「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

とるなら~写真道楽道中記~

Nikon Nikon Z 7 / Z 6 Nikon関連の情報 カメラ デジタルカメラ総合 機材の噂情報・速報

ニコンが追従瞳AFに加えて拡張高速連写時のAF/AE追従連写に対応するファームウェア開発を発表

ニコンが開発中のZ 6・Z 7・D850・D500用ファームウェアアップの詳細を発表しました。

スポンサーリンク

夏にいよいよ高速連写実装される

1. 静止画の「瞳AF」に対応(5月公開予定)
ポートレート撮影に便利な「瞳AF」に対応。止まっている人物撮影に便利なAF-S時だけでなく、AF-C時でも動作するので、ポージングを変える人物を撮影する時にも効果的です。また、複数の目を検出しピントを合わせたい目を選ぶこともできるので、複数人物がいる場合に撮影意図に応じてどの瞳にピントを合わせるかを変えることも可能です。

2. AF・AE性能の向上(5月公開予定)
高速連続撮影(拡張)時にはAFだけでなく、AEも追従します。さらに、低輝度AF性能を向上し、静止画でも動画でも暗いシーンでより早くピント合わせができます。

3. 「RAW動画出力」に対応
カメラから4K UHD、フルHDのRAWデータストリーム出力に対応。出力されたRAWデータストリームは、外部レコーダーで対応しているRAWフォーマットにて記録することができます。12 bitの豊富な階調を活かし、柔軟なカラーグレーディングを実現します。

なお、公開時期は後日ご案内いたします。

4. 「CFexpressメモリーカード」に対応
新規格のメモリーカード「CFexpress」に対応します。12,000回の挿抜試験をクリアする耐久性と高速性で、お客様に更なる安心とワークフローの効率化を提供します。もちろん、お持ちのXQD※メモリーカードも継続してご使用いただけます。さらに、「Z 7」、「Z 6」に加え、今後「ニコンD5」(XQDモデル)、「ニコンD850」、「ニコンD500」にも順次対応していく予定です。

なお、公開時期は後日ご案内いたします。

ニコン公式プレスリリース

昨日はキヤノンがEOS RPと新RFレンズの開発発表、パナソニックが国内でLUMIX Sシリーズ正式発表、フジフイルムがX-T30とXF16mm F2.8正式発表と忙しく、ニコンもZ 15-30mm F4やZ 24-70mm F2.8を正式発表していたので気が付くのが遅れました。

ただ、開発中のファームウェアはかなり大規模なアップデートとなりそうな内容で地味に凄い。以前に宣言していたAF-C瞳AFを始めとして、拡張高速連写でAE/AF追従も可能になるとのこと。これはつまりZ 7なら9コマ秒、Z 6なら12コマ秒の連写が可能になると言うこと。競合カメラのソニーはα9を除くと10コマ秒連写なので差が無くなる模様。後はソニーのリアルタイムトラッキングにどこまで迫れるかですねえ。

スポンサーリンク

サイト案内情報

ニコン関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 応募締切
トキナーレンズ 最大1万円 -2020/1/15 2020/1/20
サムヤンレンズ 3千円 -2020/1/15 2020/1/20
E-M1X+PROレンズ 最大7万円 -2020/1/13 2020/1/27
α7系+FEレンズ 最大5万円 -2020/1/13 2020/1/29
α6100・α6400 最大1.5万円 -2020/1/13 2020/1/29
EOS Rシステム 最大3.5万円 -2020/1/14 -2020/1/31
Z 50 最大2万円 -2020/1/14 -2020/1/31
LUMIX 最大10万円 -2020/1/13 2020/1/30
α6100 最大5千円 -2020/1/13 2020/1/29
X-A7 最大2万円 -2020/1/13 2020/1/27
EOS M6 Mark II 最大2万円 -2020/1/14 2020/1/31

-Nikon, Nikon Z 7 / Z 6, Nikon関連の情報, カメラ, デジタルカメラ総合, 機材の噂情報・速報

Copyright© とるなら~写真道楽道中記~ , 2019 All Rights Reserved.