FUJIFILM FUJIFILM関連の情報 Xシリーズ 一眼 噂情報

富士フイルムX-T5が2022年内に登場する可能性は高い?

Fuji Rumorsが富士フイルムに関する噂情報を発信。X-T5が2022年内に発表されるという噂を信頼できるソースから確認することが出来たと発信しています。なお、直近でのX Summitでは無い模様。

Fuji Rumors:Trusted Source Confirms: Fujifilm X-T5 Announcement in 2022

X-T5が2022年に発表されるという新規ソースからの噂の後、非常に信頼できるソースが私に連絡してきた。そのソースは、X-T5の発表が2022年であることを確認した。もう疑う余地がない。

X-H2S、X-H2ときて、その後すぐに発表されるのである。

9月8日午後2時(ニューヨーク時間)に開催される富士フイルムX Summitでは、X-H2とその他の機材(GF20-35など)が発表されるが、X-T5発表が無いのは100%確実だ。少なくとも完全な発表はない。X-Pro3のように開発の示唆はあるかもしれない。

いずれにせよ、X-H2の画質がどうであれ、X-T5も同じ画質のため、9月8日はX-T5について多くを語ることになるだろう。

とのこと。
X-H1の登場後、すぐにX-T3が登場したように、X-H2S / X-H2に続いてX-T5が登場するみたいですね。今のところX-T5はX-H2と同じく4000万画素の高画素センサーを搭載すると言われており、X-H2Sとは区別化されているようです。今のところ価格設定や発売時期は不明ですが、秋・冬になんらかの動きがあるかもしれませんね。

ポイント

太字は確定的な情報

X Summit NYC 2022

X-H2

  • X-H2S登場後に発表される
  • X-H2Sよりも安く、2500ドル以下
  • 4000万画素 CMOSセンサー
    ・X-Trans CMOS 5 HR
    ・積層型ではない
  • ベースISOが160よりも低くなる(ISO 125)
  • 1/180000秒
  • 8K 30p
  • ピクセルシフトマルチショット
  • ISO感度性能が向上している
  • ロゴ以外のデザインはX-H2Sと全く同じ
  • 1999ドル

X-T5

  • 4000万画素 非積層型CMOSセンサー
  • 積層型CMOSセンサーモデルは登場しない
  • ベースISOが160よりも低くなる
  • 縦位置グリップがない
  • 9月のX Summitでは登場しない

その他

  • XF8mmF3.5:2023年
  • XF30mmF2.8 Macro:2022年
  • XF56mmF1.2 II:2022年
  • GF20-35mm:2022年
    ・X Summit 2022 NYC
  • GF55mmF1.7:2023年
  • GFチルトシフトレンズ:2023年
    30mmF4
    ・21mmF4
  • タムロン望遠ズームレンズ

(Via XレンズロードマップGFレンズロードマップFuji Rumors)

参考情報

X Summit OMIYA 2022

関連記事

-FUJIFILM, FUJIFILM関連の情報, Xシリーズ 一眼, 噂情報
-