「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

とるなら~写真道楽道中記~

Canonレンズ Canon中・望遠レンズ Canon関連の情報 カメラ レンズ 機材の噂情報・速報

前玉に非球面レンズを採用したキヤノン600mm F4 DO・500mm F4 DOの特許出願が公開される

2019年1月17日付けで公開された特許出願で、キヤノンの望遠レンズに関する気になる特許がありました。

EF600mm F4 DO登場なるか?

  • 【公開番号】特開2019-8047(P2019-8047A)
  • 【公開日】平成31年1月17日(2019.1.17)
  • 【発明の名称】光学系及びそれを有する撮像装置
  • 実施例1
    ・焦点距離:584.99mm
    ・F値:4.12
    ・画角:2.12
    ・像高:21.64mm
    ・レンズ全長:474.74mm
    ・バックフォーカス:409.42mm
  • 実施例2
    ・焦点距離:584.99mm
    ・F値:4.12
    ・画角:2.12
    ・像高:21.64mm
    ・レンズ全長:474.74mm
    ・バックフォーカス:110.26mm
  • 実施例3
    ・焦点距離:487.49mm
    ・F値:4.12
    ・画角:2.54
    ・像高:21.64mm
    ・レンズ全長:409.74mm
    ・バックフォーカス:98.42mm

以前にCanon Newsで一足早く取り上げられた特許ですね。国内でも特許出願が公開されたようです。

一見するとDOレンズに目が行ってしまいますが、それよりも前玉に巨大な非球面レンズを採用しているのは珍しいですね。フロント側のレンズ構成が大口径の非球面レンズ一枚と張り合わせの回折レンズのという軽量化に焦点を当てたような設計となっています。

文献には「軽量化をはかりつつ、色収差および諸収差を良好に補正する光学系」であると記述されています。このレンズ構成でどのような描写となるのかきになるところ。しかし、これだけ巨大な非球面レンズとなるとお高そうですねえ…。

小口径化と回折素子を同時に採用したニコン「AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR」とはコンセプトが異なるレンズとなりそうです。

バックフォーカスはとても長いので一眼レフ・ミラーレスどちらにも対応できそう。実際、小型化に焦点を置いているとするならばミラーレス用でしょうか?

サイト案内情報

キヤノン関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャンペーン 特典 対象期間 応募締切
EOS M6 Mark II 最大2万円 -2020/1/14 2020/1/31
フルサイズα 最大4万円 -2019/9/30 2019/10/15
APS-C α 最大1.5万円 -2019/9/30 2019/10/15
ソニーRX 最大1万円 -2019/9/30 2019/10/15
Nikon全般 最大4万円 -2019/10/7 2019/10/31
EOS R/RP/RF 最大3.5万円 -2019/9/30 2019/10/15
GFX50R&GF 最大15万円 -2019/9/30 2019/10/11
E-M1 II+PRO 最大7万円 -2019/9/30 2019/10/15
フジX・XF 最大3万円 -2019/9/30 2019/10/11
EOS Kiss M 最大5千円 -20119/9/30 2019/10/15

-Canonレンズ, Canon中・望遠レンズ, Canon関連の情報, カメラ, レンズ, 機材の噂情報・速報

Copyright© とるなら~写真道楽道中記~ , 2019 All Rights Reserved.