FUJIFILMレンズ FUJIFILM関連の情報 レンズ 噂情報 機材の噂情報・速報

富士フイルム「GF35-70mmF4.5-5.6」は450g以下となる?

Fuji Rumorsが富士フイルムに関する噂情報を発信。近日登場と噂されている「GF35-70mmF4.5-5.6」の重量は既存の「GF32-64mmF4」と比べて半分以下になるとのこと。GFレンズの中でも特に軽いレンズとなりそうですね。

Fuji Rumors:Fujinon GF35-70mmF4.5-5.6 will Weight “Less Than Half” than GF32-64mmF4

GF35-70mmF4.5-5.6はGF32-64mmF4 R LM WR(重量875g)の半分以下の重さになるだろう。

今のところ、私はGF35-70mmF4.5-5.6の必要性は感じていないが、このような軽量でコンパクトなGマウントズームがあれば、GFXシステムをポータブルにしたいと考えている人にとって、超小型のGF50mmF3.5との組み合わせで魅力的に映ることだろう。

とのこと。
「GF32-64mmF4 R LM WR」の半分以下の重量と言うことは448g以下と言うことでしょうか?現状で、450gを下回るフジノンGFレンズが2本しかありません。

GF45mmF2.8 R WR(490g)」よりも軽く、44×33mmセンサー用ズームレンズとしては非常に軽量。果たしてここまで小型軽量化した標準ズームに需要があるかどうか不明ですが、気軽にGFXシステムを導入したい人にとって面白い選択肢となりそうです。

噂のまとめ

X Summit  PRIME 2021

  • 2021-09-02 10PM JST

GFX50s II

  • GFX 50s IIが登場(8月27日ではない)
  • 9月2日に発表
  • 販売価格は3999ドル
  • GFX 50Sと同じ5000万画素センサー
  • X-Processor 4搭載
  • GFX100Sと同じボディであり、手ぶれ補正を搭載している

GF35-70mmF4.5-5.6

  • 2021年後半に登場する
  • 9月2日に発表
  • キットレンズとして手に入れる場合に実質500ドルとなる
  • 単品でも999ドル
  • 開放F値はF4.5-5.6だ
  • GFX 50S II+35-70mmレンズキットで4499ドル
  • 絞りリングが無い
  • 沈胴機構である
  • 金属製レンズバヨネットを採用している
  • 耐候性あり
  • 重量はGF32-64mmF4の半分以下

X-H2

  • 2022年に登場
  • 8K動画(匿名情報)
  • 新型センサー搭載
    ・X-Trans CMOS
  • 新型プロセッサ搭載
  • 2500ドル以下

X-T30 II

  • 9月2日に発表
  • ボディ内手ぶれ補正なし
  • ファームウェアでX-T30を強化したモデル

その他

  • XF23mmF1.4 R LM WR:2021年9月2日
  • XF33mmF1.4 R LM WR:2021年9月2日
    ・799ドル
    ・58mmフィルター
    ・Aロックボタン
  • XF150-600mm:2022年

(Via Fuji Rumors)

フジフイルムレンズ関連記事

-FUJIFILMレンズ, FUJIFILM関連の情報, レンズ, 噂情報, 機材の噂情報・速報
-