とるなら~写真道楽道中記~

「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

Laowa 7.5mm f/2 MFTは創造力を刺激するコンパクトな超広角【海外の評価】

      2017/08/05

ePHOTOzineが「Laowa 7.5mm f/2 MFT」についてレビューを掲載しています。

私も現在愛用中。印象はePHOTOzineの通りと言った感じですね。言及されていませんが、周辺減光が強いため後処理抜きで使うのならばF8までは絞って使うと良いでしょう。

ePHOTOzine

  • このレンズはフード無しの場合163gと非常に控えめな重量だ。9群13枚のレンズ構成(両面非球面レンズ2枚・EDレンズ2枚)でこれほど小型な鏡筒に抑えられているのは注目に値する。
  • 前玉は出目金レンズだが予想よりもかなり小さい。
  • レンズはフードを含めて金属製で、仕上がりは良好だ。
  • フードは非常に固く、装着は滑らかさが欠けている。しかし、それは一方でフードがズレ難い事を意味している。
  • マニュアルフォーカスリングは滑らかで実用的だ。
  • 絞りリングは適切な量のクリックストップが発生する。
  • 中央解像力はF2からF5.6まで際立って良好だ。F8からF11までは優れてた解像力を発揮し、F16でもまで良好だ。F22まで絞るとソフトな描写となる。
  • 隅の解像力は絞り開放から非常にシャープとは言えないが、F2からF11まで非常に良好な水準を保っている。F16まで絞ってもなお良好で、F22のみソフトな描写となる。
  • 色収差はフレーム中央でとても良好に補正されている。隅では色収差を見つけることが出来るものの、このカテゴリのレンズとしてはとても良好な結果だ。
  • 歪曲収差はー2.87%の樽型歪曲だ。この結果は非常にまともで、後処理を施すことも出来るが必要ない場合の方が多いだろう。
  • フレアは十分抑えられている。極端なシーンではフレアこそ発生しないものの、ゴーストが発生する。

このレンズはフォトライフの妨げにならない素晴らしい小さなレンズだ。使いやすく、素晴らしい光学性能、そしてユニークなレンズの明るさを持っている。新しい可能性を秘めた超広角レンズだ、

長所:全体的にとてもシャープ・中央の色収差が少ない・フレア耐性・軽量コンパクト・軽量モデルの存在・合理的な価格・接写性能・創造力を掻き立てられる

短所:隅の色収差・マニュアルフォーカス限定・耐候性無・レンズフードがとても固い

Laowa 7.5mm f/2 MFTについてのレビューや作例を纏めるページはこちら

購入早見表

楽天市場 Amazon カメラのキタムラ Yahoo
 Laowa 7.5mm f/2 MFT C-Dreamer 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報

サイト案内情報

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

関連ページ

Canon EFマウント 広角域 標準域 中~望遠域
Canon EF-Mマウント EF-Mシステム一覧
Canon FDマウント レンズ一覧
Nikon Fマウント 広角域 標準域 中~望遠域 
1 NIKKOR(CX) 一覧
PENTAX Kマウント 広角域 標準域 中~望遠域
Kマウント オールドレンズ一覧表
PENTAX 645マウント レンズ一覧表
SONY Eマウント 広角域 標準域 中~望遠域
SONY Aマウント 広角域 標準域 中~望遠域
FUJIFILM Xマウント 広角域 標準域 中~望遠域
マイクロフォーサーズ マウント 広角域 標準域 中~望遠域
フォーサーズ マウント 広角域 標準域 中~望遠域
新興レンズメーカー一覧 中一光学 Laowa Samyang

 - LAOWAレンズ, カメラ, レンズ