmとかなり似ている。
  • 400mm F7.1はわずかに悪化する。
  • 600mm F8はさらに少し低下する。中央は良好だが周辺部は良好止まりとなる。F11は避けるべきだろう。

像面湾曲:

  • 像面湾曲は少ない。

ボケ:

  • 超望遠レンズはボケの縁取りが強くなる傾向があり、このレンズも例外ではない。
  • 玉ボケは隅に向かって口径食の影響を受けるが穏やかだ。絞ると改善するとが、ボケの縁取りが強くなるのでおススメしない。
  • 前後のボケ質は少し騒がしい。

色収差:

  • 自動補正された場合は問題ない。
  • RAWでの結果は中程度の色収差が残っている。悪くは無いが少し目立つかもしれない。
  • 軸上色収差は問題ない。

球面収差:

  • 記載なし。

歪曲収差:

  • レンズ補正をオンにした場合は歪曲収差について心配する必要は無い。
  • 驚いたことにRAWでも僅かな収差しか残っていない。

周辺減光:

  • レンズ補正をオンにすると基本的に周辺減光は皆無だ。
  • RAWでも問題は無い。

コマ収差:

  • 記載なし。

逆光耐性:

  • 記載なし。

総評

  • 暗いレンズである。小型軽量で良好な携帯性だが、600mm F4のようなレンズに太刀打ちできないことは理解しておく必要がある。しかし、似たようなズームレンズであれば匹敵することは可能だ。解像性能はトップクラスの性能とは言えないが、少なくとも2600万画素センサーであれば十分以上である。
  • 技術的に見ると、開放F値が大きく回折の影響を受けやすいレンズだ。500mmまでは非常に良好だが、600mmでは低下する。4000万画素ボディであれば、なおさらだ。
  • ビルドクオリティは良好で、インナーズームが特に気に入っている。ただし、焦点距離が短い場合でも全長が長いままという犠牲を伴う。しかし防塵防滴、そして耐寒仕様だ。さらにAFは非常に高速で信頼性が高い。
  • 全体的に見て、レンズ口径と光学性能、携帯性のバランスは良好だ。Xマウントでは良い選択肢となるだろう。
  • (2600万画素センサーであれば)強くおススメできるレンズである。

とのこと。
フルサイズで言うところの900mmに相当する超望遠域をカバーするズームレンズですね。ソニーのようにインナーズーム構造を採用しているので望遠端のまま運搬することが可能で、防塵防滴の観点からもインナーズームは相性が良さそうに見えます。外装が傷つきやすいというのが気になるところなので、保護シートを購入しておくと良いかもしれません。

光学性能は良好で、特に歪曲収差や周辺減光は良く抑えられているようです。玉ボケにも口径食の影響があまり見られないので、イメージサークルが広いのでしょうか。解像性能は広角から中間域はとても良好ですが、開放F値が大きいので絞りの自由度はそこまで無い模様。特に600mm F8は影響が強く、4000万画素でどのような結果となるのか気になるところ。当然ながら、屋内や低照度ではISO感度が上がりやすく、使い辛いかもしれません。

富士フイルム XF150-600mmF5.6-8 R LM OIS WR 最新情報まとめ

XF150-600mmF5.6-8 R LM OIS WR
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon キタムラで中古在庫を探す

関連レンズ

関連記事

-FUJIFILMレンズ, 海外の評価
-,