Canon Canon関連の情報 EOS Rシリーズ カメラ デジタルカメラ総合 機材の噂情報・速報

キヤノンEOS R5 Mark IIの正式発表はさらに遅れる可能性がある?

Canon rumorsがキヤノン関連の噂情報を発信。2024年初めごろから登場が期待されていたEOS R5 Mark IIですが、さらに延期されて7月発表・8月下旬発売と情報を得たようです。

Canon Rumors:Expect more delays from Canon for both cameras and lenses

今回の製品発表サイクルは、全体的にフラストレーション、複雑なメッセージ、混乱に満ちている。これは、昨日の真実が明日の真実ではないという不幸な状況につながる。

EOS R1の開発発表は、皆さんご存知の通り2024年5月15日に行われた。
EOS R5 Mark IIの発表もその日に行われ、カメラの発売は7月からと言われていた。

現在、EOS R5 Mark IIは7月の発表に延期され、8月下旬に発売されることになっている。キヤノンUSAのトレーニングセッション(主要製品の出荷が始まる前に行われる)も8月に延期されたと聞いている。

これらの遅延は、カメラが発売されたときに十分な在庫を確保するためであることを望むしかない。キヤノンがX100VIで富士フイルムが行ったように小売ネットワークに負担をかけることはできないだろう。

我々はまた、新しいレンズも同様に延期されたと聞いているが、レンズの発表時期は見当がつかない。レンズは常に動くターゲットであり、ここ数年はなおさらだ。これにはキヤノンRF35mm F1.4 LとRF70-200mm F2.8 L IS USM Zの両方が含まれる。

間もなくシネマEOSの発表があるが、現時点でこの発表を撤回することはないだろう。これまで述べてきたように、CinemaEOSのリークは我々にとってかなり珍しいものだ。

我々は、キヤノンが今月中旬までにEOS R1に関する追加情報を発表し始めると予想している。

もう1つ "エキサイティングな "EOS Rが発表されると聞いているが、これも遅れている。このカメラには「EOS R3センサーのバージョン」が搭載されることがわかっている。

ここ数年は情報が錯綜することの多いキヤノン関連情報ですが、特にEOS R5 Mark IIは情報が二転三転しているようです。残念ながら、6月に発表されることはなく、早くても7月の発表となる模様。EOS R1も開発発表後に追加情報がなく、水面下では色々と計画が難航しているのかもしれません。

そもそも噂が間違っているのではないか?と考える人も多そうですが…。Canon Rumorsは明日の発表でEOS C400やRF35mm VCMが発表されると情報を掴んでいるようです。この情報が的中しているのであれば、EOS R5 Mark IIの発表が伸びに伸びているという情報も、あながち間違ってはいないのかもしれません。

噂のまとめ

認証機関への登録

  • DS126922
    5.1/2.4GHz ワイヤレス
    Bluetooth
    2024-02-04
  • DS126928
    5.1/2.4GHz ワイヤレス
    Bluetooth
    2024-03-29
  • DS126904
    5.1/2.4GHz ワイヤレス
    2024-04-26
  • ID0179
    5.1/2.4GHz ワイヤレス
    2024-02-04
  • ID0174
    5.1/2.4GHz ワイヤレス
    2024-04-19

カメラ

*新旧の情報が入り乱れています。

EOS R1

  • 開発発表
  • 高耐久性・高信頼性を兼ね備えたプロ向けミラーレスカメラ
  • 従来の映像エンジン DIGIC X
  • 新開発の映像エンジン DIGIC Accelerator
  • 新開発のCMOSセンサー
  • 新映像エンジンシステムとディープラーニング技術を高次元で融合
  • 高速・高精度な被写体認識を実現
  • AFの「アクション優先」機能
  • フィールドテスト中

Adoramaで一時掲載されていた情報

  • デュアルゲイン設計の3000万画素 積層型CMOSセンサー
  • フラッシュ同調速度1/1250秒(読み取り速度0.8msを意味する)
  • 60コマ/秒(1:3圧縮)または40コマ/秒(1:2圧縮)を実現する圧縮RAWオプション
  • フル機能で最大120コマ/秒の連写が可能
  • 最大1秒間のプリ連写を含む最大240fpsのバースト撮影
  • EOS R3やEOS R5を上回るダイナミックレンジ

EOS R5 Mark II

  • 4500万画素 BSI積層型センサー
    ・EOS R3よりもローリングシャッターが約30%改善
    ・EOS R5よりも大幅な改善が期待できる
  • EOS R6 Mark IIより優れたプリ連写機能
  • メカニカルシャッターと電子シャッターに対応
    ・メカニカル12コマ/秒
    ・電子シャッター30コマ/秒
  • EOS R6 Mark IIのエルゴノミクスに基づいたデザイン
  • スマートコントローラーはない
  • 視線入力AFが搭載される
  • 放熱技術の進歩により、動画撮影やハイフレームレート撮影のパフォーマンスが向上している。
  • 直角

RFマウントのシネマEOS?

・EOS C50
・EOS C90

EOS R5 C Mark II

  • 2025年

レンズ

  • ニッチな市場向けのレンズ開発発表(CR
  • スピードライトのラインアップを刷新 2024(CR
  • EOSR3 Mark II:2025年(CR
  • RF-S 大口径単焦点
  • TS-R 14mm F4L /TS-R 24mm F3.5L
    ・現時点で登場時期は不明
  • RF24mm F1.4 L VCM
    ・2024Q4
    ・ハイブリッドシリーズ
  • RF28mm F1.4 USM
  • RF28mm F1.8 USM
  • RF35mm F1.4 L VCM
    ・2024年前半(CR3
    ・ハイブリッドシリーズ
  • RF50mm F1.4 L VCM
    ・2024Q4
    ・ハイブリッドシリーズ
  • RF200-500mm f/4L IS USM
    ・RF100-300mm F2.8の供給が安定したら登場すると予想
  • RF70-200mm F2.8L IS USM Z
    ・インナーズーム
    ・何度が言及されているレンズ
    ・EOS R1の登場と同時期は理にかなっている
    ・現行モデルと併売される

Sony Alpha Rumors

  • (1.18 時点で)EOS R1の噂情報は信用しないほうが良い(SAR

過去の情報は「2023年 カメラ・レンズの新製品情報 速報・早見表」を参照してください。

キヤノン関連記事

-Canon, Canon関連の情報, EOS Rシリーズ, カメラ, デジタルカメラ総合, 機材の噂情報・速報
-,