「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

とるなら~写真道楽道中記~

SONY α7R IV ILCE-7RM4 αE シリーズ 機材レビュー 海外の評価

DPReviewがα7R IVの2億4千万画素ピクセルシフトマルチショットをスタジオシーンに追加

DPReviewがソニー製フルサイズミラーレス「α7R IV」の2億4千万画素ピクセルシフトマルチショットをスタジオシーンテストに追加したようです。

  • α7R IVの注目機能の一つに16枚の画像を使用するピクセルシフトマルチショットがある。これは初めの撮影位置を中心として4枚の画像を撮影し、横に半ピクセルだけセンサーを移動しさらに4枚撮影、さらに半ピクセル移動し4枚撮影…と続け16枚の画像を撮影し、最終的に2億4千万画素の画像に変換する機能だ。
  • オリンパスやリコーイメージング、パナソニックのシステムとは異なり、ボディ内では合成画像を生成できない。ソフトウェアで処理する必要がある。
  • 合成処理に使う「ImagingEdge」には0~11の数値で「合成画像に現れる不自然な処理」を補正することが出来る。

DPReview:High resolution Sony a7R IV pixel shift images added to studio scene, sample gallery updated

オリンパスの手持ちハイレゾショットと並び、合成画像に16枚の元データを使用する高解像撮影機能となっているようです。特にα7R IVは元の撮影データが6100万画素と高解像なので驚異的な解像性能が期待できそうですね。

実際、DPReviewの作例を確認してみると細部までとても解像していることが分かります。レンズが2億4千万画素の解像性能に対応しているとは思えませんが、テストで使用しているFE85mm F1.4 GMを確認する限りでは良好なパフォーマンスを発揮してるように見えます。(ただしフレーム周辺部は少し甘くなっていますが…)

16枚の画像を合成しているため、高感度ノイズの抑制にもつながっている模様。ISO6400でも非常に高解像な画像データとなっている上、(ノイズは目立つものの)ISO51200やISO10240ですらしっかり解像しているように見えます。

α7R IVのレビュー・作例を集めるページはコチラ

サイト案内情報

α7R IV関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
FUJI GFX 最大15万円 -2020/1/13 2020/1/27
FUJI X 最大23万円 -2020/1/13 2020/1/27
トキナーレンズ 最大1万円 -2020/1/15 2020/1/20
サムヤンレンズ 3千円 -2020/1/15 2020/1/20
E-M1X+PROレンズ 最大7万円 -2020/1/13 2020/1/27
α7系+FEレンズ 最大5万円 -2020/1/13 2020/1/29
α6100・α6400 最大1.5万円 -2020/1/13 2020/1/29
EOS Rシステム 最大3.5万円 -2020/1/14 -2020/1/31
Z 50 最大2万円 -2020/1/14 -2020/1/31
LUMIX 最大10万円 -2020/1/13 2020/1/30
α6100 最大5千円 -2020/1/13 2020/1/29
X-A7 最大2万円 -2020/1/13 2020/1/27
EOS M6 Mark II 最大2万円 -2020/1/14 2020/1/31

-SONY, α7R IV ILCE-7RM4, αE シリーズ, 機材レビュー, 海外の評価

Copyright© とるなら~写真道楽道中記~ , 2019 All Rights Reserved.