【価格情報】BLACK FRIDAY「Amazon」「SmallRig」「PERGEAR

Canon EOS R3 EOS Rシリーズ Nikon Nikon Z Z最上位モデル カメラ デジタルカメラ総合 機材比較

「Z 9」と「EOS R3」の外観やスペックの違い

このページでは「Z 9」と「EOS R3」の外観やスペックの違いを見比べています。

更新履歴

  • 2021-10-29:ニコン「Z 9」が正式発表されたので「EOS R3」と外観やスペックを見比べるページを作成しました。空欄やいくつか調査中の項目があります。

基本情報と価格の確認

Z 9 EOS R3
発売日 2021年 2021年 11月
小売希望価格 オープン オープン
初値 ¥628,650 ¥673,200
商品ページ 商品ページ 商品ページ
仕様表 仕様表 仕様表
説明書 説明書 説明書
  データベース データベース

Z 9

ポイント

  • 4軸チルトモニタによる素早いモニタ操作
  • ボタンイルミネーションや赤色画面、900秒シャッターなど夜間撮影
  • 4571万画素の高解像積層型CMOSセンサー
  • フッ素コーティングやセンサーシールドなど保護機能が充実
  • 高効率RAWによる高速で大量の連写撮影が可能
  • デュアルCFexpress Bスロット搭載
  • ISO 64に対応
  • 鉄道や飛行機の被写体認識AFに対応
  • 900秒までのバルブタイマーに対応
  • 120コマ秒の超高速連写に対応(1100万画素)
  • 高速連写時でもライブビューを表示可能
  • 0.8倍の大型ファインダー搭載
  • 幅広いJPEG出力・設定に対応
  • フルサイズHDMI対応
  • 比較的安い
Z 9
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon ヤマダ PREMOA icon  

EOS R3

ポイント

  • 手袋でも操作可能な赤外線コントローラー(スマートコントローラ)搭載
  • ハンズフリーの視線入力AFに対応
  • 自撮り対応のバリアングルモニタ搭載
  • 最大8段分の効果的な手ぶれ補正
  • HEIF出力に対応
  • 手ごろな価格のSDカードを利用可能
  • 高周波フリッカーレス撮影に対応
  • メカニカルシャッターを利用可能
  • 1/64000秒の超高速電子シャッターを使用可能
  • 30コマ秒の電子シャッター連写が可能
  • 576万ドットの高解像ファインダーでOVFアシストに対応
  • 415万ドットの高解像モニターを搭載
  • RAW動画出力に対応
  • USB3.2の高速転送に対応
EOS R3
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon ヤマダ PREMOA icon

外観の違い

正面

操作性

  • どちらも縦位置グリップ一体型デザイン。
  • フロントFnボタンはZ 9が3つ、R3が4つ搭載。
  • Z 9はAFモードボタンをカメラ左側面に搭載。

機能性

  • Z 9はケンジントンロックに対応している。
  • Z 9は左上部に10ピンターミナルを搭載、有線・無線リモートレリーズに対応している。
  • R3は左下部にN3ポートを搭載、有線リモートレリーズに対応している。

背面

操作性

  • Z 9の背面モニタは4軸チルト方式を採用している。光軸上でモニタを傾けることが可能だが、自撮りには対応していない。
  • R3の背面モニタはバリアングル方式を採用している。自撮りや裏返してモニタの保護が可能だが、側面への展開が必要。
  • どちらも静止画/動画切替スイッチを搭載。
  • どちらもAFジョイスティックを搭載。
  • R3はAELボタンを搭載。

機能性

  • R3はAF-ONボタンに赤外線コントローラーを内蔵。手袋を装着した状態でもタッチパッドAFのような操作が可能。
  • R3は視線入力AFに対応。ファインダー使用時に被写体を目で追いかけるだけでターゲットを捕捉することが可能。
  • R3は背面ホイールを搭載。
  • Z 9はボタンイルミネーションに対応している。
  • Z 9は赤色画面表示に対応している。

上面

操作性

  • どちらも撮影モードの切替はボタン式。
  • どちらもシャッターボタン周囲に3つのボタンを配置。
  • Z 9はレリーズモードの切替がボタン&物理ダイヤル。
  • Z 9はシャッターボタン同軸の電源スイッチを搭載。R3は背面に電源スイッチを搭載。

機能性

  • どちらも右肩にサブ液晶パネルを搭載。Z 9はカメラの露出設定などを表示でき、R3はセルフタイマーのカウントダウンやモード切替時の表示などにも対応している。
  • R3はデジタル接続対応のホットシューを搭載。外部マイクのワイヤレス接続が可能。

防塵防滴・ボディ

  • どちらも一眼レフ並みの防塵防滴仕様。
  • R3はホットシューがデジタル接続対応のためか、専用カバーが必要。古いアクセサリーを装着時に防塵防滴を維持するには専用アダプターを装着する必要がある。
  • どちらもマグネシウム合金ボディ。カバーを一体化することで高い放熱効率を実現している。

スペックの違い

イメージセンサー

Z 9 EOS R3
センサーサイズ フルサイズ フルサイズ
センサー形式 積層型 DP CMOS
裏面照射×積層型
有効画素数(万画素) 4571 2410
最大記録画素 8256×5504 6000×4000
アスペクト比 FX
DX
1:1
16:9
3:2
×1.6
1:1
4:3
16:9
ローパスフィルター あり
手振れ補正(補正段数) 不明 8
光学IS連携(補正段数) 6 8
その他 フッ素コート
センサーシールド
超音波
VRロック
シャッター閉幕機能
超音波

センサー

  • どちらも積層型の35mmフルサイズセンサーを採用しているが、R3はデュアルピクセル方式のセンサーを採用している。
  • Z 9はR3よりも遥かに高解像な4571万画素の解像性能を実現。

手ぶれ補正

  • どちらもボディとレンズの手ぶれ補正を協調して動作させることが可能。これはライバルのソニーが実現していない機能。(パナソニックは対応している)
  • 公称値はキヤノンのほうが協調手ぶれ補正の効果が高い。

センサー除塵ユニットなど

  • どちらも超音波式の除塵ユニットを搭載。
  • どちらも電源オフ時のシャッター閉幕機能を搭載。ただし、Z 9は壊れやすいメカニカルシャッターではなく、専用のセンサーシールドが展開する仕様。
  • Z 9はセンサー面にフッ素コーティング処理を施しており、メンテナンス性が高まっている。

プロセッサー

Z 9 EOS R3
画像処理エンジン EXPEED 7 DIGIC X
RAW出力形式 14/12bit
ロスレス圧縮
高効率★
高効率
L/M/S対応
14bit
RAW
C-RAW
その他出力 - HEIF
記録メディア XQD
CFexpress
CFexpress B
SD UHS-II
メディアスロット 2 2

画像処理エンジン

  • どちらも最新の画像処理エンジンを搭載。プロセッサの仕様が分からないのでこれだけで比較するのは難しい。少なくとも、どちらも20~30コマ秒の連写速度を処理するだけの性能を備え、被写体認識AFなどに対応している。

RAW形式

  • Z 9は新開発の高効率圧縮RAWを実装。画質は非圧縮と同レベルと言われている。
  • Z 9はRAWのサイズをL/M/Sから選択可能。

その他出力形式

  • R3はHEIF形式の出力に対応している。

記録メディア

  • どちらも高速転送が可能なCFexpress Bカードに対応しているが、Z 9はデュアルスロットで、R3は片方がSD UHS-II(手ごろな価格だが転送速度ははるかに遅い)となっている。

露出

Z 9 EOS R3
測光方式 TTL測光方式 384分割
測光方式 マルチパターン
中央部重点
スポット
ハイライト重点
評価測光
部分測光
スポット
中央重点
測光範囲 -3~17 -3~20
露出モード P
S
A
M
AUTO
FV
P
S
A
M
B
C3枠
常用ISO感度 64~25600 100~102400
拡張ISO感度 32
102400
50
204800
露出補正 ±5 ±3
フリッカー低減 対応 対応
高周波あり
DR補正 5段階 2段階

露出モード

  • R3はキヤノン独自のFvモードに対応している。しかし、満足に操作するためには専用のボタンカスタマイズが必要。

ISO感度

  • Z 9はISO 64に対応している。

フリッカー低減

  • どちらも電子シャッターでアンチフリッカー機能に対応している。
  • R3のみ高周波にも対応したフリッカー撮影に対応。

オートフォーカス

Z 9 EOS R3
AF方式 ハイブリッド DPCMOS AF II
測距点 493 1053点
クロスセンサー - -
F8対応 - F22
カバーエリア 最大100×100%
測距輝度範囲 -6.5~19
(F1.2 レンズ)
-8.5~19
(低照度AF)
-7.5~20EV
(F1.2 ISO 100)
フォーカスモード AF-S
AF-C
AF-F
MF
ワンショット
サーボ
測距エリアモード ピンポイント
シングル
ダイナミック
(S/M/L)
ワイド
(S/L)
オート
3D-トラッキング
スポット1点
1点
領域拡大4点
領域拡大8点
Flexゾーン1~3
視線入力AF
顔検出 対応 対応
(頭部)
瞳検出 対応 対応
追従特性カスタマイズ 横切り反応
被写体の動き
被写体追従特性
速度変化追従性
Case1~4
Case Auto
被写体検出機能 人物
(顔・瞳・頭部・胴体)
犬・猫・鳥
(頭部・瞳・全身)
車・バイク・自転車列車
飛行機
(全体・先頭・コックピット)
EOS iTR AF X
人(瞳・顔・頭部・身体)
動物(犬・猫・鳥)
スポーツカー(バイク・車)
MFアシスト ピーキング
フォーカスエイド
ピント距離表示
フォーカガイド
ピーキング

AF方式

  • Z 9は像面位相差検出とコントラスト検出のハイブリッド方式。
  • R3はデュアルピクセルCMOS AFで測距点の微調整が可能。
  • Z 9は毎秒120回、R3は毎秒60回のAF演算処理に対応している。

測距輝度範囲

  • どちらもF1.2レンズと組み合わせることで驚異的な低照度AFを実現している。公称値ではZ 9のほうが1EV有利だが、どれほどの合焦速度を維持しているのか不明。

測距エリア

  • R3は全てのエリアモードでトラッキングに対応。
  • Z 9で被写体検出に対応しているのはワイドエリア・オート・3D-トラッキングのみ。

被写体検出

  • どちらも人物や動物、モータースポーツの検出に対応している。
  • Z 9は鉄道や飛行機の検出にも対応している。

ドライブ

Z 9 EOS R3
シャッター速度 - 1/8000~30秒
電子先幕シャッター - 1/8000~30秒
電子シャッター速度 1/32000~900秒 1/64000~30秒
フラッシュ同調 ~1/250秒 ~1/200秒(メカ)
~1/250秒(電子先幕)
~1/180秒(電子)
高速連続撮影 AF/AE固定 ~20コマ/秒
30コマ秒
120コマ秒
約12.0コマ/秒(メカ)
約30.0コマ/秒(電子)
高速連続撮影 AF/AE追従 ~20コマ/秒
30コマ秒
120コマ秒
約12.0コマ/秒(メカ)
約30.0コマ/秒(電子)
連続撮影枚数 ロスレスRAW:79
高効率★RAW:685コマ
高効率RAW:1000コマ以上
【電子】
RAW:150枚以上(CFex)
RAW:150枚(SD UHS-II)
【メカニカル】
RAW:1000枚以上(CFex)
RAW:290枚(SD UHS-II)
シャッター耐久 - 50万回
低速限界設定 対応 対応
オート 7段階
プリ連写機能 - -
セルフタイマー 2~20秒
1~9コマ
0.5~3秒間隔
2/10秒

メカニカルシャッター

  • Z 9はメカニカルシャッターが無い。

電子シャッター

  • Z 9は1/32000秒までの高速シャッターに対応しており、F0.95やF1.2など大口径レンズを使いやすい。
  • R3は1/64000秒までのさらに高速なシャッターに対応している。

フラッシュ同調速度

  • Z 9は電子シャッターで1/250秒まで対応。遅くとも4msのスキャンレートを実現。
  • R3は電子シャッターで1/180秒まで対応。スキャンレートは5.5ms程度と思われる。
  • R3はメカニカルシャッターを使用することで1/250秒まで利用可能。

連写速度

  • R3はRAW出力で毎秒30コマの高速連写に対応している。
  • Z 9はRAW出力で毎秒20コマ秒の高速連写に対応している。
  • Z 9はJPEG出力で30/120コマ秒の超高速連写に対応している。
    (30コマ秒 4500万画素・120コマ秒 1100万画素)

連続撮影枚数

  • Z 9は高効率RAWを使用した場合に20コマ秒でも1000枚以上の連続撮影が可能。高効率★でも600枚以上の撮影が可能。

ファインダー・モニター

Z 9 EOS R3
ファインダー方式 0.5型 OLED 0.5型 OLED
ファインダー解像度(ドット) 369 576
アイポイント(mm) 21 23
最大ファインダー倍率 0.8 0.76
視度調整範囲 -4~+3m-1 -4~+2m-1
フレームレート 60/120fps
モニター形式 TFTカラー TFTカラー
モニター解像度(ドット) 210 415
モニターサイズ 3.2型 3.2型
可動方式 4軸チルト バリアングル
タッチパネル 対応 対応
サブ液晶モニタ あり ドットマトリクス表示パネル
赤色画面表示 OVFビューアシスト

ファインダー

  • どちらも0.5型 OLEDパネルを使用。
  • R3はZ 9よりも高解像な576万ドットのパネルを使用しているが、ファインダー倍率はZ 9のほうが大きい。
  • R3は光学ファインダーのような見栄えを実現するOVFビューアシストを搭載。
  • Z 9は連写時でもライブビューを表示可能なブラックアウトフリー。ただし、流し撮りのようなスローシャッター時はブラックアウトする模様。
    (EOS R3もブラックアウトフリーだが、レックビューなのライブビューなのか不明)

モニター

  • R3は415万ドットの超高解像モニターを搭載したバリアングルモニタ。
  • Z 9はZ 7IIやEOS R5と同等の210万ドットの解像度を持つモニタを搭載。
  • Z 9は夜間撮影で目に優しい赤色画面表示機能を搭載している。

動画

Z 9 EOS R3
映像記録方式 H.264
H.265
ProRes 422 HQ
音声記録方式 LPCM
AAC
LPCM
AAC
記録形式 MOV
MP4
MP4
RAW
8K ~30p
UHD
約400Mbps
6K RAW
~60p
~2600Mbps
4K ~120p
UHD
約400Mbps
8Kサンプリング
~30p
6Kサンプリング
DCI/UHD
ALL-I/IPB
~60p
~940Mbps
FHD ~120p
約190Mbps
ALL-I/IPB
~60p
~180Mbps
ハイスピード ~120fps ~120fps
4K ALL-I
動画クロップ なし
×2.3クロップも可能
6K/4K DCI
フル
4K UHD ×1.06
連続撮影時間 125分 最長6時間
内部記録
外部出力
4K 60p
4:2:2 10bit
HDR PQ対応
タイムラプス動画 -
動画撮影機能 TC
ゼブラ
ピーキング
アッテネーター
ゼブラ
AF速度
追従感度
瞳AF
動画プロファイル N-LOG
HLG
Canon Log 3
電子手ぶれ補正 対応 対応
備考 - HDR PQ

現在調査中

作画機能

Z 9 EOS R3
HDR撮影 対応 対応
多重露光 加算
加算平均
比較明合成
比較暗合成
2~9枚
加算
加算平均
比較明合成
比較暗合成
C-RAW対応
機能・操作優先
連続撮影優先
インターバル撮影 対応 撮影間隔
回数
高解像撮影 -
ブラケット AE/WB/ADL/Flash AE/WB/フォーカス
その他機能 ESマルチショットNR
ボディ内RAW現像 対応 対応
HEIF→JPEG可能
レンズ補正 周辺光量
倍率色収差
歪曲収差
回折補正
周辺光量
歪曲収差
DLO
(強め対応)
色収差
回折
カラープリセット 7種+20種 8種
仕上がり設定 ・輪郭協調 9段
・明瞭度±5
・ミドルレンジS
・コントラスト±3
・明るさ±2
・彩度±3
・色相±3
・フィルター
・調色
(各0.25段で調整可)
・シャープネス 7段
・細かさ 5段
・しきい値 5段
・コントラスト 8段
・色の濃さ 8段
・色あい 8段
・明瞭度
ホワイトバランス ・AWB 3種
・自然光オート
・電球
・蛍光灯 7種
・晴天
・フラッシュ
・曇天
・日陰
・マニュアル 6枠
・色温度
(2500~10000)
AWB 2種
太陽光
日陰
くもり
白熱電球
白色蛍光灯
ストロボ
マニュアル
色温度
(2500~10000K)
WB補正
AWB高精度化
デジタルフィルター -

現在調査中

インターフェース

Z 9 EOS R3
デジタル端子 USB 3.0
・Type-C
USB 3.2
特殊端子 1000BASE-T LAN
RJ-45
10ピンターミナル
1000BASE-T LAN
RJ-45
シンクロ端子 あり あり
HDMI端子 A D
外部マイク端子 3.5mm 3.5mm
ヘッドフォン端子 3.5mm 3.5mm
リモコン端子 10ピン N3
ワイヤレスリモコン WR-1 / WR-R10対応 BR-E1
WiFi 802.11b/g/n/a/ac 802.11b/g/n/a/ac
Bluetooth 5 5
NFC - -
GPS 対応 あり
環境センサー -
テザー撮影 Camera Control Pro 2 EOS Utility
フラッシュ - -
電子水準器 2軸 2軸

USB

  • Z 9は従来通りUSB 3.0、R3はUSB 3.2で高速転送に対応している。

HDMI

  • Z 9はD端子よりも壊れにくいA端子に対応したポートを搭載。

マイク・ヘッドホン

  • どちらも3.5mmに対応している。

リモートコントロール

  • Z 9は10ピンターミナルのリモートに対応。Bluetoothリモコン対応かどうかは不明。
  • R3はBluetoothリモコンやN3リモートケーブルに対応。

無線通信

電源・ボディ

Z 9 EOS R3
バッテリー EN-EL18d LP-E19
縦位置グリップ 一体型 一体型
USB充電 PD対応 PD対応
USB給電 PD対応 PD対応
撮影可能枚数 700枚EVF
740枚LCD
620枚(EVF)
860枚(LCD)
ボディ材質 マグネシウム合金 マグネシウム合金
ボディサイズ 幅 149 150
ボディサイズ 高 149 142.6
ボディサイズ 奥 90.5 87.2
質量(メディア・バッテリー含) 1340 1015
質量(ボディのみ) 1160 822
防塵防滴 対応 対応
動作温度 -10℃~40℃ 0℃~40℃

バッテリー

  • どちらも大型バッテリーを搭載。
  • バッテリーライフは微妙な差があるものの、驚く程の差は無い。
  • どちらもUSB PD製品による充電・給電が可能。

比較記事

-Canon, EOS R3, EOS Rシリーズ, Nikon, Nikon Z, Z最上位モデル, カメラ, デジタルカメラ総合, 機材比較
-,