Nikon Nikon Z Nikon Z 5 Nikon関連の情報 SONY SONY関連の情報 α7 III ILCE-7M3 αE シリーズ カメラ デジタルカメラ総合 機材の噂情報・速報 機材比較

「Z 5」と「α7 III ILCE-7M3」の外観やスペックの違い

このページでは「Z 5」と「ILCE-7M3」の外観やスペックの違いを見比べています。

更新履歴

  • 2020-07-22:ニコン「Z 5」が正式発表されたので、価格帯が似ている競合カメラ「ILCE-7M3」と比較するページを作成しました。

基本情報と価格の確認

Nikon Z 5 ILCE-7M3
発売日 2020年 8月 2018年 3月23日
小売希望価格 オープン オープン
初値 ¥164,340 ¥223,295
  商品ページ 商品ページ
  仕様表 仕様表
  データベース データベース

Z5

Z 5の強み

  • 初値が比較的安い
  • 本格的な防塵防滴仕様
  • 1:1 アスペクト比
  • 2カ所のフロントFnボタン
  • 超音波式センサー除塵ユニット
  • ロスレス圧縮RAW
  • シャッター方式「オート」
  • 大型・高解像ファインダー
  • 豊富なタッチパネル操作
  • 多重露光
  • ボディ内RAW現像
  • 機能が豊富なピクチャーコントロール
  • HDMI C端子
  • 5GHz WiFi

管理人
連写性能や動画機能では見劣りするものの、基本的な操作性や静止画関連の機能性が豊富なカメラ。スポーツや野生動物と言ったカテゴリ以外ではコストパフォーマンスが高いモデルとなるはず。最大のネックは2020年現在のレンズラインアップとなるので、使いたいレンズがあるかどうか要確認。(ただし、アダプター経由でソニーEマウントレンズを使えないこともない)

そして、売り出し価格が圧倒的に安く、今後の値下がり次第で競争力がさらに高まる可能性あり。

Z 5 ボディ
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon ヤマダ PREMOA icon
Z 5 24-50レンズキット
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon ヤマダ PREMOA icon

ILCE-7M3

ILCE-7M3の強み

  • 背面ホイール操作
  • 豊富なボタンカスタマイズ
  • 非圧縮RAW
  • 裏面照射型CMOSセンサー
  • 高密度のAF測距点
  • 幅広いAFエリアに対応した瞳検出AF
  • フラッシュ同調速度
  • 10コマ秒の高速連写
  • 4K 24pで全画素読出し
  • 120fpsのハイフレームレート動画
  • ピクチャープロファイル S-Log2/3
  • USB端子が2カ所
  • NFC搭載
  • コントロール搭載タイプの縦位置グリップ
  • 強力なバッテリーライフ
  • 豊富なEマウントレンズラインアップ

管理人
言わずと知れたソニーの人気モデル。センサー性能・連写速度・機能性・価格のバランスが非常に良く、使いやすいカメラボディとなっています。ただし発売から2年が経過しており、ファインダーや通信機能、タッチパネルの機能性などが陳腐化しているので注意。とは言え、まだまだ魅力的な機種に違いなく、レンズラインアップが豊富なソニーEマウントを選ぶのであればおススメしやすい選択肢。
α7 III ILCE-7M3 ボディ
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo ソニー icon
α7 III ILCE-7M3 レンズキット
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo ソニー icon

外観の違い

正面

管理人
似たようなボディサイズです。Z 5は前面にFnボタンを2つ搭載しているので撮影時の操作性が優れています。

背面

管理人
どちらもAFジョイスティックを搭載していますが、それ以外のボタン配置は大きく異なります。また、カスタマイズに対応するボタン数はα7 IIIが圧倒的に多く、比較してZ 5の自由度はかなり低い。

上面

管理人
どちらもシャッターボタン周辺にカスタマイズ可能なボタンを搭載しています。どちらが操作しやすいかと言うと個人的にはZ 5がおススメ。(似たようなボタン配置のZ 7とα7 IIIを持つユーザーとして)

防塵防滴

管理人
どちらも防塵防滴に配慮した設計です。ただし、α7 IIIは上部・底部プレートとの接合部にシーリングが施されておらず、高精度パーツによる接合のみとなっています。様々な方向からの水飛沫が予想されるシーンではやや心もとない仕様

スペックの違い

イメージセンサー

Nikon Z 5 ILCE-7M3
センサーサイズ フルサイズ フルサイズ
センサー形式 表面照射型 裏面照射型
有効画素数(万画素) 2432 2420
最大記録画素 6016×4016 6000 x 4000
アスペクト比 FX
DX
1:1
16:9
3:2
16:9
APS-C
ローパスフィルター あり あり
手振れ補正(補正段数) 5 5
光学IS連携(補正段数) - -
除塵機能 超音波 帯電防止コート
センサーシフト
管理人
α7 IIIは比較的新しい裏面照射型CMOSセンサーを搭載しています。高感度ISO性能には定評があり、間違いのない選択肢。その一方、超音波式のセンサー除塵ユニットが搭載されておらず、小ゴミが付きやすいのは悩ましいところ。撮影活動にブロアーは必須。

プロセッサー

Nikon Z 5 ILCE-7M3
画像処理エンジン EXPEED 6 BIONZ X
RAW出力形式 14/12bit
ロスレス圧縮
圧縮
14bit
圧縮
非圧縮
TIFF出力 - -
記録メディア SDXC UHS-II SD UHS-II/I
MS PRO DUO
メディアスロット 2 2

露出

Nikon Z 5 ILCE-7M3
測光方式 マルチパターン
中央部重点
スポット
ハイライト重点
マルチ
中央重点
スポット
画面全体平均
ハイライト重点
測光範囲 -3~17 -3~20
露出モード AUTO
P
S
A
M
C3枠
AUTO
P
S
A
M
C2+3枠
常用ISO感度 100~51200 100~51200
拡張ISO感度 50
102400
50
204800
露出補正 ±5 ±5
フリッカー低減 対応 対応
DR補正 5段階 5段階

オートフォーカス

Nikon Z 5 ILCE-7M3
ファインダーAF方式 ハイブリッド ハイブリッド
測距点(位相差) 273 693
測距点(コントラスト) 273 425
F8対応 - F11
カバーエリア 横 90%
縦 90%
約93%
測距輝度範囲 -2~19
(F2 レンズ)
ローライト -3EV
-3~20
(F2.0 レンズ)
フォーカスモード AF-S
AF-C
AF-F
MF
AF-S
AF-A
AF-C
DMF
MF
測距エリアモード ピンポイント
シングル
ダイナミック
ワイド
(S/L)
オート
ワイド
ゾーン
中央
フレキシブル(S/M/L)
拡張フレキシブル
ロックオン
顔検出 対応
(オートのみ)
対応
瞳検出 対応
(オートのみ)
対応
追従特性カスタマイズ 追従感度
被写体検出機能 動物瞳
(犬・猫)
動物瞳
MFアシスト ピーキング ピーキング
管理人
どちらも顔検出・瞳AFに対応していますが、Z 5は「オートエリア」でのみ動作します。一方、ソニーは「ゾーン」や「フレキシブルスポット」などでも動作します。

ドライブ

Nikon Z 5 ILCE-7M3
シャッター速度 1/8000~30秒 1/8000~30秒
電子先幕シャッター 1/2000~30秒
自動切換え機能
1/8000~30秒
電子シャッター速度 1/8000~30秒 1/8000~30秒
フラッシュ同調 ~1/200秒 ~1/250秒
高速連続撮影 AF/AE固定 ~4.5コマ/秒 ~10コマ/秒
高速連続撮影 AF/AE追従 ~4.5コマ/秒 ~10コマ/秒
連続撮影枚数 圧縮RAW:100
ロスレスRAW:100
RAW:89
非圧縮RAW:40
シャッター耐久 不明 不明
低速限界設定 対応
オート調整あり
プリ連写機能 -
セルフタイマー 2~20秒
1~9コマ
0.5~3秒間隔
2/5/10秒
管理人
連写性能は圧倒的にα7 IIIが有利。バッファも十分にあり、快適な連写撮影が可能となっています。Z 5は連写性能こそ見劣りするものの、メカニカルシャッターと電子先幕シャッターの自動切換え機能が備わっているのは地味にGood。(電子先幕シャッターのまま高速シャッターを利用すると露出ムラが発生する場合がある)

ファインダー・モニター

Nikon Z 5 ILCE-7M3
ファインダー方式 0.5型 OLED 0.5型 OLED
ファインダー解像度(ドット) 369 236
アイポイント(mm) 21 18.5
最大ファインダー倍率 0.8 0.78
視度調整範囲 -4~+2m-1 -4~+3m-1
フッ素コーティング 対応 対応
フレームレート 60fps 60fps
モニター形式 TFTカラー TFTカラー
モニター解像度(ドット) 104 92
モニターサイズ 3.2型 3.0型
可動方式 チルト チルト
タッチパネル 対応 対応
サブ液晶モニタ - -
管理人
Z 5のファインダーはこの価格帯のカメラとしてはハイグレードのOLEDパネルと光学系が使われています。なんと言っても初値40万円のZ 7と同等のファインダーなのだから文句ナシ。
α7 IIIは比較すると低解像なOLEDパネルを使用しています。この価格帯としては一般的な仕様ですが、より低価格なZ 5のファインダーと見比べてしまうと厳しい。

動画

Nikon Z 5 ILCE-7M3
映像記録方式 MPEG-4 AVC/H.264 MPEG-4 AVC/H.264
音声記録方式 LPCM
AAC
LPCM
Dolby Digital
記録形式 MOV
MP4
XAVC S
AVCHD
8K - -
4K 30p/25p/24p
UHD
~30p
UHD
XAVC S
~100Mbps
FHD ~60p ~60p
XAVC S
100Mbps
ハイスピード - ~120fps
動画クロップ 4K 1.7x なし(4K 24p)
×1.60(4K 30p)
連続撮影時間 29分59秒 29分59秒
内部記録
外部出力
10Bit出力非対応 4K 4:2:2 8bit
タイムラプス動画 4K -
動画撮影機能 TC ガンマ表示アシスト
TC/UB
ゼブラ
ピーキング
AF駆動速度
動画プロファイル - S-Log2/3
電子手ぶれ補正 対応 -
備考 HLG
FF全画素(24p)
×1.6全画素(30p)
管理人
α7 IIIは全画素読出しの4K 30pさえ諦めれば高機能な動画仕様となっています。4K 60pや10Bit出力が可能な競合モデルと比べると見劣りしますが、まだまだ実用的な性能を備えているように感じます。
比較してZ 5はエントリーモデルらしく、機能が削られているので注意が必要。

作画機能

Nikon Z 5 ILCE-7M3
HDR撮影 対応 対応
多重露光 加算
加算平均
比較明合成
比較暗合成
-
インターバル撮影 対応
(同時動画出力対応)
対応
高解像撮影 - -
ブラケット AE/WB/ADL/Flash AE/WB/DRO
ボディ内RAW現像 対応 -
レンズ補正 周辺光量
倍率色収差
歪曲収差
回折補正
周辺光量
倍率色収差
歪曲収差
回折補正
仕上がり設定 7種+20種 13種
PP1-10
プロファイル調整機能 ・輪郭協調 9段
・明瞭度±5
・ミドルレンジS
・コントラスト±3
・明るさ±2
・彩度±3
・色相±3
・フィルター
・調色
(各0.25段で調整可)
・カスタム6枠
・コントラスト±3
・彩度±3
・鮮鋭度±3
ホワイトバランス ・AWB 3種
・自然光オート
・電球
・蛍光灯 7種
・晴天
・フラッシュ
・曇天
・日陰
・マニュアル 6枠
・色温度
(2500~10000)
・オート 3種
・太陽
・日陰
・曇天
・電球
・蛍光灯 4種
・フラッシュ
・色温度
(2500~9900)
・色フィルター
・カスタム 3枠
・水中オート
デジタルフィルター 8種
管理人
Z 5はボディ内RAW現像をはじめ、JPEG出力時に豊富なプリセット・設定項目を実装しています。JPEGメインの人であればα7 IIIよりZ 5が断然おススメ。

インターフェース

Nikon Z 5 ILCE-7M3
デジタル端子 USB 3.0
・Type-C
USB 3.1
・Micro B
・Type-C
特殊端子 アクセサリーターミナル -
HDMI端子 C D
外部マイク端子 φ3.5mm 3.5mm
ヘッドフォン端子 φ3.5mm 3.5mm
リモコン端子 MC-DC2 USB Micro B
ワイヤレスリモコン WR-1 / WR-R10対応 RMT-DSLR2
WiFi 802.11b/g/n/a/ac 802.11b/g/n
Bluetooth 4.2 4.1
NFC - 対応
GPS - -
環境センサー - -
テザー撮影 Camera Control Pro 2 Imaging Edge
電子水準器 2軸 2軸
管理人
Z 5は5GHz WiFiを備え、Bluetoothを利用した自動転送機能などを搭載しています。スマートフォンと連携してSNSへの投稿が多いのであればZ 5が便利。豊富なJPEG出力の機能性も併せて考えるとおススメしやすいカメラです。
どちらもUSB給電を利用しつつ、レリーズケーブルなどの接続に対応しています。ただし、α7 IIIはUSB端子が隣り合わせとなっているのでケーブル同士の物理的な干渉に注意が必要。

電源・ボディ

Nikon Z 5 ILCE-7M3
バッテリー EN-EL15c NP-FZ100
縦位置グリップ MB-N10 VG-C3EM
USB充電 対応 対応
USB給電 対応 対応
撮影可能枚数 390 610枚EVF
710枚LCD
撮影可能動画
ボディ材質 マグネシウム合金
(前・上)
トップカバー
フロントカバー
内部フレーム
ボディサイズ 幅 134 126.9
ボディサイズ 高 100.5 95.6
ボディサイズ 奥 69.5 73.7
質量(メディア・バッテリー含) 675g 650g
質量(ボディのみ) 390g 565g
防塵防滴 対応 配慮した設計
動作温度 0℃~40℃ 0℃~40℃
管理人
α7 IIIは大容量バッテリーと低消費電力でZ 5より遥かにバッテリーライフが良好となっています。コントロールを搭載した縦位置グリップの存在も大きい。

サイト案内情報

比較記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
Sony E 最大5万円 -2020/7/26 2020/8/11
OM-D 最大2万円 -2020/9/30 2020/10/14
Nikon Z 最大2万円 -2020/9/30 2020/10/16
Fuji 最大6万円 -2020/9/27 2020/10/12

-Nikon, Nikon Z, Nikon Z 5, Nikon関連の情報, SONY, SONY関連の情報, α7 III ILCE-7M3, αE シリーズ, カメラ, デジタルカメラ総合, 機材の噂情報・速報, 機材比較
-,

Copyright© とるなら~写真道楽道中記~ , 2020 All Rights Reserved.