「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

とるなら~写真道楽道中記~

Canon Canon関連の情報 EOS R EOS Rシリーズ カメラ デジタルカメラ総合 噂情報 機材の噂情報・速報

EOS Rのサーボ瞳AF対応ファームが4月18日に公開される?【噂】

投稿日:

Canon Rumorsがキヤノンカナダで公開されたファームウェアアップデート情報をピックアップしています。

スポンサーリンク

「v1.2.0」は4月18日公開予定?

先月、キヤノンアジアがEOS Rのファームウェアアップデート v1.2.0を4月中に公開すると発表した。

そして、キヤノンカナダではファームウェアが2019年4月18日にリリースされると記述している。以下はファームウェアアップデートの内容だ。

EOS Rファームウェア バージョン1.2.0

  • EOS R(バージョン1.2.0)用新ファームウェアは2019年4月中旬に公開予定
  • 瞳検出AF
    ・サーボAFに対応
    ・動画サーボAFの設定に関わらず、動画撮影時に使用できるようになる
  • スモールAF
    ・静止画撮影時のサーボAFに対応
    ・動画サーボAFの設定に関わらず、動画撮影時に使用できるようになる
  • 修正
    ・特定条件下で電子ファインダーに表示される水準器が正しく表示されていなかった。
    ・特定条件下で電子ビューファインダーに表示される情報が正しく回転していなかった。
    ・特定条件下でワイヤレストランスミッターWFT-E7のファームウェアを更新することが出来なかった。

確かにキヤノンカナダのウェブサイトを確認すると18日と明記されていますね。内容は以前に発表があったものと変わりないようです。

EOS RPで実装されたサーボ瞳がいよいよEOS Rにも実装されますね。EOS RPでサーボ瞳を使う限りではまずまず使えるレベルとなっているように感じます。手持ちのEOS Rもゴールデンウィーク前までにアップデートしてきたいところ。

スポンサーリンク

サイト案内情報

キヤノン関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

-Canon, Canon関連の情報, EOS R, EOS Rシリーズ, カメラ, デジタルカメラ総合, 噂情報, 機材の噂情報・速報