FUJIFILM FUJIFILM関連の情報 X-H2 Xシリーズ 一眼 カメラ デジタルカメラ総合 噂情報 機材の噂情報・速報

富士フイルム「X-H2」は4000万画素センサーを搭載している可能性が高い?

Fuji Rumorsが富士フイルムに関する噂情報を発信。複数の信頼できる情報源から、2022年に登場すると言われている「X-H2」は4000万画素センサーを搭載していると教えてもらった模様。

Fuji Rumors:BREAKING: Fujifilm X-H2 Coming 2022 with 40 (not 43) Megapixel Sensor

これまでの情報をまとめると

  • 富士フイルムは積層型・裏面照射型(BSI)CMOSセンサーをフラッグシップモデルに搭載する
  • X-Transフィルターを採用する
  • 高解像APS-Cとなる
  • ソニーは4300万画素のAPS-C積層型BSIセンサーを発表している

このことから4300万画素の新型センサーを搭載したX-H2が登場すると予想するだろう。
しかし、そうではない。

X Summit後に信頼できる複数の情報源から「X-H2には4000万画素センサーが搭載される」と教えてもらった。今のところ、これがソニー製4300万画素センサーと同じモデルなのか、別のセンサーなのかは不明だ。

確かなことはX-H2が4000万画素センサーモデルと言うことだ。しかし注意して欲しいのは「X-H2が2モデル存在する」と言ことだ。どちらも4000万画素センサーを搭載するのか、片方はより手ごろな価格のべイヤーセンサーを搭載するのか、それとも搭載するモニタータイプが異なるのか、ファン搭載の動画仕様か…。今のところ、これらに答えを出すことは出来ない。

とのこと。
アスペクト比が「4:3」のイメージセンサーで最大解像度が4000万画素となると、DCI 8Kをカバーするには足りず、8K UHDのみの対応となるかもしれませんね。(どのみち4300万画素でもDCI 8Kには足りない)
従来のAPS-Cセンサーからすると大幅に解像度が向上しており、当然ながら画素ピッチは狭くなってしまいます。フルサイズで言えば9300万画素くらい、フォーサーズで言えば2400万画素くらいの高解像です。これほどの高解像センサーで、高ISO感度ノイズやダイナミックレンジの低下をどれほど抑えられているのか気になるところですねえ。

噂のまとめ

太字は確定的な情報

X-H2

  • 2022年にフラッグシップカメラが登場
  • 2種類のX-H2が登場する
  • 8K動画(匿名情報)
  • 新型センサー搭載
    X-Trans CMOS
    積層型+裏面照射型
    ・4000万画素
  • 新型プロセッサ搭載
  • 2500ドル以下

その他

  • XF150-600mm:2022年
  • XF18-120mm:2022年
  • GF20-35mm:2022年
  • GF55mmF1.7:2023年
  • GFチルトシフトレンズ:2023年

(Via X Summit PRIME 2021XレンズロードマップGFレンズロードマップFuji Rumors)

フジフイルムレンズ関連記事

-FUJIFILM, FUJIFILM関連の情報, X-H2, Xシリーズ 一眼, カメラ, デジタルカメラ総合, 噂情報, 機材の噂情報・速報
-