とるなら~写真道楽道中記~

「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

Irix 15mm F2.4は見事な画質でプレミアムな鏡筒のレンズ【海外の評価】

      2017/07/27

LenstipがスイスIrix「Irix 15mm F2.4  Blackstone」のレビューを掲載しています。

Lenstip

Blackstone版のレビューです

  • 絞りの制御はカメラ側から行う。このレンズとキヤノンの組み合わせではF2.4の設定値を使う事が出来ない。絞り開放の表示はF2.5となる。
  • レンズマウント部周囲に「スイス設計・韓国製造」と表記されている。
  • 鏡筒には被写界深度指標が印字されている。これは指標を持たないSamyang「14mm F2.8 IF ED UMC Aspherical」と比べて大きな改善点だ。しかし、より幅広い指標を持つMilvusと比べると平凡だ。AF対応のキヤノンレンズでもF5.6までは指標がある。
  • 幅32mm、回転角145°のマニュアルフォーカスリングは良好に減衰され、滑らかに動作する。さらにフォーカスリングをロックする機構が別で設けられている。さらにこのフォーカスリングには無限遠でクリックストップする機構まで有する。
  • このレンズの回転角はSamyang「14mm F2.8 IF ED UMC Aspherical」の250°と比べると狭い。
  • このレンズの前玉は出目金で47mm径だ。これは15mm F2.4というスペックを考慮すると大きなものでは無い。
  • 鏡筒はアルミとマグネシウムの複合材料で構成されている。4か所のゴムガスケットによる防塵防滴仕様だ。
  • 刻まれたマーキングは蛍光塗料が塗ってあるため、暗所での視認性が高まっている。
  • レンズは細部まで作りこまれており、抜群の仕上がり具合だ。質感・操作性は全く問題無く、最高級機材という印象を持つことだろう。
  • 豊富な付属品は本当に見事なものだ。フロントキャップ・2つのリアキャップ・操作窓付の花形フード・金属製のハードケースが入っている。
  • 中央解像力はとても良好だ。絞り開放から良像の基準値を超えており、絞ると急速に向上する。ピークはF5.6で45lpmmという本当に高い数値に達する。
  • ここではライバルのSamyang「14mm F2.8 IF ED UMC Aspherical」は絞り開放から44lpmmと素晴らしい性能を発揮し、絞ることで46lpmmまで向上する。
  • 面白いことにAPS-Cフレームにおける解像力は四隅まで中央と似た性能となっている。これは優れたレンズだ。ピークのパフォーマンスはSamyangよりも良好だ。
  • 大幅な解像力の低下はフルフレームにおける隅だけだ。絞り開放でシャープさを期待することは出来ないが、F4~F5.6まで絞ると許容できる数値となる。絞り開放における隅の解像力はSamyangが良好だが、絞り込むとIrixが上回る。
  • 一般的なレンズは解像力テストをここで終了する。近距離のチャートテストと遠距離のテストの違いが10~15%以上にはならないためだ。しかし、このレンズでは状況が異なる。このレンズは明らかに無限遠側で良好となるように設計されている。近距離の被写体では解像力が低下するだろう。
  • このレンズの小さな前玉から解像力には期待していなかったが、この結果には驚かされた。
  • 軸上色収差は全く問題が無い。完璧だ。
  • 倍率色収差の大部分の結果は0.03~0.06%と非常に低数値をキープしている。色収差の値が最も大きいところで0.13%のSamyangよりも良好だ。
  • 球面収差に関する問題は特に発生していない。
  • Samyangの歪曲収差は災害レベルだったが、Irixの歪曲収差はとても素晴らしいまでに補正されている。この結果は非常に高価なキヤノンよりも良好だ。
  • コマ収差はAPS-Cフレームでは全く確認できない。フルフレームの場合には目に見える形となっており、この結果はSamyangよりも少し悪い。
  • 非点収差は3.1%と問題にならない程度だ。Samyangがより良好だが、2つのレンズにおける差は誤差の範囲でしかない。
  • ボケはこのカテゴリのレンズとしてはかなり良好だ。
  • APS-Cフレームにおける周辺減光は絞り開放のみ目立つ。F4~F5.6まで絞るとほとんど解消する。
  • フルフレームにおける周辺減光は小さな前玉と絞り値から想像できるようにとても目立つ。この数値はこれまでテストしてきた中でも最高と言えるものだ。F4まで絞っても高い数値を示すが、F5.6~F8まで絞ると問題にする必要が無くなる。
  • このレンズの複雑なレンズ構成から想像できるように、逆光耐性は良くは無い。しかしながら絞り開放における結果はそこまで悪くない。

長所:防塵防滴で見事なデザインのしっかりとした鏡筒・センセーショナルな中央画質、良好なAPS-Cフレームの画質、目に見えないほどの軸上色収差、低倍率色収差、球面収差の問題が無い、ライバルと比べてとても良好な歪曲収差、とても低い非点収差、この画角のレンズとしては良好なボケ、とても豊富な付属品

短所:フルフレームにおける恐ろしい量の周辺減光、逆光耐性

Samyang「14mm F2.8 IF ED UMC Aspherical」のレンズ設計者は歪曲収差やフィルタースレッドなどの点で妥協している。比べてこのレンズは良好な歪曲収差やより大きなレンズ口径を実現し、さらにフィルタースレッドを設けるのは難しい設計だっただろう。周辺減光が大きくなる犠牲を伴ったが、それでも価値のある取捨選択だ。

さらに全体的にとてもシャープな画質で、色収差やコマ収差は低いレベルに抑えられている。このような難しいパラメーターのレンズとしては称賛に値する結果だ。

このレンズのレビュー・作例を集めるページはコチラ

購入早見表

例のごとく、一応早見表を作成しました。稀に中古品を見つけることが出来ますが、あとは恐ろしい値札を付けた並行輸入品のみです。PayPalを使う事が出来る環境ならば個人輸入した方が圧倒的に安いかもしれません。

楽天市場 Amazon Yahoo
Irix 15mm F2.4 Firefly 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
Irix 15mm F2.4 Blackstone 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報

Flickr


サイト案内情報

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

関連ページ

Canon EFマウント 広角域 標準域 中~望遠域
Canon EF-Mマウント EF-Mシステム一覧
Canon FDマウント レンズ一覧
Nikon Fマウント 広角域 標準域 中~望遠域 
1 NIKKOR(CX) 一覧
PENTAX Kマウント 広角域 標準域 中~望遠域
Kマウント オールドレンズ一覧表
PENTAX 645マウント レンズ一覧表
SONY Eマウント 広角域 標準域 中~望遠域
SONY Aマウント 広角域 標準域 中~望遠域
FUJIFILM Xマウント 広角域 標準域 中~望遠域
マイクロフォーサーズ マウント 広角域 標準域 中~望遠域
フォーサーズ マウント 広角域 標準域 中~望遠域
新興レンズメーカー一覧 中一光学 Laowa Samyang

 - カメラ, レンズ, 機材レビュー, 海外の評価