「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

とるなら~写真道楽道中記~

Canon EOS 90D EOS 一眼レフ カメラ デジタルカメラ総合 機材比較

キヤノン「EOS 90D」と「EOS 80D」の外観・スペックの違い

このページでは登場が期待されている一眼レフカメラ「EOS 90D」と現行の一眼レフカメラ「EOS 80D」の外観やスペックの違いを見比べています。

更新履歴

  • 2019-08-30:バッテリーライフをCIPA準拠の数値に訂正しました。
  • 2019-08-28:正式発表を受けてスペック比較表を手直ししました。(ライブビューのAFエリア・バッテリーライフを加筆)
  • 2019-08-21:EOS 80Dのクロスセンサー数が間違っていたので修正しました(中央1点→45点)
  • 2019-08-20:そろそろEOS 90Dが登場しそう…と言うことでEOS 80Dとの比較ページを作成しました。フライング掲載されたプロモーションビデオから判明した項目を比較表に追加しています。その他空欄は情報が判明し次第更新予定。現在EOS 90Dの最新情報は別ページにて収集しています。

価格の確認と各モデルの考察

EOS 90D EOS 80D
発売日 2019-09 2016-03-25
希望小売価格 オープン オープン
初値 ¥145,800 ¥125,690

EOS 90D

ポイント

  • ジョイスティック型マルチコントローラーの実装
  • 3250万画素CMOSセンサー
  • EOS iTR AF・高性能なデュアルピクセルCMOS AF
  • 連写性能の大幅強化
  • 動画仕様の大幅強化
  • 通信機能の強化
  • バッテリーライフの大幅強化
  • ボディ外装の仕様がほぼ同じ

外観こそEOS 80DやEOS 70Dを踏襲していますが、中身は完全に別物。ハイブリッド一眼レフの決定版と言っても過言では無いスペックとなっています。ハイエンドモデルと言うにはボディ外装や一部の仕様(カードスロットやバッファ)がイマイチですが、「これぞ2019年の一眼レフカメラ」と言った印象です。

EOS 80Dの流通価格を考慮すると諸手を挙げてEOS 90Dをおススメすることは出来ませんが、価格差なりのパフォーマンス差はある思って間違いないでしょう。EOS 80Dから乗り換えるのも大いにアリ。

EOS 90D ボディー
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
EOS 90D EF-S18-135 IS USM レンズキット
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo

EOS 80D

ポイント

  • 外装の仕様はEOS 90Dとほぼ同じ
  • ファインダー使用時のAF性能は同程度
    (ただしEOS iTR AFの差はある)
  • そこそこ優秀な連写性能
  • まずまず使えるライブビュー撮影

EOS 90Dと見比べてしまうと全体的に見劣りしますが、発売から3年経過した今でも十分使える一眼レフカメラ(管理人も元EOS 80Dユーザーです)。手ごろな価格まで値下がりしており、実勢価格帯を考えるとコストパフォーマンスは高いと思います。EOS 90Dのような高速連写や高解像、ライブビューの使い勝手を求めなければEOS 80Dをチョイス。

EOS 80D ボディ
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
EOS 80D EF-S18-55 IS STM レンズキット
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
EOS 80D EF-S18-135 IS USM レンズキット
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
EOS 80D ダブルズームキット
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo

外観の違い

ポイント

アップグレード

  • マルチコントローラー搭載
  • フロントダイヤル・背面ホイールの形状・材質

据え置き

  • カメラ上部のボタンレイアウト・機能
  • 再生ボタンを除くカメラ背面ボタンレイアウト
  • ボディサイズ

正面

全体的なデザインはEOS 80Dを踏襲している模様。グリップ部に赤外線受光部を確認できるので従来通りのワイヤレスアクセサリーを使うことが出来そうですね。

グリップの形状もほとんど変わらず、バッテリーグリップがEOS 70Dや80Dと同じBG-E14を使用できるようです。一部異なるポイントがあるとすれば、ペンタプリズム部の形状が最新機種に多い平らなデザインとなっていることでしょうか。また、内蔵フラッシュ用ボタンの配置が僅かに異なります。

背面

最も大きな変化がマルチコントローラーの搭載。このクラスでマルチコントローラーを搭載するのはEOS 50D以来ですね。AFエリアの移動が飛躍的な向上を期待できそうです。

マルチコントローラーを配置するために背面ボタンレイアウトがやや変更されています。ほぼ従来通りですが、再生ボタンがホイール上部から下部へ移動しています。

上面

特に大きな変更点はありませんが、モードダイヤルからフラッシュ禁止モードが省略されているように見えます。フロントダイヤルは従来の切り込みの入ったデザインからローレット加工へと変化していますね。指の掛かりが良さそうです。

左側面

アクセサリー端子の配置は同じですが、EOS 80DのNFC表示が無くなっています。NFCが無くなったぶん、マイクとヘッドホン端子が広いスペースを占めるようになりました。

右側面

特に大きな変化は見られません。

スペックの違い

ポイント

アップグレード

  • イメージセンサーの高解像化
  • 画像処理エンジンのアップデート
  • 圧縮RAW(C-RAW)に対応
  • より高性能な測光センサー
  • EOS iTR AFシステム搭載
  • より高性能な像面位相差AFシステム
    (広範囲・瞳AF対応)
  • 連写性能の大幅強化
  • 4K 30p・FHD 120p対応
  • ボディ内デジタルレンズオプティマイザ対応
  • Bluetooth対応
  • バッテリーライフが大幅強化

据え置き

  • 同等のAF位相差センサー
  • 同等の光学ファインダー
  • 同等のバリアングルモニター
  • 同等のピクチャーコントロール
  • Bluetoothを除くインターフェース
  • 同じバッテリー・縦位置グリップ
  • 同等のボディサイズ・重量

注意

  • MOV動画形式非対応

イメージセンサー

APS-Cカメラとしては非常に高解像

現行のフルサイズ一眼レフ「EOS 5D Mark IV(3040万画素)」や「EOS 6D Mark II(2620万画素)」よりも高解像なイメージセンサーを搭載しています。

これ以上のEOSシリーズは「EOS 5Ds/5Ds R」くらいしか無い状態です。他社のAPS-Cセンサーカメラを見渡しても3000万画素以上のカメラはありません(2019年8月現在)。

この高い解像性能に応えるEF-Sレンズがいくつあるのか?と気になるところですが、EF望遠ズームレンズを使ってさらにクロップ・トリミングする際は有効な解像性能と言えるでしょう。

プロセッサー

最新処理エンジン「DIGIC 8」

最新モデルに順次搭載している「DIGIC 8」がEOS 90Dにも使われています。

デジタルカメラのコアと言えるパーツであり、高速処理、高度な画像処理、4K動画対応など様々な改善をもたらしています。

SDXC UHS-II対応カードスロット

EOS 80Dと同じシングルスロットながらUHS-IIの高速書き込みに対応。対応するSDカードも種類が増え、安価な選択肢も多くなっています。

特にファイルサイズの大きい3250万画素で最速11コマ秒の連写が可能なEOS 90Dにとって大切なポイントと言えるでしょう。

露出

EOS 90D EOS 80
測光方式 22万画素RGB+IR測光センサー
216分割TTL開放測光
7560画素RGB+IR測光センサー
63分割TTL開放測光
測光範囲 評価
部分
スポット
中央重点
評価
部分
スポット
中央重点
露出モード オート
クリエイティブオート
SCN
フィルター
P/A/T/M
バルブ
オート
発光禁止
クリエイティブオート
SCN
フィルター
P/A/T/M
バルブ
常用ISO感度 100-25600 100-16000
拡張ISO感度 51200 25600
露出補正 ±5
フリッカー低減 対応
DR補正 ALO
高輝度・諧調優先

高精度な測光センサー

「EOS 7D Mark II」や「EOS 5D Mark IV」に搭載されている15万画素RGB+IR測光センサーよりも高解像な22万画素RGB+IR測光センサーを搭載。7560画素RGBのEOS 80Dと比べるとかなり高密度なセンサーとなっていますね。

光学ファインダーながら色情報を検出して追従性能の向上が期待できます。EOS 80Dでは対応していなかった「EOS iTR AF」システムを実装しているので、ファインダーで顔検出機能を利用することが可能です。

オートフォーカス

従来通りオールクロス45点測距だが…

EOS 80Dと同じ45点オールクロス位相差センサーです。ただし、前述した「EOS iTR AF」システムにより色情報を使った被写体認識機能を備えているのでサーボAF使用時の性能向上が期待できそうですね。

さらにEOS 80Dには無かった「スポット1点」を利用することが出来ます。光学ファインダーで小さな被写体・領域にピントを合わせたい時に役立つことでしょう。

大幅強化のデュアルピクセルCMOS AF

2016年にEOS 80Dが登場してから色々な機種を経てデュアルピクセルCMOS AFは常に進化してきました。そしてついにフルサイズミラーレス「EOS R」シリーズで瞳検出がサーボAFに対応。EOS 90Dにもそのパフォーマンスは継承されており、瞳追従AFに対応した初の一眼レフカメラとなっています。

ドライブ

7D譲りの高速連写

EOS 80D後継モデルながら、連写速度は光学ファインダー時で7D Mark IIと同等、ライブビュー時はさらに11コマ秒まで向上します。

3250万画素と高画素モデルにも関わらず凄い連写性能ですね。「3250万画素×10コマ秒連写」の組み合わせは、フルサイズ一眼レフ「EOS 5D Mark IVよりも高解像で高速連写」と言うことになります。高感度ISO耐性は敵いませんが、ISO感度が上がりづらい明るい屋外で真価を発揮しそうです。

ファインダー・モニター

ファインダー・モニター仕様は同じ

スペックシートを確認する限りEOS 80Dと全く同じ仕様です。EOS 7D Mark IIのような大型ファインダーを期待したかったところですが、ボディサイズが80Dと同等なので妥協すべきポイントなのでしょう。

動画

4K動画・ハイスピード動画に対応

DIGIC 8を使った高速処理の恩恵として4K動画やハイスピード動画に対応しています。4K動画は従来までドットバイドットのクロップ撮影しか出来ませんでしたが、EOS 90Dではフル画角の4K動画を撮影可能となっています。

作画機能

インターフェース・通信機能

Bluetoothに対応

低消費電力でスマートフォンとの常時接続を可能にするBluetoothを搭載しています。これにより電源オフ状態から遠隔操作で画像閲覧や転送が可能となりました。スマートフォンで写真をSNSへ投稿したり友達とシェアする人にとって重要なポイントと言えるでしょう。

2軸電子水準器

EOS 80Dは水平のみ対応していましたが、EOS 90Dは垂直方向の電子水準器も搭載しています。

電源

バッテリーライフが大幅改善

同じバッテリーを使っているにも関わらず、EOS 80Dと比べて持ちが大きく改善しています。DIGIC 8プロセッサーが超低消費電力なのでしょうか?ライブビューでも約500枚撮影可能というのは凄いですね。バッテリーグリップを装着することで継続撮影能力が大きく改善しそうです。

ボディサイズ

サイト案内情報

比較記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 応募締切
トキナーレンズ 最大1万円 -2020/1/15 2020/1/20
サムヤンレンズ 3千円 -2020/1/15 2020/1/20
E-M1X+PROレンズ 最大7万円 -2020/1/13 2020/1/27
α7系+FEレンズ 最大5万円 -2020/1/13 2020/1/29
α6100・α6400 最大1.5万円 -2020/1/13 2020/1/29
EOS Rシステム 最大3.5万円 -2020/1/14 -2020/1/31
Z 50 最大2万円 -2020/1/14 -2020/1/31
LUMIX 最大10万円 -2020/1/13 2020/1/30
α6100 最大5千円 -2020/1/13 2020/1/29
X-A7 最大2万円 -2020/1/13 2020/1/27
EOS M6 Mark II 最大2万円 -2020/1/14 2020/1/31

-Canon, EOS 90D, EOS 一眼レフ, カメラ, デジタルカメラ総合, 機材比較

Copyright© とるなら~写真道楽道中記~ , 2019 All Rights Reserved.