FUJIFILMレンズ FUJIFILM標準レンズ FUJIFILM関連の情報 カメラ レンズ 噂情報 機材の噂情報・速報

富士フイルム「XF33mmF1.4 R LM WR」のサイズに関する噂情報

Fuji Rumorsが富士フイルムに関する噂情報を発信。「XF33mmF1.4 R LM WR」を既存のXF35mmF1.4 Rと比較した画像を掲載しています。比較してかなり大きなレンズとなるようですね。

Fuji Rumors:EXCLUSIVE: Fujinon XF33mm f/1.4 vs XF35mm f/1.4 Size Comparison

情報提供者のご好意により、近日発売予定のXF33mmF1.4 R LM WRとXF35mmF1.4 Rとのおおよそのサイズ比較を紹介する。

なお、上に見えるXF33mm F1.4は本物のレンズではなく、XF18mmF1.4 R LM WRに手を加えたものだ。

以下はレンズに関する情報をまとめたものだ。

  • XF33mm F1.4 R LM WR
  • 防塵防滴
  • リニアモーター
  • 発表日:9月2日
  • フィルター 58mm
  • "A "ロックボタン
  • 799ドル

とのこと。
小型軽量な「XF35mmF1.4 R」と比べるとレンズサイズはかなり大きくなるみたいですね。最新の光学設計・防塵防滴・リニアモーターなどを考慮すると自然な流れでしょうか。同日登場と言われている「XF23mmF1.4 R LM WR」がどのような仕様となるのかまだ不明。光学設計を一新してXF18mmF1.4やXF33mmF1.4と同格になる可能性もありそうですねえ。
最終的なレンズスペックや価格設定、発売日が気になるところ。9月2日のX Summitか一夜明けた9月3日には明らかとなることでしょう。

噂のまとめ

X Summit  PRIME 2021

  • 2021-09-02 10PM JST

GFX50s II

  • GFX 50s IIが登場(8月27日ではない)
  • 9月2日に発表
  • 販売価格は3999ドル
  • GFX 50Sと同じ5000万画素センサー
  • X-Processor 4搭載
  • GFX100Sと同じボディであり、手ぶれ補正を搭載している

GF35-70mmF4.5-5.6

  • 2021年後半に登場する
  • 9月2日に発表
  • キットレンズとして手に入れる場合に実質500ドルとなる
  • 単品でも999ドル
  • 開放F値はF4.5-5.6だ
  • GFX 50S II+35-70mmレンズキットで4499ドル
  • 絞りリングが無い
  • 沈胴機構である
  • 金属製レンズバヨネットを採用している
  • 耐候性あり
  • 重量はGF32-64mmF4の半分以下

X-H2

  • 2022年に登場
  • 8K動画(匿名情報)
  • 新型センサー搭載
    ・X-Trans CMOS
  • 新型プロセッサ搭載
  • 2500ドル以下

X-T30 II

  • 9月2日に発表
  • ボディ内手ぶれ補正なし
  • ファームウェアでX-T30を強化したモデル

その他

  • XF23mmF1.4 R LM WR:2021年9月2日
  • XF33mmF1.4 R LM WR:2021年9月2日
    ・799ドル
    ・58mmフィルター
    ・Aロックボタン
  • XF150-600mm:2022年

(Via Fuji Rumors)

フジフイルムレンズ関連記事

-FUJIFILMレンズ, FUJIFILM標準レンズ, FUJIFILM関連の情報, カメラ, レンズ, 噂情報, 機材の噂情報・速報
-