「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

とるなら~写真道楽道中記~

カメラ デジタルカメラ総合 機材の噂情報・速報 海外機材情報

まさかのシャープ!2019CESで8Kマイクロフォーサーズカメラをひっそり展示?【海外機材情報】

投稿日:

43RumorsがCESにてひっそりと展示されているシャープの8Kカメラについて情報を発信しています。

スポンサーリンク

意外な伏兵登場

これはシャープの新しい8Kマイクロフォーサーズカメラの画像だ。

これは5,000ドル以下で買える最初の8Kカメラとなるだろう。これはプロトタイプであり、第2四半期に正式発表されるまでは仕様はまだ分からない。

我々が得た唯一の情報はH.265コーデックで8K 30pだと言うことだ。

シングルSDカードスロットに記録し、センサーシフト式手振れ補正と恐らく5インチのバリアングルモニタを搭載している。

このカメラはKinotikaが取り上げるまでCES初日には全く気付かれることが無かった。

とのこと。

コンパクトデジタルカメラから撤退したシャープが思わぬ伏兵となってCESに登場しているようです。

「え?これ本物なの?」というくらいCES初日に音沙汰が無かったですね。8K 30pならもう少し話題となっても良いと思うのですが…。実際、色々とネットで調べても特に情報は見つかりません。

これが本当の話だとして、マイクロフォーサーズで8Kと言うのは面白い流れですね。パナソニックはマイクロフォーサーズで8Kの導入は不可能では無いにせよ色々難しいと述べていましたが、まさかシャープからとは…。(パナソニックは将来的な8K動画やプロ志向のためにフルサイズを発表)

8Kでは少なくとも3300万画素が必要で、アスペクト比を考えるとさらに必要となってきます。マイクロフォーサーズとしては異色の高解像センサーですね。いったいどこから仕入れたセンサーなのか。

シャープはアストロデザインと8Kカメラを共同開発していたりします。アストロデザインはマイクロフォーサーズ規格に賛同しており、既にマイクロフォーサーズマウントの8Kカメラシステムを発表していますね。マウントはマイクロフォーサーズ、Super35mm相当のCMOSセンサーを搭載していたりするので、今回シャープが展示したカメラも同じような形式なのでしょうか?

何にせよ第2四半期でシャープの正式発表が気になるところ。43Rumorsでは記載していませんが、動画では「NAB(4月)かQ2」と述べていますね。

動画から判ること

  • シャープ製
  • 展示されているのはプロトタイプ
  • 小型軽量(BPCC4Kより小さい)
  • 5インチと思われるバリアングルモニタ
  • センサーシフト式手振れ補正内蔵
  • マイクロフォーサーズマウント
  • 8K 30p・1080p高フレームレート
  • シングルSDカードスロットのように見える
  • マイク端子・ヘッドホン端子
  • フルサイズHDMI端子
  • USB-C端子
  • mini XLR端子
  • 5,000ドル以下らしい
  • NABもしくは第2四半期に正式発表

スポンサーリンク

サイト案内情報

カメラ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

-カメラ, デジタルカメラ総合, 機材の噂情報・速報, 海外機材情報