「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

とるなら~写真道楽道中記~

Canonレンズ Canon中・望遠レンズ Canon広角レンズ Canon標準レンズ Canon関連の情報 カメラ レンズ 機材の噂情報・速報

キヤノンのAPD光学系を有する50mm F1.4・135mm F2・28mm F2.8の特許出願【更新】

2019年4月11日付けでキヤノンの気になる特許出願が公開されています。

スポンサーリンク

様々なAPD光学系レンズを検討している?

  • 【公開番号】特開2019-56780(P2019-56780A)
  • 【公開日】平成31年4月11日(2019.4.11)
  • 【発明の名称】光学系及び撮像装置
  • 【出願日】平成29年9月21日(2017.9.21)
  • 【出願人】
    【識別番号】000001007
    【氏名又は名称】キヤノン株式会社
実施例1 実施例3 実施例4
焦点距離 52.43 133.12 28.50
F値 1.49 2.06 2.85
画角 22.42 9.23 37.20
像高 21.64 21.64 21.64
全長 88.51 154.90 99.00
BF 39.71 54.23 38.00

アポダイゼーション光学系を簡単に言うと、周辺部にNDフィルターのような減光効果のある光学系を仕込んでボケ質を改善する技術。既にフジフイルム「XF56mmF1.2 R APD」やソニー「FE 100mm F2.8 STF GM OSS」、LAOWA「Laowa 105mm F2 STF」などが存在します。キヤノンも似たような技術を採用した「RF85mm F1.2L USM DS」を開発発表していますね。

既に「特開2019-45631(P2019-45631A)」で35mm F1.4や85mm F1.2と言ったレンズが話題となっていましたが、今回は50mm F1.4やアポダイゼーション搭載レンズとしてはスタンダードな135mm F2と言った実施例もあるようです。

RFマウントにしてはバックフォーカスが長いので一眼レフ用でしょうか?これが商品化に繋がるとは限りませんが、開発発表のあった85mm F1.2L DSと同じく登場すると期待したいところですね。

追記:よく見るとレンズ構成は既存モデル

特許出願のレンズ構成を見ると、これら既存モデルと全く同じ構成となっているように見えます。実際に既存モデルのDS化となったら面白そうですねえ。

スポンサーリンク

サイト案内情報

キヤノン関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャンペーン 特典 対象期間 応募締切
Nikon全般 最大4万円 -2019/10/7 -2019/10/31
EOS R/RP/RF 最大3.5万円 -2019/9/30 -2019/10/15
GFX50R&GF 最大15万円 -2019/9/1 -2019/9/17
ツアイス ミラーレス 最大2万円 -2019/8/18 -2019/8/21
E-M1 II+PRO 最大7万円 -2019/9/30 -2019/10/15
フジX・XF 最大3万円 -2019/9/1 -2019/9/17
EOS Kiss M 最大5千円 -20119/9/30 -2019/10/15

-Canonレンズ, Canon中・望遠レンズ, Canon広角レンズ, Canon標準レンズ, Canon関連の情報, カメラ, レンズ, 機材の噂情報・速報

Copyright© とるなら~写真道楽道中記~ , 2019 All Rights Reserved.