FUJIFILM FUJIFILM関連の情報 Xシリーズ 一眼 カメラ 噂情報

富士フイルムX-T5はD-PadやMCSレバーを搭載している?

Fuji Rumorsが11月に発表と噂されているX-T5について噂情報を発信。X-T5はX-H2とは異なりフォーカスモードレバーやデュアルSDカードスロットを搭載し、従来通りD-Padが顕在であると言及しています。

Fuji Rumors:Well Observed: Fujifilm X-T5 with Manual MCS Switch and D-Pad

昨日、私は富士フイルムX-T5のモックアップをリークした。
モックアップには、D-Padと専用のMCSスイッチ(X-H2/Sでは、Fnボタンとなっている)がある。

私は、D-PadとMCSスイッチに関して言及してこなかったので、読者から「これは、MCSとD-Padが確定したということなのか」という質問がよく出てきた。
そうだ、X-T5にはMCSスイッチとD-Padが搭載されるだろう。

RUMOR: Fujifilm X-T5 with Dual SD-Card Slots (no CFexpress)

X-T5はデュアルSDカードスロットを搭載する予定だ(CFexpressとの互換性はない)。

私の撮影スタイル(超高速連写はしない)では、UHS-II SDカードは十分高速で、スムーズで快適な撮影体験ができる。CFexpressにお金をかける必要はない。家にあるたくさんのSDカードで十分だ。

とのこと。
X-H2とは異なり専用のモード切替レバーを搭載するみたいですね。個人的にはFnボタンで好みにカスタマイズできる自由度が魅力的と感じるものの、物理コントロールで素早くフォーカス設定を変更できるのは便利。しかし、カスタムモードごとにフォーカスモードを記憶させることが出来ないのは不便と感じるかもしれません。

ある程度は予想していましたが、X-H2とは異なりCFexpressには非対応とのこと。4000万画素の情報量を持つ大きなRAWファイルになると思われるので、SD UHS-IIと言えども高速連写時は書き込みに時間がかかりそう。とは言え、連写を重視するのであればX-H2SやX-H2を選べば良いので、連写が必要無い人にとってX-T5は最適な選択肢と言えそうです。

噂・情報のまとめ

太字は確定的な情報

X Summit TOKYO 2022

  • 2022年11月2日 午後10時開催

X-T5

  • 2022年11月2日
  • 4000万画素 非積層型CMOSセンサー
  • 積層型CMOSセンサーモデルは登場しない
  • ベースISOが160よりも低くなる
  • 縦位置グリップがない
  • X-T4よりも小さくなる
  • 9月のX Summitでは登場しない
  • 2022年11月
  • 3Wayチルトモニタを搭載する
  • 動画/静止画専用のサブダイヤルスイッチ
  • X-T4のようなジョイスティック
  • D-PadやMCSスイッチを搭載
  • デュアルSD UHS-IIカードスロット
  • 8K動画には対応していない
  • ブラック / シルバー
  • 1699ドル / 1999ユーロ

XF30mmF2.8 Macro

  • 2022年11月2日

その他

  • XF8mmF3.5:2023年
  • GF55mmF1.7:2023年
  • GFチルトシフトレンズ:2023年
    ・30mmF5.6

    ・21mmF4
    110mmF5.6

(Via XレンズロードマップGFレンズロードマップFuji Rumors)

参考情報

X Summit NYC 2022

X Summit OMIYA 2022

関連記事

-FUJIFILM, FUJIFILM関連の情報, Xシリーズ 一眼, カメラ, 噂情報
-,