SONY関連の情報 カメラ 機材の噂情報・速報

ソニー AI処理機能搭載の世界初イメージセンサー「IMX500/IMX501」を発表

スポンサーリンク

ソニーがAI処理機能を搭載した世界初のイメージセンサー「IMX500」「IMX501」を発表しています。1/2.3型センサーですが単独でエッジAIシステムを実現することが可能な模様。

ソニーは、世界初となるAI処理機能を搭載したインテリジェントビジョンセンサー 2タイプを商品化します。
本製品は、イメージセンサーにAI処理機能を搭載することで高速なエッジAI処理を可能にし、必要なデータだけを抽出することで、クラウドサービス利用時におけるデータ転送遅延時間の低減、プライバシーへの配慮、消費電力や通信コストの削減などを実現します。
本製品を採用することにより、AI機能を実装したカメラの開発が可能となり、今後、小売業界や産業機器業界における多様なアプリケーションの実現や、クラウドと協調した最適なシステムの構築に貢献します。

画素チップには、有効約1230万個の裏面照射型画素を配置し、広い視野角で情報を捉えることができます。ロジックチップには、通常のイメージセンサーの信号処理回路に加え、AIに特化した信号処理を担うソニー独自のDSP(Digital Signal Processor)と、AIモデルを書き込むことができるメモリーを搭載しています。これにより、高性能なプロセッサや外部メモリーを必要とすることなく、エッジAIシステムを実現することが可能です。

  • 世界初のAI処理機能を搭載したイメージセンサー
  • メタデータの出力が可能
  • 高速なAI処理を実現
  • AIモデルの選択が可能
型名 サンプル出荷時期 サンプル価格(税抜き)
1/2.3型(対角7.857mm)有効約1230万画素
インテリジェントビジョンセンサー『IMX500』(ベアチップ製品)
2020年4月 10,000円
1/2.3型(対角7.857mm)有効約1230万画素
インテリジェントビジョンセンサー『IMX501』(パッケージ製品)
2020年6月(予定) 20,000円

世界初1AI処理機能を搭載したインテリジェントビジョンセンサー 2タイプを商品化

スマートフォンやコンパクトデジタルカメラ、監視カメラに使う小型センサーですが、興味深いテクノロジーですね。車載カメラとしても機能的なセンサーと言えそうです。

APS-Cやフルサイズと言った大型センサーモデルを投入するのか不明ですが、これまで以上に強力なオートフォーカスが期待できそうな仕様。状況に合わせて人・動物・乗り物など使用環境や条件に合わせてメモリーを書き換えられると便利そうですねえ。

サイト案内情報

ソニー関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
Z 50 最大2万円 ~2021-1-11 2021-1-29
EOS R/RP  最大1.8万円 ~2021-1-12 2021-1-29

-SONY関連の情報, カメラ, 機材の噂情報・速報

© 2020 とるなら~写真道楽道中記~