Canon EOS R5 EOS R6 カメラ デジタルカメラ総合 機材比較

「EOS R5」と「EOS R6」の外観・スペックの違い

EOS R6とR5の比較

このページでは「EOS R5」と「EOS R6」の外観やスペックの違いを見比べています。

更新履歴

  • 2020-07-20:全体的に管理人のコメントを追加しました。
  • 2020-07-10:一部数値を訂正しました。
  • 2020-07-09:正式発表を受けて現在更新中です(更新完了)
  • 2020-07-05:7月9日に正式発表と予告されている「EOS R5」「EOS R6」の製品画像とスペックが出回り始めたので比較ページを作成しました。追加情報のリークや正式発表後に再度更新予定です。

基本情報と価格の確認

EOS R5 EOS R6
発売日 2020-7 2020-8
希望小売価格 - -
初値 ¥455,400 ¥301,950
- 商品ページ 商品ページ
- 仕様表 仕様表
- データベース データベース

EOS R5

EOS R5の強み

  • 4500万画素の高解像センサー
    (×1.6クロップでも実用的な解像度)
  • ドットマトリクス液晶モニタ
  • 高度な防塵防滴仕様
  • マグネシウム合金ボディ
  • CFexpressカード対応
  • シャッターユニット耐久回数
  • 高解像ファインダー・モニター
  • 8K RAWなど高度な動画機能
  • 5GHz WiFi・Bluetooth LE 5.0
  • ワイヤレストランスミッターWFT-R10B対応

EOS Rシリーズで妥協しない最もベストな選択肢。現状、EOS Rシリーズのハイエンド。特に解像性能や動画仕様、通信機能そしてボディの作りで上位機種としての差別化が施されています。ただし、高価なCFexpressカードやワイヤレストランスミッターが必要となる場合もあるので、ある程度の追加投資は覚悟しておくべき。

小難しい話は置いておくとして、キヤノンで実用的なAPS-Cクロップを利用したい場合は他に選択肢がありません。(EOS 5Dsシリーズを除く)

EOS R5
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon ヤマダ PREMOA icon

EOS R6

EOS R6の強み

  • 低価格ながら似通った操作性
  • 低価格ながら似通ったAF性能
  • 低価格ながら似通ったドライブ性能
  • EOS-1D X Mark III由来で実績のあるセンサー
  • 低画素のためデータ容量が小さい
  • 高感度ISO性能・低照度AF性能
  • やや良好なバッテリーライフ
  • 少しだけ軽い

R5より低価格ながら、多くのカテゴリで同等の性能を引き出すことが出来るパフォーマンスモデル。専門的な8K・通信機能が必要なく、高解像・実用的なAPS-Cクロップが必要無ければEOS R6がおススメ。

比較的バッテリーライフが良好、そしてSDXC UHS-IIカードでR5と同等のバッファ(CFexpress使用時)を引き出せるのは地味に経済的。

EOS R6・ボディー
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon ヤマダ PREMOA icon
EOS R6・RF24-105 IS STM レンズキット
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon ヤマダ PREMOA icon

外観の違い

正面

EOS R6とR5の比較

管理人
似た外観のカメラですが、ボディ素材が異なります。EOS R5はマグネシウム合金ボディ・EOS R6はポリカーボネイトボディです。その他、EOS R5はカメラ前面にN3端子のケーブルレリーズ端子を搭載。どちらも赤外線リモコンに対応しています。

背面

EOS R6とR5の比較

管理人
ファインダーやモニターの解像度とサイズがやや異なるものの、全体的な操作性は同じです。5D・6Dの関係性と比べると、R6の操作性が上位機種とほぼ同等であるのは評価すべきポイント。

上面

EOS R6とR5の比較

管理人
モード操作とサブモニタの違いが顕著。シャッターボタン周辺のボタン配置は同等です。グリップの形状が僅かに異なりますが、これがハンドリングに大きな違いを生むことは無いはず。

防塵防滴

管理人
外装の素材以外で大きく異なるポイント。R5は5Dシリーズに匹敵する防塵防滴仕様、R6は6Dに匹敵する防塵防滴仕様。個人的に6Dの防塵防滴仕様で困ったことはありませんが、厳しい環境での撮影が多いのであればEOS R5が無難でしょう。

スペックの違い

イメージセンサー

EOS R5 EOS R6
センサーサイズ フルサイズ フルサイズ
センサー形式 DP CMOS DP CMOS
有効画素数(万画素) 約4500万画素 約2010万画素
最大記録画素 8192×5464 5472×3648
アスペクト比 3:2
×1.6
1:1
4:3
16:9
3:2
×1.6
1:1
4:3
16:9
ローパスフィルター あり あり
手振れ補正(補正段数) ~8段分 ~8段分
光学IS連携(補正段数) ~8段分 ~8段分
除塵機能 シャッター閉幕機能
超音波
シャッター閉幕機能
超音波
管理人
2機種で大きな違があるポイント。
EOS R5は新開発の高解像センサーを搭載。高解像ながら、8K 30p RAW出力や20コマ秒連写に対応するパフォーマンスを備えています。どちらも×1.6倍クロップを利用できますが、実用的な解像性能を備えているのはR5。
(参考 ×1.6クロップ画素数:R5=1730万画素・R6=770万画素)

EOS R6はEOS-1D Mark IIIにも採用されているイメージセンサーをカスタマイズ。GDローパスフィルターこそ使っていないものの、1D X Mark IIIと同じ高速連写や高速ローリングシャッターを期待できます。

プロセッサー

EOS R5 EOS R6
画像処理エンジン DIGIC X DIGIC X
RAW出力形式 14bit
RAW
C-RAW
DPRAW
14bit
RAW
C-RAW
その他出力形式 HEIF HEIF
記録メディア CFexpress B
SD UHS-II
SD UHS-II
メディアスロット 2 2
管理人
EOS R5のみCFexpressに対応。2020年現在で新しく、高価なメディアとなりますが、高画素で情報量の多い画像データでもEOS R6と同等のバッファを得ることが可能となっています。(RAW+JPEG時 CFexpress利用)

R5のみDPRAW出力に対応していますが、飛び道具的な印象は拭いきれません。R6は非対応ですが、そこまで気になる人はいないはず。

露出

EOS R5 EOS R6
測光方式 撮像素子の出力信号 撮像素子の出力信号
測光方式 384分割 384分割
測光範囲 EV-3~20 EV-3~20
露出モード オート
Fv
P/A/T/M
バルブ
C1~3
オート
Fv
P/A/T/M
バルブ
C1~3
常用ISO感度 100~51200 100~102400
拡張ISO感度 50/102400 50/204800
露出補正 ±3 ±3
フリッカー低減 対応 対応
DR補正 顔補正
ALO
顔補正
ALO
管理人
特にこれと言った違いはナシ。常用ISO感度に1段の違いがあり、EOS R6は優れた高感度ISO性能を期待できそうです。

オートフォーカス

EOS R5 EOS R6
AF方式 DPCMOS AF II
EOS iTR AF X
DPCMOS AF II
EOS iTR AF X
測距点 1053点
5940ポジション
1053点
6072ポジション
カバーエリア 最大100×100% 最大100×100%
対応F値 F22 F22
測距輝度範囲 EV-6~20
(F1.2レンズ)
EV-6.5~20
(F1.2レンズ)
フォーカスモード ワンショット
サーボ
AIフォーカス
ワンショット
サーボ
AIフォーカス
測距エリアモード 顔+追尾優先AF
スポット1点
1点
領域拡大
(上下左右)
領域拡大
(周囲)
ゾーン
ラージゾーン
(縦/横)
顔+追尾優先AF
スポット1点
1点
領域拡大
(上下左右)
領域拡大
(周囲)
ゾーン
ラージゾーン
(縦/横)
顔検出 対応
(頭部)
対応
(頭部)
瞳検出 対応 対応
追従特性カスタマイズ
被写体追従特性
速度変化追従性
Case1~4
Case Auto
被写体追従特性
速度変化追従性
Case1~4
Case Auto
被写体検出機能 猫・鳥・犬
身体・顔・瞳
猫・鳥・犬
身体・顔・瞳
MFアシスト フォーカスガイド
ピーキング
フォーカスガイド
ピーキング
管理人
EOS R6はR5と比べて半段ほど低照度AFが優れているようです。実際にこの差を感じることは少ないと思いますが、やはり低照度での撮影はR6が使いやすそうですね。

その他機能はEOS R5とR6で差別化されていません。オートフォーカス性能にコストパフォーマンスを求めるのであればR6がおススメ。

ドライブ

EOS R5 EOS R6
シャッター速度 1/8000~30秒 1/8000~30秒
電子先幕シャッター 1/8000~30秒 1/8000~30秒
電子シャッター速度 1/8000~0.5秒 1/8000~0.5秒
フラッシュ同調 ~1/200秒(メカ)
~1/250秒(電子先幕)
~1/200秒(メカ)
~1/250秒(電子先幕)
高速連続撮影 AF/AE固定 ~12コマ秒(メカ)
~20コマ秒(電子)
~12コマ秒(メカ)
~20コマ秒(電子)
高速連続撮影 AF/AE追従 ~12コマ秒(メカ)
~20コマ秒(電子)
~12コマ秒(メカ)
~20コマ秒(電子)
連続撮影枚数 約 64枚
(SD UHS-I)
約79枚
(SD UHS-II)
約160枚
(CFexpress)
約 91枚
(SD UHS-I)
約160枚
(SD UHS-II)
シャッター耐久 50万回 30万回
低速限界設定 対応
オート 7段階
対応
オート 7段階
プリ連写機能 - -
セルフタイマー 2/10秒
バルブタイマー
2/10秒
バルブタイマー
管理人
AFカテゴリと同じく、差別化されていないポイント。シャッターユニットの耐久回数が異なるものの、同等の連写速度・ドライブ性能を備えています。

ただし、高画素のR5でR6と同等の連写枚数を達成するためには、SDカードより遥かに高価なCFexpressカードが必要となります。R5で豊富なバッファが必要な場合は追加投資を覚悟しておくべき。

ファインダー・モニター

EOS R5 EOS R6
ファインダー方式 OLED OLED
ファインダー解像度(ドット) 約576万ドット 約369万ドット
アイポイント(mm) 23 23
最大ファインダー倍率 0.76 0.76
視度調整範囲 -4~+2m-1 -4~+2m-1
フッ素コーティング TFT式カラー液晶 TFT式カラー液晶
フレームレート 60/119.88fps 60/119.88fps
モニター形式
モニター解像度(ドット) 約210万ドット 約162万ドット
モニターサイズ 3.2型 3.0型
可動方式 バリアングル バリアングル
タッチパネル 対応 対応
サブ液晶モニタ ドットマトリクス表示パネル なし
備考 メニュー拡大可能 メニュー拡大可能
管理人
微妙に差別化されているポイント。
ES R5はファインダー・モニター共にキヤノンカメラとしては最高クオリティのファインダーとモニタを搭載。EOS R6は比較して少し低解像な表示パネルを使用しています。とは言え、R6の価格帯では十分なクオリティと言うことが出来るでしょう・

どちらもファインダーは120fps駆動に対応しており、動く被写体を追従しやすくなっています。光学系はEOS Rと似た仕様です。

動画

EOS R5 EOS R6
映像記録方式 H.264/MPEG-4 AVC
H.265/HEVC
H.264/MPEG-4 AVC
H.265/HEVC
音声記録方式 ACC
LPCM
ACC
LPCM
記録形式 MP4
RAW
MP4
8K ~29.97p
UHD/DCI
RAW/ALL-I/IPB
~2600Mbps
-
4K ~60p
UHD/DCI
ALL-I/IPB
~940Mbps
~60p
UHD
IPB
~230Mbps
FHD ALL-I/IPB
~180Mbps
IPB
~180Mbps
ハイフレームレート 4K 119.88fps
FHDは後日対応
FHD 119.88fps
動画クロップ なし
クロップ対応
1.07倍
クロップ対応
連続撮影時間 20分(8K)
25分(4K 60p)
30分(~4K 30p)
30分
外部出力 4:2:2 10bit
4K 59.94fps
4:2:2 10bit
4K 59.94fps
タイムラプス動画 8K 4K
動画撮影機能 DPCMOS AF II
人物検出
動物検出
温度上昇緩和
タイムコード
ドロップフレーム
音声メモ
ゼブラ
ウインドカット
アッテネーター
トランスコード
縦位置撮影情報
切り出し
DPCMOS AF II
人物検出
動物検出
温度上昇緩和
タイムコード
ドロップフレーム
音声メモ
ゼブラ
ウインドカット
アッテネーター
トランスコード
縦位置撮影情報
切り出し
動画プロファイル Canon Log
(全対応)
Canon Log 3
(後日対応予定)
Canon Log
(全対応)
電子手ぶれ補正 対応
備考 HDR PQ 5.1Kオーバーサンプリング
HDR PQ
管理人
ハード・ソフト的に差別化されているポイント。EOS R5が上位機種的な優位性を備えており、違いは以下の通り。
・8K 30pでの撮影が可能
・8K RAW出力対応(将来的に4K・FHD RAWに対応する可能性あり)
・DCIアスペクト比に対応
・映像圧縮形式「ALL-I」に対応
・4K ハイフレームレート撮影に対応
・将来的にCanon Log3に対応予定

ただし、EOS R5は全画素読出しやハイフレームレート撮影時の発熱量が多く、長時間の動画撮影には適していません。

作画機能

EOS R5 EOS R6
HDR 対応 対応
多重露光 2~9枚
加算
加算平均
比較明合成
比較暗合成
2~9枚
加算
加算平均
比較明合成
比較暗合成
インターバル 撮影間隔
回数
撮影間隔
回数
高解像撮影 - -
ブラケット AE/WB/フォーカス AE/WB/フォーカス
ボディ内RAW現像 対応 対応
レンズ補正 周辺光量
歪曲収差
DLO
(強め対応)
色収差
回折
周辺光量
歪曲収差
DLO
(強め対応)
色収差
回折
仕上がり設定 8種 8種
プロファイル調整機能 明瞭度 明瞭度
ホワイトバランス AWB 2種
太陽光
日陰
くもり
白熱電球
白色蛍光灯
ストロボ
マニュアル
色温度
(2500~10000K)
WB補正
AWB 2種
太陽光
日陰
くもり
白熱電球
白色蛍光灯
ストロボ
マニュアル
色温度
(2500~10000K)
WB補正)
管理人
同じ世代の画像処理エンジン(DIGIC X)を搭載しており、作画機能について大きな違いはありません。

インターフェース

EOS R5 EOS R6
デジタル端子 USB-C 3.1 Gen2 USB-C 3.1 Gen2
シンクロ端子 あり なし
HDMI端子 D D
外部マイク端子 Φ3.5mm Φ3.5mm
ヘッドフォン端子 Φ3.5mm Φ3.5mm
リモコン端子 N3タイプ E3タイプ
ワイヤレスリモコン BR-E1 BR-E1
WiFi 802.11b/g/n/a/ac 802.11b/g/n
Bluetooth Version 5.0 Version 4.2
NFC - -
GPS - -
環境センサー - -
テザー撮影 EOS Utility EOS Utility
フラッシュ - -
電子水準器 2軸 2軸
管理人
似たようなインターフェースを備えていますが、無線通信機能で差別化されています。EOS R5はキヤノン製カメラで珍しい5GHz WiFiを内蔵、さらに、より高速な無線通信やセキュリティーの強化が可能なワイヤレストランスミッター「WFT-R10B」に対応しています。

さらに他社のデジタルカメラでもはまだ珍しい「Bluetooth 5.0」に対応。「4.2」と比べて転送速度や通信範囲が強化されています。将来的にスマートフォン用アプリが強化されると、転送速度の恩恵が出てくる可能性あり。(今のところ5.0を活かせる環境とは言えないかもしれません)

電源・ボディ

EOS R5 EOS R6
バッテリー LP-E6NH LP-E6NH
縦位置グリップ BG-R10
WFT-R10B
BG-R10
USB充電 PD対応 PD対応
USB給電 PD対応 PD対応
撮影可能枚数 約320枚
(60fps時)
約220枚
(120fps地)
約360枚
(60fps時)
約250枚
(120fps)
撮影可能動画 約1時間20分 約1時間20分
ボディ材質 マグネシウム合金 ポリカーボネイト
(外装)
マグネシウム合金
(フレーム)
ボディサイズ 幅 138 138
ボディサイズ 高 97.5 97.5
ボディサイズ 奥 88 88.4
質量(メディア・バッテリー含) 738 680
質量(ボディのみ) 650 598
防塵防滴 対応 対応
動作温度 0℃~+40℃ 0℃~+40℃
管理人
同じ画像処理エンジンを搭載していますが、EOS R6のほうがバッテリーライフが良好です。これがセンサー由来の消費電力差なのか、メディアカードの違いによる差なのか不明。どちらにせよ、あまり大きな違いではありません。

質量はポリカーボネイト製のR6が少し軽量ですが、運用で大きな違いが出るほどの重量差ではありません。

サイト案内情報

比較記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
Z 50 最大2万円 ~2021-1-11 2021-1-29
EOS R/RP  最大1.8万円 ~2021-1-12 2021-1-29

-Canon, EOS R5, EOS R6, カメラ, デジタルカメラ総合, 機材比較
-,

© 2020 とるなら~写真道楽道中記~