FUJIFILM FUJIFILM関連の情報 噂情報

X-H2Sはバリアングルモニタを搭載する?

Fuji Rumorsが富士フイルムに関する噂情報を発信。「X-H2S」はバリアングルモニタを搭載すると述べています。

Fuji Rumors:Fujifilm X-H2S with Vary Angle Screen

今週は、多くの人があまり驚かないような噂から始めよう。

X-H1は3Wayチルト方式だったが、X-H2Sはバリアングルモニタを搭載する。

X-H2Sは2600万画素の積層型センサーを搭載したX-H2である。富士フイルムX-H2Sの後に、4000万画素の高画質なX-H2が発売される予定である。

とのこと。
既に富士フイルムはX-S10やX-T4でバリアングルモニタを搭載しており、X-H2Sに実装したとしても不思議ではありませんね。3Wayチルトと比べて上下の展開は手間がかかりますが、自由なアングルに調整できたり、自撮りに対応しているのが魅力的。積層型CMOSセンサー搭載で動画機能が強化されているとしたら、バリアングルモニタを搭載するのは自然な流れと言えるでしょう。個人的には4000万画素のX-H2がバリアングルモニタを搭載するのか、3Wayチルトを搭載するのか気になるところ。

噂のまとめ

太字は確定的な情報

X Summit

  • 2022年5月31日

X-H2

  • 2022年にフラッグシップカメラが登場
  • 2種類のX-H2が登場する(1台はX-H2s)
  • 先に積層型モデルが登場し、その後に高解像モデル
  • 2種類の縦位置グリップが存在する。
    ・片方は非常に高価
  • 8K動画(匿名情報)
  • 新型センサー搭載
    X-Trans CMOS
    積層型+裏面照射型
    ・空冷ファンは搭載されない
  • X-H2sのセンサーは2600万画素(積層型BSI)
  • もう1台のセンサーは4000万画素
  • 新型プロセッサ搭載
  • X-H2Sはバリアングルモニタを搭載
  • 2500ドル以下

その他

  • XF150-600mmF5.6-8:2022年
  • XF18-120mm:2022年
  • GF20-35mm:2022年
  • GF55mmF1.7:2023年
  • GFチルトシフトレンズ:2023年

(Via X Summit PRIME 2021XレンズロードマップGFレンズロードマップFuji Rumors)

フジフイルム関連記事

-FUJIFILM, FUJIFILM関連の情報, 噂情報
-,