FUJIFILM X-S10 Xシリーズ 一眼 カメラ デジタルカメラ総合 機材レビュー 海外の評価

富士フイルム「X-S10」は型破りなデザインだが本当に良い選択肢

【広告】Yahoo!ショッピングでソフトバンクホークス優勝セール開催中

DPReviewが正式発表されたばかりの富士フイルム「X-S10」のイニシャルレビューを公開。富士フイルムXシリーズとしては型破りなデザインですが、このようなスタイルのカメラが必要な人にとって本当に良い選択肢になると言及しています。

これは富士フイルムなのか?

DPReview:Fujifilm X-S10 initial review

  • 最初にX-S10を見た時、「これは富士フイルムなのか?」と感じた。深いグリップ、目立つファインダー、無印のダイヤルとモードダイヤルを備えている。従来のミドルレンジ・ハイエンドXシリーズとは一線を画すデザインだ。
  • 同社はX-T30とX-H1のクロスモデルと説明している。前者からはセンサーやプロセッサを、後者からはデザインや手ぶれ補正を得ている。
  • スペック的にはX-T30とX-T4をブレンドしたようなものとなっている。
  • 小型ボディのためX-T4の手ぶれ補正ユニットは適合しない。そこで同社はX-T4より30%の小型軽量化を実現した補正ユニットを開発した。新しいモーションセンサーはユニットを効果的にし、消費電力を抑える回路基板を備えている。
  • 手ぶれ補正の性能はX-T4とわずかに異なる。それは僅か半段の差だ。手ぶれ補正を搭載しないレンズでは5.5段、手ぶれ補正搭載レンズでは最大6.0段の補正効果が期待できる。
  • オートモードは状況に応じてプロビア・ベルビア・アスティアのいずれかを手動で選択可能なモードがある。また、AFエリアはスポットからゾーン、ワイドまで、任意のモードでオートモードを利用可能だ。RAW出力にも対応している。
  • AFジョイスティックは他のモデルと動作が少し異なる。レバーを押し込むと、拡大機能が動作する。これは他のカメラで押し込み式リアダイヤルを押すことで動作していた機能だ。カスタマイズも可能である。
  • フィルムシュミレーション選択画面でQボタンを押すと任意のフィルムシュミレーションに関する説明を確認することが可能だ。
  • 正面から見た時のデザインはX-H1と似ている。カメラ左上部のデザインはX-T200と似ている。
  • ビルドクオリティはとても安定しており、防塵防滴があるかどうか不思議だったが、どうやら非対応のようだ。弱そうな部分と感じるのはポート用ドアとカメラ上部のダイヤルだ。
  • 背面のボタンレイアウトはシンプルだが、このカメラのターゲットユーザーには適度な操作量と感じるだろう。
  • おそらく最も大きな変更点はモードダイヤルを搭載したことだ。富士フイルムの伝統あるスタイルにこだわる人は悲鳴を上げるかもしれないが、一眼レフユーザーの乗り換えにはちょうどいい。
  • ファインダーやモニタのスペックは際立ったものは無い。3.0型 104万ドットのカラー液晶モニタだ。ファインダーはOLEDパネルを使い、解像度は236万ドット、倍率0.62倍、リフレッシュレート100fpsはX-T30と同じだ。
  • バッテリーはX-T30と同じNP-126SNP-W126Sを使用する。X-T4のような大容量バッテリーではないため、一回の充電でCIPA準拠で325コマの撮影が可能だ。USB経由で充電・給電に対応しているが、後者を利用するにはUSB-PD経由でることが必須となる。
  • 動画は基本的にX=T30と同じだ。オーバーサンプリングされたDCI 4K・4K UHDに対応。前面のマグネシウム合金ボディをヒートシンクとして利用し、4K 30pで連続30分の撮影に対応した。電子ISを利用可能であり、手ぶれをさらに軽減することが可能となる
  • F-Logに対応しているが、内部記録は最大で4:2:0 10Bitだ。より柔軟性のあるフッテージが好みであれば、外部出力で4:2:2 10Bitに対応している。

私は以前から富士フイルムのカメラのファンだったが、もしまだ古いキヤノンのシステムに投資していなければ、カメラを乗り換えることを検討していただろう。富士フイルムのカメラ出力JPEGや豊富なレンズコレクションにはいつも満足している。

私は今でもデジタル一眼レフでの撮影が好きな人間の一人だ。手の震えが気になる私には、グリップの大きさが気に入っている。老朽化したX-H1を除けば、富士フイルムXシリーズでグリップが大きなカメラは無い。シャッタースピードダイヤルがトッププレートにあるのが好きな人は多いが、私は滅多に使わないので、モードダイヤルと交換してもいいと思っている。
大きなグリップ、モードダイヤル、ボディ内手ぶれ補正、X-T4からの多くの機能、これらが携帯性の高いボディに詰め込まれている。手を動かさずに両方のダイヤルとジョイスティックに手が届き、後者はX-T30よりも良い位置にある。確かに、より高解像度ファインダーであれば良かったが、236万ドットのパネルはこのクラスでは典型的なものだ。

X-S10を使って数日しか経っていないが、それがどのように動作するか、多くのことを理解している。センサー、プロセッサー、AFシステムはX-T4と同じで、画質が良く、オートフォーカスは非常に優れている。
富士フイルムの伝統主義者の中には、X-S10のアイデアを嘲笑する人もいるかもしれない。しかし、私は富士フイルムが型破りのカメラをリリースしたのを見て嬉しく思う。私も含め、デジタル一眼レフカメラの形と操作性を求める人たちにとって、本当に良い選択肢だと思う。

とのこと。ちょうどいいカメラがちょうどいい価格で登場しましたね。
X-T30とX-H1とX-T200を混ぜて一つにしたようなカメラ。それでいてソフト的にはX-T4と同世代。コンパクトなカメラボディにこれだけ詰め込まれたカメラならば、X-T30より少し値上がりしたとしても文句ありません。
個人的に注目しているのは新しいフィルムシュミレーションとカラークロームブルーや明瞭度、そしてトーンカーブが利用可能であること。さらに従来のXシリーズユーザーからすると、深めの大きなグリップが魅力的に写るかもしれません。比較的サイズが大きい大口径ズームレンズや単焦点レンズと組み合わせるのに最適なカメラとなりそう。

富士フイルム「X-S10」最新情報まとめページ

購入早見表

  • 2020年11月19日発売予定
  • 2020年10月20日予約開始
FUJIFILM X-S10
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon ヤマダ PREMOA icon
FUJIFILM X-S10/XC15-45mm
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon ヤマダ PREMOA icon
FUJIFILM X-S10/XC15-45mm/XC50-230mm
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon ヤマダ PREMOA icon
FUJIFILM X-S10/XF18-55mm
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon ヤマダ PREMOA icon

関連記事

関連カメラ

サイト案内情報

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
Z 50 最大2万円 ~2021-1-11 2021-1-29
EOS R/RP  最大1.8万円 ~2021-1-12 2021-1-29

-FUJIFILM, X-S10, Xシリーズ 一眼, カメラ, デジタルカメラ総合, 機材レビュー, 海外の評価
-

© 2020 とるなら~写真道楽道中記~