Canonレンズ Canon関連の情報 RFレンズ カメラ レンズ 特許情報

キヤノンの「14mm F1.4 IS」「24mm F1.4 IS」に関する特許出願

2023年1月19日付けでキヤノンの気になる特許出願が公開。手振れ補正搭載の大口径広角レンズ「14mm F1.4 IS」「24mm F1.4 IS」を想定したかのような光学系の実施例を含んでいます。

概要

  • 【公開番号】特開2023-8471
  • 【公開日】2023-01-19
  • 【発明の名称】光学系及びそれを有する撮像装置
  • 【出願日】2021-07-06
  • 【分割の表示】P 2022000492の分割
    【原出願日】2017-11-20
  • 【出願人】
    【識別番号】000001007
    【氏名又は名称】キヤノン株式会社
  • 【課題】防振時において良好な光学性能を有する光学系及びそれを有する撮像装置を提供すること。
  • 【背景技術】
    【0002】
    従来、広画角かつ大口径比でありながら小型で高い光学性能を有しつつ、撮像画像のブレを補正する防振機能を備える光学系が提案されている(特許文献1参照)。
  • 【0004】
    しかしながら、特許文献1の広画角かつ大口径比の光学系では、防振時のコマ収差、色収差、及び片ボケの補正が困難である。
  • 【0005】
    本発明は、防振時において良好な光学性能を有する光学系及びそれを有する撮像装置を提供することを目的とする。
  • 【0018】
    像ブレ補正に際して、第2レンズ群L2は光学系L0の光軸に直交する方向の成分を含む方向へ移動し、第1レンズ群L1及び第3レンズ群L3は不動である。これにより、結像位置が移動し、防振が行われる。光学系L0の中間位置に配置された第2レンズ群L2を防振レンズ群とすることで、軸外光束の光線高さが比較的低く、防振レンズ群である第2レンズ群L2を小型化することができる。

実施例1

  • 焦点距離:14.30
  • F値:1.44
  • 半画角:56.5
  • 全長:123.69
  • バックフォーカス:12.15

実施例3

  • 焦点距離:24.48
  • F値:1.44
  • 半画角:41.47
  • 全長:108.53
  • バックフォーカス:13.46

手振れ補正を搭載する大口径の超広角レンズ・広角レンズに関する特許出願ですね。14mmの超広角でF1.4をカバーしていることだけでも注目に値しますが、さらにレンズ群「L2」を手振れ補正に使用するとしています。F1.4の大口径で、ボディ側と協調補正に対応する超広角レンズは手持ち撮影に最適と言えるかもしれません。「RF14mm F1.4 L IS USM」と言ったところでしょうか?フォーカスは後群で複数枚のレンズを動かすのでリングUSMのようなトルクが必要に見えます。

同時に、実施例3にて「24mm F1.4 IS」となりそうな光学系の実施例を掲載。現在のRFレンズラインアップに不足している大口径の広角レンズであり、これはこのまま登場してもおかしくないように見えます。とはいえ、特許出願の存在で将来に登場する製品が確定するわけではありません。過度な期待は禁物です。

参考:RFレンズラインアップ一覧

RF ズームレンズ
RF 単焦点レンズ
RF-S レンズ

特許関連記事

-Canonレンズ, Canon関連の情報, RFレンズ, カメラ, レンズ, 特許情報
-