SONY α1 αE シリーズ カメラ デジタルカメラ総合

IMAGING RESOURCEがソニー「α1」のISO感度別作例を公開

IMAGING RESOURCEがソニー「α1」のISO感度別作例を公開。α7R IVやEOS R5と見比べると、高感度ISOのシャドウ側で少しノイズが多いようにも見えます。

α1 ILCE-1

IMAGING RESOURCE:Sony A1 First Shots: Browse our sample photos from Sony’s supercharged 50MP flagship camera

先月、ソニーはこれまでで最も野心的で技術的に進んだカメラの「α1」を発表した。
新開発の5000万画素センサー、新世代の画像処理エンジン、最大30コマ秒の連写撮影、8K動画撮影、鳥瞳AFなどを搭載し、見事なミラーレスであるα9/α9 IIを凌駕するフラッグシップカメラである。

α9シリーズが写真撮影やマルチメディアワークフローやスピードと性能を重視していたのに対し、α7Rシリーズの特徴である高精細な描写性能も実現しています。高解像度と高性能、そして動画面でのスペックを兼ね備え、まさに "万能カメラ "として設計されている。フォトジャーナリズム、スポーツ、野生動物、ポートレート、風景など、あらゆるジャンルの撮影に対応できる。

今回、ソニーα1のレビューサンプルを短期間借りることが出来た。
いつものようにレビュープロセスの最初は、定番のIMAGING RESOURCEラボを使ったファーストショットだ。前述したように、α1は新開発の5000万画素のフルサイズ積層型「Exmor RS」CMOSセンサーを搭載しており、6100万画素のα7R IVのすぐ下に位置する高解像度カメラである。

また「α7S III」で初めて採用された最新の画像処理プロセッサ「BIONZ XR」を搭載している。画質面で、常用ISO感度100~32000の範囲をカバーし、ISO50からISO102400まで拡張することが可能だ。その広いISO感度レンジに加え、新しいセンサーとプロセッサーにより、より良好な色精度と高ISO性能を備え、15ストップのダイナミックレンジを持つと言われている。

とのこと。
ページではα7R IVや似たような特性を持つEOS R5と比較していますが、Comparometerでさらに様々なカメラと見比べることが可能となっています。

IMAGING RESOURCEが掲載しているα7R IVやEOS R5のISO 3200と見比べると少しノイズが多く、ディテールが甘いように見えます。Comparometerで確認すると、ハイライトや中間域に劇的な差はありません。どうもシャドウ側のノイズが少し多い模様。ダイナミックレンジが僅かに狭いのかもしれません。

ローリングシャッター歪の低さや30コマ秒の高速連写の強みを優先する場合、このシャドウ側のノイズを許容できるかどうかが重要となりそう。既にDPReviewでもISO感度別の作例を公開しているので参考にしてみると良いでしょう。

ソニー「α1 ILCE-1」最新情報まとめページ

α1 ILCE-1
ソニー公式
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon ヤマダ PREMOA icon

ソニーα1関連記事

サイト案内情報

ソニー関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
Sony α 最大7万円 ~2021-5-9 2021-5-24
VLOGCAM ZV-1 1万円 ~2021-5-9 2021-5-24
LUMIX S・G 最大12万円 ~2021-2-14 2021-2-28
SIGMA fp 最大3万円 ~2021-5-18 2021-5-26

カメラのキタムラでカメラボディ・レンズを探す

ボディ

交換レンズ

-SONY, α1, αE シリーズ, カメラ, デジタルカメラ総合
-

© 2021 とるなら~写真道楽道中記~ Powered by STINGER