「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

とるなら~写真道楽道中記~

SONY SONY関連の情報 α6600 ILCE-6600 αE シリーズ カメラ デジタルカメラ総合 機材の噂情報・速報 海外機材情報

ソニーは2020年夏に向けてAPS-C製品に焦点を当てている?【海外機材情報】

IMAGING RESOURCEがCP+ 2019でのソニーにたいするインタビュー記事を掲載しています。

スポンサーリンク

スポーツ向けAPS-C登場の兆しか?

主なポイントは…

  • ソニーは一眼カメラ市場にそれほど悲観的ではない(チャンスとリスクがある)
  • AI技術をベースとしてAFシステムの開発に注力している
  • AI AFを動作させるのに十分なパフォーマンスをα9やα6400は持っている
  • APS-C市場の拡大を狙っている

と言ったところでしょうか。

数年前から噂情報が出てる「α7000(mini α9)」は依然として登場する気配が無く、APS-C用レンズのリリースもありませんが、今後の動向には期待できそうですね。インタビュー中でも述べられているように、来年のオリンピックまでに何らかの動きがあるかもしれませんね。

  • CIPAによると一眼カメラ市場は8%の出荷台数減となっているが、それはソニーαシリーズには当てはまらない。(単純計算で)今後2年間で80%未満となるかもしれないが、(キヤノンが言うような)出荷台数半減とはならないだろう。
  • フルサイズミラーレスは成長株の一つだ。
  • 2018年のスマートフォン出荷台数は10億台と言われている。レンズ交換式カメラはそのわずか1%程度だ。スマホユーザーの1%がカメラい関心を持つだけでビジネスは2倍となるだろう。キヤノンは売上が半減すると述べているが、その逆もあり得るのである。
  • APS-Cへ注力するかどうかは多くのメディアから質問が来ている。もう少し我慢して欲しい。我々は一つのブランドを作るためにフルサイズミラーレスへ集中してきた。そして第2段階はAPS-Cによるカメラ事業の拡張だ。まず最初にα6400をリリースした。
  • (アメリカでは)α7 IIを999ドルまで値下げする市場実験を実施した。その結果、多くのハイアマ層がα7 IIユーザーを購入した。これはハイエンドAPS-Cの層と被るため、フルサイズかAPS-Cのどちらが最善かは検討中である。
  • キヤノンはEOS RPをリリースし、フジフイルムはハイエンドAPS-Cを作ろうとしている。不思議なことにターゲットは重複しており、ソニーはそのどちらの手法も取ることが出来るので悩んでいる。
  • ソニーのAI技術は独自の高速プラットフォームが土台となっている。例えばE-M1Xは汎用プロセッサーを2基搭載してAI技術を導入している。
  • AI被写体認識の対象を選択方式にするのは簡単だが、自動的に切り替えるのは非常に難しい。
  • AI認識の被写体の種類を10種類、20種類…と増やしていくと選択が非常に煩雑となる。このため、我々は瞳検出に限定して動物に対応した。
  • α6400のプロセッサーはα9と同世代であり、AI技術を動作させるのに十分なパフォーマンスだ。そして、コンシューマーほどプロよりも良好なオートフォーカス性能を必要としている。
  • 積層型センサーのコストは非常に高価なので、コンシューマー向けカメラに搭載するのはまだ難しい。
  • (オリンピック関連製品についての話題で)ソニーは400mm F2.8を皮切りとしてスポーツに焦点を当てている。そして我々はAPS-Cの分野にも焦点を当てている。ワンマウント戦略のためユーザーがフルサイズからAPS-Cへ動くのはとても簡単であり、サブカメラとしても利用できる。

α7000(仮)に関する最新情報を発信しているページはコチラ

スポンサーリンク

サイト案内情報

ソニー関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
FUJI GFX 最大15万円 -2020/1/13 2020/1/27
FUJI X 最大23万円 -2020/1/13 2020/1/27
トキナーレンズ 最大1万円 -2020/1/15 2020/1/20
サムヤンレンズ 3千円 -2020/1/15 2020/1/20
E-M1X+PROレンズ 最大7万円 -2020/1/13 2020/1/27
α7系+FEレンズ 最大5万円 -2020/1/13 2020/1/29
α6100・α6400 最大1.5万円 -2020/1/13 2020/1/29
EOS Rシステム 最大3.5万円 -2020/1/14 -2020/1/31
Z 50 最大2万円 -2020/1/14 -2020/1/31
LUMIX 最大10万円 -2020/1/13 2020/1/30
α6100 最大5千円 -2020/1/13 2020/1/29
X-A7 最大2万円 -2020/1/13 2020/1/27
EOS M6 Mark II 最大2万円 -2020/1/14 2020/1/31

-SONY, SONY関連の情報, α6600 ILCE-6600, αE シリーズ, カメラ, デジタルカメラ総合, 機材の噂情報・速報, 海外機材情報

Copyright© とるなら~写真道楽道中記~ , 2019 All Rights Reserved.