OLYMPUSレンズ OLYMPUS標準レンズ カメラ レンズ 海外の評価

オリンパス ED 12-45mm F4 PROは小型軽量ながらPROクオリティの光学性能

2020年5月30日

【ニュース】EOS R5正式発表

スポンサーリンク

Kroupskiがオリンパス製交換レンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-45mm F4.0 PRO」のレビューを公開しています。小型化にあまり意義を感じないとしながらも、光学性能は確かにPROレンズらしいものとなっているようです。

ОБЗОР ОБЪЕКТИВА M.ZUIKO DIGITAL ED 12-45MM 1:4.0 PRO

外観・操作性

  • このレンズをレビューするにあたり「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO」と比べて何が違うのか?長所は?短所は?を念頭に置きテストした。
  • このレンズはM.ZUIKO PROレンズラインアップの中で最小だ。12-40mm F2.8と比べて1.5cm短く、直径が7mm小さいだけだが、個人的には確かに小さいレンズだと感じる。
    全長と直径で比べると大差なく感じるが、体積で考えると約1.5倍ほどの差がある。
  • 個人的な見解として、このレンズは小さいがまだ大きい。まだポケットに入るサイズでは無く、12-40mm F2.8 PROと同じサイズのカメラバッグが必要となるだろう。
  • 「E-M5 Mark IIIに最適だ」という意見を目にするが、別に12-40mm F2.8 PROをE-M5 IIIに装着してもあまり変わらないだろう。確かにコンパクトなレンズだが、実際にはあまり重要な差では無い。
  • 幅20mmのズームリングはとても滑らかに動作するが、グリスを塗布したような滑らかさでは無い。12-40PROより遥かにざらついた印象だ。内筒が伸び切るとレンズは約19mm伸びる。
  • 幅9mmのフォーカスリングは電子制御でとても正確、そして応答性が良好だ。
  • 12-45PROは小型軽量化のためかマニュアルフォーカスクラッチ構造が省略されている。また、L-Fnボタンも存在しない。

使用経験

  • 一般的な標準ズームと比べると光学倍率が少し高い。
  • 24mm始まりのズームレンズとなっているのは嬉しいポイントだ。
  • 40mmと45mmの違いは非常に小さい。この違いはレンズを選ぶポイントとはならないだろう。
  • シャープネスはとても良好だ。中央・四隅どちらも均質的なシャープネスで色収差は見られない。最悪の状況でも色収差補正は良好に機能している。
  • 逆光耐性が高く、フレアやゴーストの発生は見られない。太陽をフレームに入れると周囲が少しハロっぽくなるが、このような条件での撮影としてはとても良好だ。
  • 周辺減光は絞り開放時に発生するが、穏やかで影響は小さい。
  • マクロレンズでは無いが、とてもクローズアップできるレンズだ。
  • オートフォーカスは電光石火とはいかないまでも、非常に高速だ。追従AFもうまく動作する。数百枚撮影してミスショットは無い。安定して信頼感のあるパフォーマンスだ。

ボケなど

  • 大部分の状況で大きなボケを得ることはできないレンズだ。絞り開放と望遠端の組み合わせでさえボケはあまり大きく無い。
  • このレンズのボケ描写は柔らかく心地よいので好みだ。
  • 明るいレンズでは無いが、オリンパスの強力な手ぶれ補正でスローシャッターを活用すれば問題無い。
  • 玉ボケはあまり大きくならないが描写は良好だ。そらく12-40PROよりわずかに良好である。

シャープネス

  • コンパクトなレンズだが、光学性能に妥協は見られない。称賛すべきポイントだ。
  • 12mmにおける絞り開放は124-40PROがよりシャープだが、F8まで絞ると12-45PROがよりシャープとなる。
  • 25mmでは全ての絞り値で優れている。
  • 40mmは絞り開放から優れているが、絞ると12-40PROと同等となる。
  • 実写でも12-40PROと同じ水準の光学性能だ。違いはあるが、目立つものでは無い。
  • 12mmの絞り開放は12-40PROのほうが良好だが、絞るにつれ12-45PROが良くなっていく。25mmも同様だ。

長所:しっかりとした鏡筒・防塵防滴・F4ズーム・滑らかなズームリング・応答性の高いフォーカスリング・全域でシャープ・歪曲収差が最小・色収差がほとんどない・小さいが品質の良いボケ・美しい光条

短所:明るいレンズではない・L-Fnボタンなし・フォーカスクラッチなし

コンパクトながら頑丈で高速オートフォーカスを備えたレンズだ。光学性能は良好で、全域で歪曲や色収差が目立たず、解像性能は高い。12-40mm F2.8 PROと比べて広角四隅のみ劣るが、他の領域では優れている。絞ってもシャープネスがあまり低下しないのも特徴の一つだ。

オリンパスの標準PROズームレンズは3本の選択肢があり、自分に適したレンズを選ぶと良いだろう。個人的な見解として、標準ズームは節約して(12-45PROを選び)単焦点レンズを追加すれば良いと思う。比較的低予算で購入できるが、高水準な光学設計だ。

Kroupski:ОБЗОР ОБЪЕКТИВА M.ZUIKO DIGITAL ED 12-45MM 1:4.0 PRO

とのこと。
PROレンズとしては最も軽量でコンパクトなレンズですね。12-40mm F2.8 PROと比べて意義のあるサイズ差では無いとしながらも光学性能や価格設定のバランスは評価している模様。

私も発売日にこのレンズを購入。既に「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO」「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO」を所有している場合はあまり魅力的と感じないかもしれませんが、なるべくサイズ・コストを抑えて光学性能の高いレンズを検討したい時に選ぶべき1本だと感じました。
絞って使う風景撮影、携帯性を重視した家族旅行や行楽、重量を1gでも減らしたい山登りなどでは良い選択肢と言えるかもしれません。実際に手に取ってサイズ感を確かめるのがおススメです。

M.ZUIKO DIGITAL ED 12-45mm F4.0 PROの最新情報を集めるページはコチラ

関連レンズ

関連記事

サイト案内情報

オリンパスレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
Sony E 最大5万円 -2020/7/26 2020/8/11
OM-D 最大2万円 -2020/9/30 2020/10/14
Nikon Z 最大2万円 -2020/9/30 2020/10/16
Fuji 最大6万円 -2020/9/27 2020/10/12

-OLYMPUSレンズ, OLYMPUS標準レンズ, カメラ, レンズ, 海外の評価
-

Copyright© とるなら~写真道楽道中記~ , 2020 All Rights Reserved.