Canon Canon関連の情報 EOS Rシリーズ 噂情報

キヤノン「EOS R7」は2022年3月に登場する可能性がある?

Canon RumorsがCR2と中程度の格付けでキヤノンRFシステムの噂情報を発信。早ければ2022年3月に「EOS R7」が登場する可能性があると言及しています。詳細は不明ですが「7D」の系譜を継ぐミラーレスでしょうか?

Canon Rumors:Is the Canon EOS R7 the next camera to be announced? [CR2]

かなり確かな情報源が、キヤノンEOS Rシリーズの登場についてコメントしている。
先週の記事では、新しいRFマウントカメラ3機種(Cinema EOSは含まない)のうち、次に発表されるカメラは「EOS R7」の可能性が高いとのことだ。

発表は早ければ今年の3月になると言われている。
現在、仕様やその他の詳細は分かっていないが、今後の情報提供に期待している。

なお、製品の発表時期は、現在の製造上の問題により影響を受ける可能性がある。

とのこと。
以前に2022年中にEOS Rシリーズが3機種登場すると発信していたCanon Rumorsですが、そのうちの1台が「EOS R7」になるとのこと。このカメラがAPS-Cなのかフルサイズなのか言及していませんが、「7」と命名されるからにはAPS-C一眼レフの「EOS 7D」を意識したカメラとなる可能性が高そう。だいぶ前からチラホラと噂されていた機種ですね。

7Dシリーズの最新モデルは2014年10月に発売した「EOS 7D Mark II」を最後に登場していません。その後は「EOS M6 Mark II」や「EOS 90D」など10コマ秒以上の高速連続撮影を実現したAPS-Cカメラが登場していますが、7DのようなコンセプトのAPS-Cカメラはありません。

以前の噂で、このカメラは「EOS Kiss MとEOS 7Dを混ぜたよう」と表現しており、7Dのコンセプトで小型軽量化されていると思われます。操作性と堅牢性、価格設定でどのようなバランスを取るのか気になるところ。

価格設定はまだ不明ですが、20万円台後半にフルサイズミラーレスで高速連写に対応した「EOS R6」が存在することを考慮すると、20万円前後でしょうか?7D Mark IIの売り出し価格が20.2万円だったので、20万円を超える可能性はありそう。

噂のまとめ

コードネーム一覧

EOS R1

  • 2022年Q3~Q4に登場
  • グローバルシャッターの可能性は低い
  • EOS R5よりも高解像
  • 他社の競合モデルを置き去りにするカメラ
  • EOS R3よりも高くなる
  • 5400万画素となる?(未知ソース)

EOS R7

  • 2022年に間違いなく登場する
  • 裏面照射型CMOSセンサー
  • 1台以上のカメラに搭載される
  • 2800~3200万画素かもしれない
  • 2021年発表の可能性がある
  • 2021年後半
  • 裏面照射型センサー
  • 静止画と動画の両方で訴求力がある
  • EOS RPより小さくなるわけではない
  • RF-Sレンズの計画はない
  • 新型APS-Cセンサー
  • 新型APS-Hセンサー
  • 2000万画素・3250万画素・4500万画素のプロトタイプが存在する
  • DIGIC Xプロセッサ
  • デュアルピクセルCMOS AF II
  • 4K UHD 60p・Full HD 120p・10Bit内部記録
  • 5軸ボディ内手ぶれ補正

エントリー フルサイズEOS R

  • EOS RPの上位・下位のモデルがある
  • 999ドル以下

ミドル フルサイズEOSR

  • 2022年に登場

EOS Kiss M3

2022年Q4

  • 24.1MP APS-C CMOSセンサー
  • DIGIC X イメージプロセッサー
  • UHD 4K30p SD (標準画質) (ノンクロップ)
  • UHD 4K30p HQ(高品質)(1.6倍クロップ済み)
  • FullHD 120動画撮影
  • デュアルピクセルCMOS AF II(瞳・動物検出AF付き)
  • Wi-FiおよびBluetooth、Webカメラ機能
  • 拡張ISO 51200、10fps撮影。

その他噂

  • 新しいメニューシステムが開発中
  • EOS R8
    ・Vlogger向けAPS-C
  • EOS R9
    ・エントリーAPS-C
  • EOS R5の高解像タイプ
    ・登場する可能性が高い
    ・EOS R5の2倍の解像度
    ・9000万画素
    ・R5より高解像なファインダー
    ・登場時期は不明
  • RFマウントのシネマEOS 
    ・EOS C50
    ・EOS C90

レンズ

  • TS-R 14mm F4L
    ・2021年後半
    ・高画素モデルと共に登場
  • TS-R 24mm F3.5L
    ・2021年後半
    ・高画素モデルと共に登場
  • RF10-24mm F4 L USM
  • RF18-45mm f/4-5.6 IS STM
    ・もともと2021年第一四半期で発表される予定だったが延期
  • RF24mm f/1.8 IS STM Macro
    ・コンパクトな広角マクロは第4四半期に登場予定だった
    ・計画は2022年まで延期された
  • RF35mm F1.2 L USM
    ・2021年Q4
  • RF135mm F1.4 L USM
  • RF300mm F2.8
    ・2022年
  • RF400mm F4 DO IS USM
    ・2022年
  • RF500mm F4 L IS USM
    ・2022年
  • RF800mm F5.6 L IS USM
  • RF1200mm F8 L IS USM

[/st-mybox]

キヤノン関連記事

-Canon, Canon関連の情報, EOS Rシリーズ, 噂情報
-