VILTROX レンズ 機材の噂情報・速報 機材レビュー 管理人レビュー

ViltroxのAPS-C ミラーレスレンズ「Viltrox 33mm F1.4」が4月21日に販売開始

スポンサーリンク

Fuji RumorsがViltroxのAPS-C ミラーレス用交換レンズについて情報を発信しています。

いくらか延期したのち、Viltroxは待望の富士フイルムXマウント用AFレンズ「Viltrox 23mm F1.4」「Viltrox 33mm F1.4」「Viltrox 56mm F1.4」の販売を開始する。

最初に販売されるレンズはViltrox 33mm F1.4だ。このレンズは1.799中国元、250ドルで4月21日に出荷開始される。他のレンズは後にリリースされるだろう。

VILTROX PFU RBMH 85mm F1.8」と異なりこれらレンズには絞りリングが備わっている。

Fuji Rumors:Viltrox 33mm f/1.4 Pre-Sale Started and Shipping April 21

ついにサードパーティ製のF1.4大口径AFレンズが登場するみたいですね。Viltroxはウェイボーの公式アカウントで4月21日発売を告知した模様。

大口径ながら非常に低価格で魅力的でお買い求め易いレンズ。特にクローズドなXマウントにおいてサードパーティ製のAFレンズは非常に貴重な存在と言えるでしょう。「VILTROX PFU RBMH 85mm F1.8」の出来が非常に良かったのでこれらレンズにも期待したいところ。

デザインは富士フイルム「XF」シリーズと似た意匠ですが、独自デザインとなっています。従来のレンズデザインを考慮すると総金属製外装のはず。写りが良いものの、全体的に古臭いデザインとなっている「XF35mmF1.4 R」と比べてスッキリとした外観ですね。

フォーカス駆動はリードスクリュータイプのステッピングモーターを使用しているはずなので、XF35mm F1.4よりも静かで高速なAFを期待できるはず。

富士フイルムXマウント用トキナーレンズも発売を控えています。おそらくViltroxのOEMと思われるので、好きなメーカー、デザインのモデルを買えば良いでしょう。トキナーは国内メーカーなのでサポートを考慮するとトキナー版を待つのも一つの手(今秋発売予定らしい)。

私はトキナー版の85mm F1.8を使ったことがあります。カリカリシャープな光学性能ではありませんが、程よい解像性能・ボケ・色収差補正のバランスが取れたポートレートレンズでした。XF35mm F1.4の接写時ほど滲むようなボケではありませんが、官能的な描写を残しつつ、よりモダンで使いやすい描写だと感じます。同じようなレンズ設計だとしたら、かなり期待できると思います。

サイト案内情報

Viltrox関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
Z 50 最大2万円 ~2021-1-11 2021-1-29
EOS R/RP  最大1.8万円 ~2021-1-12 2021-1-29

-VILTROX, レンズ, 機材の噂情報・速報, 機材レビュー, 管理人レビュー

© 2020 とるなら~写真道楽道中記~