FUJIFILM OLYMPUS/OMDS PEN X-E4 Xシリーズ 一眼 カメラ デジタルカメラ総合 機材の噂情報・速報 機材比較

「PEN E-P7」と「X-E4」の外観やスペックの違い

このページでは「PEN E-P7」と「X-E4」の外観やスペックの違いを見比べています。

更新履歴

  • 2021-06-18:OMデジタルソリューションズ「PEN E-P7」が登場したので、競合しそうな富士フイルム「X-E4」と外観やスペックを見比べるページを作成しました。

基本情報と価格の確認

E-P7 X-E4
発売日 2021年6月25日 2021年2月25日
希望小売価格 オープン オープン
初値 ¥84,150 ¥98,010
商品ページ 商品ページ
仕様表 仕様表
データベース データベース
説明書 説明書

PEN E-P7

ポイント

  • ボディ内手ぶれ補正・電子手ぶれ補正
  • SD UHS-II
  • 2つのコマンドダイヤル
  • クリエイティブコントロールダイヤル
  • フラッシュ内蔵
  • オートモード・APモード・SCNモード
  • 豊富なフィルター効果
  • 対応レンズが小さい

同価格帯のAPS-Cミラーレス「X-E4」と見比べると全体的に苦戦必至。ボディ内手ぶれ補正やマイクロフォーサーズの小型システム、カラー・モノクロプロファイルに活路を見いだせない場合はX-E4を検討したほうが幸せになれる可能性が高い。とは言え、手ぶれ補正やレンズを含めたシステムサイズを重視するのであれば、問答無用でE-P7が選択肢となる。
ただし、コントラストAFやセンサーサイズ差からくる画質差、決定的な動画仕様の差など、妥協すべき点も多いので注意が必要。そもそも論としてアッパーミドルなX-E4に対して、エントリーに近いE-P7を同じ土俵で比べるのが間違っているのです。(かんたん操作を重視するのであればE-P7を要検討)

PEN E-P7 ボディ シルバー
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon ヤマダ PREMOA icon
PEN E-P7 ボディ ホワイト
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon ヤマダ PREMOA icon
PEN E-P7 14-42mm EZレンズキット シルバー
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon ヤマダ PREMOA icon
PEN E-P7 14-42mm EZレンズキット ホワイト
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon ヤマダ PREMOA icon

X-E4

ポイント

  • AFジョイスティック
  • APS-Cセンサー・最新プロセッサ
  • アンチフリッカー機能
  • 像面位相差AF対応
  • AFCカスタマイズ
  • 豊富なMFアシスト
  • 1/32000秒の高速シャッター
  • 30コマ秒の連写速度
  • ISO低速限界設定
  • プリ連写機能
  • OLEDファインダー
  • 高解像で機能的なモニター
  • 高性能な動画仕様
  • 豊富な仕上がり設定
  • ヘッドホン・マイク対応
  • USB給電

性能・機能を考慮すると、コストパフォーマンスが高いのは間違いなくX-E4。マイクロフォーサーズと比べてレンズのサイズ・コストが負担となるものの、許容できるのであればXマウントシステムのほうがおススメ。このカメラにボディ内手ぶれ補正は無いものの、近い価格設定でX-S10を購入することが可能。
さらにOLEDファインダーや高解像モニターを搭載し、マイク・ヘッドホンなどにも対応。小ぶりながら充実したインターフェースを備えている。

X-E4 ボディ ブラック
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon ヤマダ PREMOA icon
X-E4 ボディ シルバー
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon ヤマダ PREMOA icon
X-E4 レンズキット ブラック
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon ヤマダ PREMOA icon
X-E4 レンズキット シルバー
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon ヤマダ PREMOA icon

外観の違い

正面

背面

上面

スペックの違い

イメージセンサー

E-P7 X-E4
センサーサイズ 4/3 APS-C
センサー形式 Live MOS 表面照射型 X-Trans CMOS IV 裏面照射型
有効画素数(万画素) 約2030万画素 2610
最大記録画素 5184×3888 6240×4160
アスペクト比 4:3
3:2
16:9
1:1
3:4
3:2
16:9
1:1
ローパスフィルター - -
手振れ補正(補正段数) 5軸4.5段 -
光学IS連携(補正段数) - -
除塵機能 SSWF 超音波

E-P7とX-E4ではセンサーサイズが異なり、X-E4がより大きなセンサーを搭載。使用しているX-Trans CMOS 4は比較的新しい設計であり、APS-Cセンサーの中でも良好なパフォーマンスを発揮するモデルです。
一方でE-P7に搭載している4/3型 Live MOSはPEN-F時代から使用している少し古めのセンサーです。それでも4/3型の中では良好な性能ですが、最新APS-Cセンサーと比べると苦しい。

Photons to Photosのデータベースにある同型センサーを使ったと思われるカメラを比較したのが以下のグラフ。

全体的にX-E4のほうが良好なダイナミックレンジを備えており、ベースISO感度では約1EVの差がある模様。この差は風景など輝度差の大きなシーンでRAWデータの柔軟性が変わってきます。センサーベースの画質はX-E4に軍配が上がると見て間違いない。
その一方、E-P7の強みとして4.5段分の補正効果を持つ5軸ボディ内手ぶれ補正を搭載しています。スローシャッターでISO感度を低く抑えることが出来るシーンならば、X-E4との画質差を補うことが可能です。(特に光学手ぶれ補正を搭載していない単焦点レンズや広角ズームなど)

X-E4は電子手ぶれ補正も無いため、動画撮影時に手ぶれを抑える機能がボディにありません。三脚で固定するか、レンズ側の手ぶれ補正が必須となります。その点、E-P7はボディ内手ぶれ補正に加え、電子手ぶれ補正を組み合わせて使用することも出来ます。

プロセッサー

E-P7 X-E4
画像処理エンジン TruePic VIII X-Processor 4
RAW出力形式 12bitロスレス 非圧縮/ロスレス 14bit
TIFF出力 - -
記録メディア SDXC UHS-II SD UHS-I
メディアスロット 1 1

X-E4は最新モデルらしく、2021年現在で最も新しいプロセッサを搭載。AFや機能性は上位機種に引けを取らないスペックとなっています。
E-P7は最新「TruePic IX」ではなく、1世代前のプロセッサを搭載。AFアルゴリズムは改善されていると思われますが、やや残念なポイント。ただし、SDカードスロットはUHS-IIに対応しており、連写撮影時のバッファクリアは良好です。

露出

E-P7 X-E4
測光方式 324分割ESP 256分割測光
測光範囲 中央重点
スポット
スポット ハイライト
スポット シャドー
マルチ
スポット
アベレージ
中央重点
露出モード AUTO
P/A/S/M
バルブ(M)
タイム(M)
コンポジット(M)
SCN
AP
Art
P/A/S/M
バルブ
常用ISO感度 200-25600 160~12800
拡張ISO感度 100 80/100/125/25600/51200
露出補正 ±5EV ±5EV
フリッカー低減 - 対応
DR補正 対応 AUTO/100%/200%/400%

X-E4はフリッカー低減機能に対応しており、人工光源でのちらつきを予防することが可能です。オリンパスはOM-Dの一部機種で対応しているものの、E-P7では利用することができません。

E-P7は比較的エントリー寄りのインターフェースとなっており、特殊な撮影機能が「APモード」にまとまり使いやすくなっています。手軽に使える反面、調整値の制限が強く、これらの撮影機能をメインで使おうとすると不自由と感じるかもしれません。その場合はE-P7ではなく、オリンパスのOM-D E-M5系・E-M1系を検討すべし。

X-E4に無いモードとして、シーンモードがあります。富士フイルムもX-E3にはシーンモードがありましたが、X-E4にはありません。ただし、シャッターダイヤルの「P」を選ぶことでプログラムオートを利用することが可能です。

オートフォーカス

E-P7 X-E4
AF方式 コントラスト ハイブリッド
測距点(位相差) - 425点
測距点(コントラスト) 121点
カバーエリア 不明 約100%
測距輝度範囲 不明 -7EV
F1.0レンズ
フォーカスモード S-AF
C-AF
MF
S-AF+MF
C-AF+TR
S-AF
C-AF
MF
測距エリアモード オール
シングル
グループ 9点
シングル
(可変)
ゾーン
(可変)
ワイド
トラッキング
顔検出 対応 対応
瞳検出 対応 対応
追従特性カスタマイズ - 被写体保持特性
速度変化特性
ゾーンエリア特性
被写体検出機能 - -
縦/横位置切替 - -
MFアシスト ピーキング ピーキング
被写界深度表示
D.スプリット
D.マイクロP
ライブビュー拡大 3~14倍 ~6倍
AFリミッター

富士フイルムは像面位相差AFに対応する425点のAFシステムを実装。ソニーやキヤノンの最新モデルと比べると見劣りするものの、コントラスト検出ベースのオリンパスよりは良好に機能します。特に滑らかさが重要となる動画撮影時に大きな差となる可能性が高い。さらに富士フイルムは追従特性のカスタマイズをX-E4にも開放しており、細かい調整が可能。ソフトウェアのAFリミッターにも対応。
さらに、MFアシスト機能を3種類用意しており、撮影スタイルに合わせた設定を利用できるのは凄い。ただし、拡大倍率が6倍止まりで、ピントの微調整はE-P7のほうが快適です。

ドライブ

E-P7 X-E4
シャッター速度 60~1/4,000秒 15分-1/4000秒
電子先幕シャッター 60~1/320秒 -
電子シャッター速度 60~1/16,000秒 15分-1/32000秒
フラッシュ同調 1/250秒以下 -1/180秒
高速連続撮影 AF/AE固定 約8.7コマ秒(メカ)
約15コマ秒(電子)
約30コマ/秒:
電子(×1.25クロップ)
8コマ秒
(メカ)
高速連続撮影 AF/AE追従 約5コマ秒(メカ)
約6.3コマ秒(電子)
約30コマ/秒
電子(×1.25クロップ)
8コマ秒
(メカ)
連続撮影枚数 RAW ∞
(8.7fps)
RAW 42コマ
(15fps)
8fps
ロスレスRAW 18コマ
非圧縮RAW 18コマ
特殊連写 - -
低速限界設定 - 対応
プリ連写機能 - 前10コマ・後15枚
(30fps)
セルフタイマー 1~30秒
1~10枚
間隔調整
2/10秒

どちらもメカニカルシャッターは最速1/4000秒ですが、電子シャッターはX-E4が1段分速い1/32000秒に対応。F1.2やF0.95など、非常に明るいレンズを明るい環境で使う際に差が付くと思われます。
連写速度はX-E4が圧倒的ですが、SDカードがUHS-Iまででバッファクリアが遅い。そのため、同じ8コマ秒連写だと、E-P7のほうが撮影枚数が伸びやすい。

E-P7には低速限界設定が無いため、絞り優先AEなどで手ぶれ・被写体ぶれを抑えるシャッタースピードを設定することが出来ません。必要であればシャッタースピード優先AEやマニュアルモードを使用する必要があります。

ファインダー・モニター

E-P7 X-E4
ファインダー方式 - 0.39型 OLED
ファインダー解像度 - 236万
視野率 - 約100%
アイポイント(mm) - 17.5
最大ファインダー倍率 - 0.62倍
視度調整範囲 - -4~+2m-1 
リフレッシュレート -
備考
モニター形式 TFTカラー TFTカラー
モニター解像度(ドット) 約104万ドット 162万
モニターサイズ 3.0型 3.0型
可動方式 チルト
上80度
下180度
チルト
タッチパネル 対応 対応
備考 タッチパッドAF タッチFn
タッチパッドAF
(範囲指定可能)

X-E4は236万ドットのOLEDファインダーを搭載するうえ、E-P7よりも高解像なモニターを搭載。タッチ操作にも対応しており、Qメニューの操作や上下左右にフリックで呼び出すことができるタッチFnにも対応と機能的。
E-P7はファインダー非対応で、外付けEVFを利用することも出来ません。背面モニタは従来通りの104万ドットであり、これと言って高解像でもなし。タッチ操作に対応しているものの、機能呼び出しは出来ません。スーパーコンパネとタッチAFには対応しています。

動画

E-P7 X-E4
映像記録方式 MPEG-4AVC/H.264 MPEG-4 AVC/H.264
音声記録方式 LPCM LPCM
AAC
記録形式 MOV MOV
MP4
4K 4K UHD
30/25/24p 102Mbps
24-30p
(UHD/DCI)
~200Mbps
LGOP
FHD 60p/50p/30p/25p/24p
IPB
52Mbps
~240p
200Mbps
LGOP
動画クロップ - Full
×1.29
ハイスピード HD 120fps FHD 240fps
連続撮影制限 約29分 4K 30分
FHD 30分
外部出力 モニターモードのみ 4K 30p 4:2:2 10Bit
タイムラプス動画 対応 -
動画撮影機能 ムービーエフェクト
ムービーテレコン
アートフィルター動画
クリップス
F-Logアシスト
ゼブラ
タリーランプ
タイムコード
動画プロファイル - F-Log
電子手ぶれ補正 対応 -

X-E4の動画仕様は上位機種に近い性能を持ち、LOG撮影やHDMI出力に対応。4K 60pこそないものの、汎用性の高いスペックとなっています。ただし、ボディ単体で手ぶれ補正が一切使えないのが悩ましいところ。手ぶれ補正が必須の場合は近い価格帯のX-S10を選ぶべき。
E-P7はエントリー寄りの仕様のため、操作は簡単ですが、本格的な撮影には自由度が物足りないと感じるかもしれません。(そもそも論として動画メニューにモード設定が無い)

作画機能

E-P7 X-E4
HDR撮影 対応 対応
多重露光 2枚 最大9枚
インターバル撮影 ~999枚 撮影間隔
撮影回数
開始時刻設定
露出平準化
高解像撮影 - -
ブラケット AE/Focus AE/Film/DR/ISO/WB/Focus
その他特殊撮影 2軸デジタルシフト
ライブバルブ
ライブコンポジット
パノラマ
パノラマ
ボディ内RAW現像 対応 対応
仕上がり設定 9種 18種
プロファイル調整機能 シャープネス
コントラスト
彩度
諧調
H&S
カラーP 4枠
モノクロP 4枠
シャープ
彩度
コントラスト
グレインエフェクト
カラークロームエフェクト
カラークロームブルー
モノクロカラー
明瞭度
トーン調整
画質カスタム7枠
ホワイトバランス オート
プリセット6種
ワンタッチWB
色温度
AWB
・白優先
・雰囲気
晴れ
日陰
蛍光灯1~3
電球
水中
色温度
オート
デジタルフィルター 16種 8種

E-P7はカメラ前面にクリエイティブコントロールダイヤルを搭載し、「モノクロプロファイル」「カラープロファイル」を自由に呼び出すことが出来ます。この機能を使うと、12分割した各色で個別に彩度やフィルター効果を調整することが可能。さらにトーンやシェーディングを調整してカラー・モノクロ4枠に登録することが出来ます。

一方のX-E4は18種類のフィルムシミュレーションを搭載。さらにカラークロームエフェクトや明瞭度などでカスタマイズが可能です。E-P7ほど自由度はありませんが、そもそも個性の強いフィルムシミュレーションが揃っているので問題は無いかと思います。

インターフェース

E-P7 X-E4
デジタル端子 USB 2.0
Micro-B
USB 3.2 Gen1×1
特殊端子 - -
シンクロ端子 - -
HDMI端子 D D
外部マイク端子 - 3.5mm
ヘッドフォン端子 - USB経由
リモコン端子 - 3.5mm
ワイヤレスリモコン - -
WiFi 802.11b/g/n 802.11b/g/n
Bluetooth Ver.4.2 4.2
NFC - -
GPS - -
環境センサー - -
テザー撮影 - -
電子水準器 2軸 搭載
フラッシュ GN5.4 -

注意したいポイントはE-P7はマイクもヘッドホンも使えないということ。特に動画撮影時に外付けマイクが使えないので、音質を気にする場合は別の選択肢を考慮すべし。X-E4はマイク入力に対応するほか、USB-C経由でヘッドホンも利用できます。また、X-E4は3.5mmジャックでリモートレリーズにも対応しています。

電源・ボディ

E-P7 X-E4
バッテリー BLS-50 NP-W126S
縦位置グリップ - -
USB充電 対応 対応
USB給電 - 対応
撮影可能枚数
静止画
約360枚 380枚
ボディ材質 プラスチック マグネシウム合金
(上)
ボディサイズ 幅 118.3 121.3
ボディサイズ 高 68.5 72.9
ボディサイズ 奥 38.1 32.7
質量(メディア・バッテリー含) 337 364g
質量(ボディのみ) 289 315g
防塵防滴 - -
動作温度 0~+40℃ 0℃~40℃

バッテリーライフは似ていますが、X-E4はUSB-PDでの給電動作に対応しています。このため、モバイルバッテリーで長時間の動画撮影にも使うことが可能。長時間のインターバル撮影も可能。
ボディサイズはE-P7のほうが小さいものの、X-E4と比べて驚くほどのサイズ差ではありません。とは言え、組み合わせるレンズはマイクロフォーサーズのほうが小さいため、システムサイズはE-P7のほうが有利となる可能性大。

サイト案内情報

比較記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
XF・GFレンズ 最大20万円 -2021/9/20 2021/10/4
ZV-1 1万円 -2021/8/1 2021/8/16
α7 Series&レンズ 最大5万円 -2021/8/1 2021/8/16
E-P7&レンズ 景品&Giftカード -2021/9/30 2021/10/14
EOS R5 景品 -2021/7/26 2021/8/31
EOS R/M 最大3万円 -2021/7/26 2021/8/31
Z 5 最大3万円 -2021/10/4 2021/10/22
LUMIX S5 最大3.5万円 -2021/6/7 2021/6/18
LUMIX GH5 II 最大2万円 -2021/8/29 2021/9/12

-FUJIFILM, OLYMPUS/OMDS, PEN, X-E4, Xシリーズ 一眼, カメラ, デジタルカメラ総合, 機材の噂情報・速報, 機材比較
-,

© 2021 とるなら~写真道楽道中記~ Powered by STINGER