「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

とるなら~写真道楽道中記~

SONY SONY関連の情報 αE シリーズ カメラ 機材の噂情報・速報 海外機材情報

ソニーは将来的に「GM」に相当するAPS-Cレンズを登場させる?【海外機材情報】

DPReviewがCP+におけるソニーへのインタビュー内容を記事として発信しています。

スポンサーリンク

そろそろAPS-Cの拡充が始まる?

  • (競合他社のフルサイズミラーレス参入は)市場の活性化に繋がるので歓迎すべきことだ。
  • (EOS RPがエントリー向けフルサイズミラーレスであることについて)我々はワンマウント戦略でAPS-Cユーザーがステップアップでフルサイズへ移行できる環境を整えている。
  • 競合メーカーはいずれも強力なライバルであり尊重している。最も重要な競争相手はカメラメーカー以外に存在する。
  • ソニーはテクノロジーによる優位性を確立して顧客を引き付ける。昨年にはスピードとAIが推進力になると述べ、他の企業もこの方針を取り始めてる。
  • イメージング業界は成長しており、スピードは速くなってる。我々は世界にアピールできるような技術に投資したいと思っている。コンピューショナルフォトグラフィもその一つだ。
  • AIに関する色々な技術を常に試みており、どこがAI技術のスタート地点だったかを正確に答えることは出来ない。
  • APS-Cを軽視しているという声もあるが、我々はまず最初にフルサイズミラーレスを拡充し、次にAPS-Cと考えている。我々の答えがα6400だ。
  • 将来的にAPS-CのGMにあたるレンズは登場するだろう。おそらく「GM」とはならないが、ハイクオリティなレンズは間違いなく選択肢として存在する。
  • 静止画の場合、プロはフルサイズを使うだろうが、動画の分野ではAPS-Cを利用するだろうと考えている。
  • α7S IIを動画用として楽しんでいる人が多いのは知っているが、我々は静止画ユーザーのために設計したものだ。そのため、動画ユーザー向けの製品を作るとしたら将来的に手を加える必要がある。(4K 60p、4:2:2 10bitなど)
  • 静止画で10bitに圧縮する方法は研究中だ。(JPEGは8bit)既に出回っているフォーマットも多数存在するが、どのフォーマットが顧客に最適かは検討する必要がある。おそらく推進力のあるスマートフォンを軸としたフォーマットになるだろう。テレビは遅れると思われるが、最終的にすべて10bitとなるはずだ。
  • オリンピックは我々にとって初めてのジャンルだ。現在、少しずつジャーナリストやスポーツフォトグラファーからのフィードバックを受け取っている。そして前向きなサイクルで開発中だ。今は「期待していて欲しい」とだけ言うことが出来る。

とのこと。

少なくとも以前に比べてAPS-Cの話題が増えているような気がします。α6400を皮切りとしてAPS-Cボディ・レンズのラインアップが拡張を期待したいところ。静止画用途だとイマイチ「このレンズを使いたい」と思わせてくれるAPS-Cレンズが無いのですよね。(最近はシグマレンズが充実してきましたが)

スポンサーリンク

サイト案内情報

ソニー関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
FUJI GFX 最大15万円 -2020/1/13 2020/1/27
FUJI X 最大23万円 -2020/1/13 2020/1/27
トキナーレンズ 最大1万円 -2020/1/15 2020/1/20
サムヤンレンズ 3千円 -2020/1/15 2020/1/20
E-M1X+PROレンズ 最大7万円 -2020/1/13 2020/1/27
α7系+FEレンズ 最大5万円 -2020/1/13 2020/1/29
α6100・α6400 最大1.5万円 -2020/1/13 2020/1/29
EOS Rシステム 最大3.5万円 -2020/1/14 -2020/1/31
Z 50 最大2万円 -2020/1/14 -2020/1/31
LUMIX 最大10万円 -2020/1/13 2020/1/30
α6100 最大5千円 -2020/1/13 2020/1/29
X-A7 最大2万円 -2020/1/13 2020/1/27
EOS M6 Mark II 最大2万円 -2020/1/14 2020/1/31

-SONY, SONY関連の情報, αE シリーズ, カメラ, 機材の噂情報・速報, 海外機材情報

Copyright© とるなら~写真道楽道中記~ , 2019 All Rights Reserved.