「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

とるなら~写真道楽道中記~

Canon Canonレンズ Canon関連の情報 EOS Mシリーズ EOS R カメラ デジタルカメラ総合 レンズ 機材の噂情報・速報

RF 24-70mm f / 2.8L ISやRF 24-300mm f / 4-5.6L IS USMが登場する?【特許情報】

Northlight Images(Via Canon Rumors)がキヤノンの気になる特許情報をピックアップしています。

スポンサーリンク

高倍率やまともな大口径ズームが登場する?

この特許では2種類のRF24-70mm F2.8L ISとRF24-300mm F4-5.6L IS USMを示している。

これらが早い時期にRFシステムに組み込まれることは明白だ。

とのこと。確かに高価で巨大な「RF 28-70mm F2L USM」では実用性に欠けており、一般的な大口径24-70の登場が期待されていますね。

図を見る限り「IS」の表示があるため手振れ補正搭載モデルとなるようです。

RF24-300mmは特許文献を読む限りでは縮長が160mmほど、伸ばすと255mmとなる大きなレンズである模様。「EF28-300mm F3.5-5.6L IS USM」のRF版と言ったところでしょうか。ソニーの「FE 24-240mm F3.5-6.3 OSS」と比べると少しサイズが大きくなりそう。

ちなみに私もここ最近のキヤノンレンズに関する特許出願を調べてみました。

  • 衝撃による光学系の変形を低減するための特許出願:特開2018-132580(P2018-132580A)
    ・図面上のレンズはレンズ構成から「EF-S35mm F2.8 マクロ IS STM」と思われる。
  • 像高が33mmもある135mm F4の特許出願:特開2018-132674(P2018-132674A)
    ・フルサイズよりもかなり大きいイメージサークルを持つレンズ。「え、なにこれ?」と思ったものの、よくよく考えると「TS-E135mm F4L Macro」のレンズ構成だったりする。シフトレンズのためこれほどのイメージサークルが必要なのですね。

RFレンズと思われる資料は今のところ見当たらず。

キヤノンは特許を大量に出願しているため、カメラ関連の資料を見つけるだけでも一苦労だったりするのです。

スポンサーリンク

サイト案内情報

キヤノン関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
FUJI GFX 最大15万円 -2020/1/13 2020/1/27
FUJI X 最大23万円 -2020/1/13 2020/1/27
トキナーレンズ 最大1万円 -2020/1/15 2020/1/20
サムヤンレンズ 3千円 -2020/1/15 2020/1/20
E-M1X+PROレンズ 最大7万円 -2020/1/13 2020/1/27
α7系+FEレンズ 最大5万円 -2020/1/13 2020/1/29
α6100・α6400 最大1.5万円 -2020/1/13 2020/1/29
EOS Rシステム 最大3.5万円 -2020/1/14 -2020/1/31
Z 50 最大2万円 -2020/1/14 -2020/1/31
LUMIX 最大10万円 -2020/1/13 2020/1/30
α6100 最大5千円 -2020/1/13 2020/1/29
X-A7 最大2万円 -2020/1/13 2020/1/27
EOS M6 Mark II 最大2万円 -2020/1/14 2020/1/31

-Canon, Canonレンズ, Canon関連の情報, EOS Mシリーズ, EOS R, カメラ, デジタルカメラ総合, レンズ, 機材の噂情報・速報

Copyright© とるなら~写真道楽道中記~ , 2019 All Rights Reserved.